てんやわんやの犬猫生活

~猫(ジャスミン/ブリショ)と私のワンダーランドにアリス(チワワ)がやってきて右往左往な日々~

知らなかった・和

2016年09月18日 | 日記

見ると、ジャスミン(猫)が風呂場の物見台の上で毛づくろいをしていた。



この頃は朝方限定、布団の上にやって来たジャスミンのお腹のモフ毛を、モフモフさせてもらえる。



うっひょ~、今もモフりたいなぁ♪



オカァサンも、顔をうずめてもいいですか?



だめだ、聞いてやしない。
ジャスミ~ン、あんまり舐めていると、毛玉を吐くことになりますよ。



そうだ、今更ながら気が付いた。そのクールマットを片付けようかね。

そして、私が風呂場に居るジャスミン(猫)とずっと一緒にいたら、振り向けばアリス(犬)がいた。



ペンギンさん持参で、静かに自分の番を待っていたようだ。はいはい、わかりました。
そしてここでも気が付いた。その冷え冷えボードも片付けようかね。

そんな慌ただしい朝の後、両国まで行ってきた。
目指したのは「江戸東京博物館」。

ダンスなどの活動を共にした友人Yちゃんの知り合いの人が、そこの大ホールで催す
芝居の作・演出をするらしい。

偶然にも、私の別の知り合いの人がそれに出演している。

それならば♪と、久しぶりにYちゃんと一緒に観に行くことにした。

お話は安珍・清姫の道成寺伝説をモチーフにしたもの。
「日本のお話~伝統の【和】を繋ぐ~」という副題だ。

伝統とはいえ、元の正確なストーリーを知らない私は、まるで新しいモノを見るようだった。
清姫や桜の精霊たちが、長い着物の裾を翻して「リベルタンゴ」の曲で舞い踊る……新しい!

そして、せっかくの江戸東京博物館。


                            建物の中に「日本橋」
常設展も見よう♪ということになった。
Yちゃんのご主人のYKくん、そしてそのお友達のSくんと一緒に入場する。



面白~い!
私は昔、日本の凧や双六の展示を見に来たことがあったが、内部がこんなになっているのは初めてだ☆



私は、ジオラマが大好き
行商の人や物売りや、あ、物乞いの乞食の人までいる~



楽しい~



ミニチュアの建物ばかりではなく、



芝居小屋や



担ぎの屋台



江戸時代の寿司など、見所いっぱい

そして江戸から東京に風景が変わって、昭和の車や電化製品が並べられている。
団地の一室など、わぁ~我が家のようだぁ~

他にも伊藤晴雨の幽霊画や山岡鉄舟の展覧会も同時に見ることが出来て、ものすごくお得。

但し、ヘトヘト……。



帰りはデパ地下に寄って、「和」のお弁当で締め括る。



和も、いいものです。

2種類のランキングに参加しています。
どちらも応援頂けると励みになります♪!
  ↓        ↓
        
  有難うございます♪



『猫』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気持ちに感謝感激! | トップ | ワクワク一挙公開☆ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なつ)
2016-09-19 09:19:35
江戸東京博物館は、私の仕事関係でもあります^^。

もふもふは、だれか芸能人が、顔をうずめてスーハースーハーするのを、今日は何回猫をお吸い物で召し上がったかと言っていて、面白いなと思いました。
なつさんへ (ECO)
2016-09-19 22:57:53
そういえば☆!
もしかして、伊藤晴雨の幽霊画も手掛けられましたか?!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。