てんやわんやの犬猫生活

~猫(ジャスミン/ブリショ)と私のワンダーランドにアリス(チワワ)がやってきて右往左往な日々~

頭がイイのも困りもの

2017年09月17日 | 日記



アリスが、温かくなったソファカバーの上で、おとなしくひとりで遊んでいた。



その「赤いホネ」も、4年の歳月のうち、



かなり汚くなって、



あまりにもオンボロ。

わかりました☆ オカァサン、奮発しました!



といっても、これ、すごく安価なモノなんですけどね♪



ただ、ゼイタクは禁物な我が家。すぐに新しいモノを取っ替え引っ換え与えない主義なのだ。



はい、どうぞ♪ 新しい「ホネ」ですよ♪



『いい? は~い、ホネ、持って来て~♪』と、新しい「ホネ」をポ~ンと放る。

………? ………え!?



アリス~! アナタ、何で今そこに行ったの!?
「ホネ」はこっちにありますよ………。

……そこ、にもあるけど。



古い方の「ホネ」を洗おうと、洗面台に置いていたのだ。
うぬ!アリスにとっての「ホネ」は、汚くてボロくても「そのホネ」と認識されているのか?!

やぁ、困った困った。

ところで今朝、出掛ける前にバタバタして、ふと足を止めた。
え? 何で私の部屋が閉まっているの?

そう、前に何度もジャスミン(猫)が私の部屋に入って、勝手に扉を閉めたことがある。
閉めてもまた開けられればいいが、開ける術を知らない。

ジャスミンの猫トイレもごはん処も別の部屋だ。扉を閉めたら行かれなくなるじゃないか!
と、ピッチリ閉まらないようにと、敷居に工夫している。




で、ストッパーまで扉が閉まっているということは……誰かが閉めた?
と部屋の中を覗く。




居た☆ 犯人。

ジャスミン(猫)は、今朝のアリス(犬)に対抗しようとしたのだろうか?

    ~今朝のアリス~


で、「ここはアタシのもの!」と主張したいのだろうか? アリス(犬)を閉め出して。



この扉を閉める行動に、うすうす感じていたけれど、ジャスミンのはっきりした意思を感じた。
エライねぇ! 可愛いねぇ♪

でも、感心してばかりいられない。



このところ、頻繁に見られる光景。



ジャスミン(猫)が、押入れの秘密基地を知ってから、



こうして、『開けて♪』と無言で要求されている。



私が『はいはい。』と押入れの扉を開けてやるバカ親っぷりを発揮している毎夜。

ところが……今日。 さっき。

ふと、奥の部屋を見ると、



押入れの扉が、わずかばかり開いていた。
でもね、こんなに狭かったら中には入れないよね。……たぶん。

ガラリと扉を開けてみる。



うん、いない、ね。



ん?……いる…かも! 暗がりに二つの光るものが。
カメラをググっと奥に差し込むと、被写体に光線が当たった。



いた!



もしかして、肉球で扉を開けるワザ、マスターしてしまったのだろうか。



やぁ、困った困った!

2種類のランキングに参加しています。
どちらも応援頂けると励みになります♪!
  ↓        ↓
        
 
有難うございます!



コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加