世捨て人・Mt.DOGのぼぼぼぼぼやき

※ 気ままな旅、日々の出来事の紹介です。拙いブログだけどよろしく!!

【星峠の棚田、奥会津・只見、阿武隈の地へ水無月に足をはこぶの巻2】

2017-06-18 23:19:05 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成29年6月18日(日)(その1)
【行程】→まつだい(新潟県)C→

【詳細】

 C まつだい 夜明けの星峠の棚田を眺める

 星空の写真撮影後、再び車にもどり、しばし休息をとった。そして、午前3時30分ごろから、周囲が少しずつ明るくなりはじめた。
 そして、早朝、空気の冷たさにより、星峠の棚田には霧が発生し、時間の経過とともに雲海と化した。その後、遠方の山々の間から
太陽が昇りはじめ、雲や空が赤く色づいた。見事のひとことである。まさに日本の絶景スポットのサイトでみた写真と同じ光景を自分
の肉眼で見ることができた。夜が明けてから目にした星峠の棚田の光景も絶景であった。(以下、時間と共に変化する棚田の写真。) 


 

 

 

 

 

 

 

 


『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【星峠の棚田、奥会津・只見... | トップ | 【星峠の棚田、奥会津・只見... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL