世捨て人・Mt.DOGのぼぼぼぼぼやき

※ 気ままな旅、日々の出来事の紹介です。拙いブログだけどよろしく!!

【星峠の棚田、奥会津・只見、阿武隈の地へ水無月に足をはこぶの巻5〔最終〕】

2017-06-18 23:26:02 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成29年6月18日(日)(その4)
【行程】→早戸(福島県)E→会津・みしま(福島県)F→阿武隈・滝根(福島県)G→自宅

【詳細】

 F みしま 只見川第一橋梁を眺める

 早戸温泉・鶴の湯でしばしくつろいだ後、再び車を走らせ、道の駅尾瀬街道みしま宿へいった。
 道の駅から徒歩5分ほど歩き、日本の絶景スポットのサイトにもたびたび紹介されていた只見線のビューポイントにて、深緑に包まれる
只見線第一橋梁の写真を撮影した。列車は走っていなかったもののとてもきれいであった。

 

 

 

 


 G 滝根 むらさきの花畑に見とれる

 只見線第一橋梁の写真撮影後、次なる日本の絶景スポットの地へむかった。
 それは、福島県のあぶくま鍾乳洞の展望台であった。そこからみる星空が大変美しいとの情報であった。現地へ到着後、天気予報を確認
すると、この日の夜、雲に覆われ星空を見ることが難しいとあった。そのため、夜までいることをあきらめことにしたのだ。
 そのかわり、敷地内に、さいたばかりのラベンダー畑があり、散策した。ラベンダーのいい香りが漂っていて、心落ち着いた。
 写真撮影をした後、期間限定販売のソフトクリームが販売されていたので、わたしは購入してほおばった。とてもおいしかった。
 ソフトクリームを食したあと、急いで行った今回の遠出を終了させ、また数時間かけてマイカーを走らせ、自宅に舞い戻った(完)。

 

 

 

  

  

 
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【星峠の棚田、奥会津・只見... | トップ | 【ナツノハコダテ・ゴノウセ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL