世捨て人・Mt.DOGのぼぼぼぼぼやき

※ 気ままな旅、日々の出来事の紹介です。拙いブログだけどよろしく!!

【晩秋の成田・鎌倉・東伊豆を巡る旅の巻2】

2017-12-13 22:52:01 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成29年11月25日(その2)
【行程】→成田D→鎌倉E~長谷FG

【詳細】

D 成田 成田山の公園を散策する

 成田山・新勝寺を参拝後、そばにある公園へ向かった。
 公園ではもみじまつりが開催中であった。公園内には、赤く色づいた
カエデや黄色に色づいたイチョウがあり、とてもきれいであった。
 訪問当日、公園内の池にある建物では、二胡(?)による演奏披露が
なされており、その音色もうつくしかった。



 ▲写真 公園内でみたきれいな紅葉

 

 
 ▲写真 上下:公園の池にたつ建物にて演奏披露



E 鎌倉 鶴岡八幡宮に行く

 成田山新勝寺、公園を見た後、再び成田駅に歩いて戻り、総武本線・横須賀線の普通電車に
乗り込み、鎌倉駅へ向かった。
 鎌倉駅には午後3時まえに到着。駅から歩いて鶴岡八幡宮へ向った。途中、小町通りは、身
動きがとれないほどの人が往来しており、やっとの思いでその場所を通過した。
 八幡宮においても多くの人がいて、驚いた。わたしは急いでお参りを済ませ、その場を立
ち去った。

 
 ▲写真 鶴岡八幡宮に参拝する人たち


F 長谷 鎌倉の大仏を見る

 鎌倉駅から江ノ島電鉄に乗って長谷駅に向かうことを考えていたものの、江ノ電は大混雑
状態であろうと思い、急きょ歩いて長谷・鎌倉の大仏へ向かった。

 約30分ほど歩き、国宝の鎌倉大仏さんのところへ到着。
 大仏さんも大勢の人が訪れていて、鶴岡八幡宮と同様に、手を合わせてからすぐにその場
をはなれた。

 
 ▲写真 国宝・鎌倉大仏

 
 
G 長谷 長谷寺にいく

 鎌倉大仏さんを参拝後、長谷観音で有名な長谷寺へ向かった(大仏さんから徒歩10分ほど)。
 夕暮れ時であったものの、長谷寺にも多くの人がいた。
 わたしは長谷観音に手を合わせた後、寺の境内を歩いた。訪問した日は、長谷寺ライトアップ
の初日であり、境内のライトがつくのを待った。約15分ほど待った後、境内のあちこちにある
照明に明かりがともり始めた。まだ、境内の紅葉は見ごろではなかったものの、ライトアップさ
れた光景はとてもうつくしかった。

 

 

 

 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【晩秋の成田・鎌倉・東伊豆を巡る旅の巻1】

2017-12-13 22:12:30 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成29年11月25日(その1)
【行程】地元駅→我孫子A→成田BC→

【詳細】

 11月25・26日の2日間、心身のリフレッシュを目的に、普通電車へ乗って
関東周辺のぶらり旅に出かけた(週末パス使用)。
 早朝、地元駅から常磐線上りの普通電車に乗り込んだ。
 今回、目的地を定めておらず、移動途中にポケット時刻表などを見ながら
訪問先・宿泊先を決めるスタイルをとった。

 上野・東京方面に向かう電車の中で、成田山・新勝寺(千葉県)に久しく足を
運んでいないことに気づき、急きょ我孫子駅にて下車し、成田線の電車に乗り換
えて成田駅にむかうことにした。


A 我孫子 我孫子駅の名物駅そばを食す

 常磐線上り普通電車を我孫子駅にて下車。成田線の電車を待つ間、駅ホームにて
名物駅そばをたべた。
 久しぶりだったので、大きさの間隔を忘れてしまい、「2コ入り」から揚げ
そば
を注文してしまった。
 
 目の前にでてきた、そばのからあげのでかさに驚いた。
 アラフォーの身の腹にはこたえるボリュームであった。そばと1.5個からあげ
だけ食べて食事終了した。


 ▲写真 我孫子駅名物の駅そば「からあげそば」…2個入り

 

B 成田 老舗食事処にてうなぎを食す

 我孫子駅でそばを食べた後、成田線の普通電車に乗り込み、成田駅へ向かった。
 成田駅から15分ほど歩いて成田山・新勝寺へ行った。
 寺周辺は門前町となっていて、土産物屋や食事処が多数並んでいた。

 わたしは、ある有名なうなぎ屋さんに前々から行ってみたいと考えていたため、
開店後まもないそのお店に入り、うなぎを食べることにした。
 我孫子のからあげそばが、まだ腹に残っていたので、今回はかば焼きと卵焼きを
食べた。評判通りの美味しさだった。
 食後、お店を出ようとしたら、相当な数の入店待ちのお客さんが並んでいて、
有名なお店であることをうかがうことができた。

 
 ▲写真 成田山新勝寺の目の前にある開店まもない門前町の様子

 
 ▲写真 食事をした老舗うなぎ屋さん「駿河屋」

 
 ▲写真 駿河屋さんで食した厚焼き玉子

 
 ▲写真 駿河屋さんで食べたうなぎのかば焼き
 

C 成田 成田山・新勝寺に行く
 うなぎ屋さんでの食事後、間の前にある成田山の山門をくぐり、新勝寺へ
 いってお参りした。意外と多くの人が訪れていて、正月三が日には初詣者で
 この境内が埋め尽くされることを想像すると、人混みが苦手な自分には恐ろ
しく感じた。


 ▲写真 成田山新勝寺の山門

 
 ▲写真 成田山新勝寺
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【晩秋の成田・鎌倉・東伊豆を巡る旅の巻0】

2017-12-13 21:06:56 | たび日記(鉄道の旅中心)
【件名】晩秋の成田・鎌倉・東伊豆を巡る旅
【日時】平成29年11月25・26日(1泊2日)
【予算】30,000円
    内訳~交通費:13,000円 食費:8,000円 宿泊費:5,000円 雑費:4,000円
【行程】
〔初 日:11/25(土)〕
     地元駅→我孫子A→成田BCD→鎌倉E~長谷FG→藤沢→熱海→
     来宮H→伊東→伊豆熱川駅I~宿
〔弐日目:11/26(日)〕
     伊豆熱川駅J→伊豆高原=伊豆シャボテン公園前KL=伊東→
     熱海→新橋→駒込M→上野N→地元駅
(注記 →:電車移動 ~:徒歩移動 =:路線バス移動)


【詳細】
A 我孫子 我孫子駅の名物駅そばを食す
B 成田 老舗食事処にてうなぎを食す
C 成田 成田山・新勝寺に行く
D 成田 成田山の公園を散策する
E 鎌倉 鶴岡八幡宮に行く
F 長谷 鎌倉の大仏を見る
G 長谷 長谷寺にいく
H 来宮 熱海梅園公園へいく
I 伊豆熱川 夜の温泉街を歩く
J 伊豆熱川 早朝の温泉街・浜辺を歩く
K 伊豆シャボテン公園前 大室山に登る
L 伊豆シャボテン公園前 伊豆シャボテン公園を巡る
M 駒込 六義園へ再びいく
N 上野 老舗食事処にてビーフシチュを食す

 
 ▲写真 絶景!大室山山頂で見た富士山

 
 ▲写真 滑稽!温泉入りの桶に入るカピバラたちとその姿をじっと見る人間たち(手前)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【水郡線沿線と北茨城の紅葉を見る(2017年)の巻4】

2017-11-19 23:47:15 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成29年11月11~19日(その4)
【詳細】

〔袋田の滝〕(水郡線沿い・袋田駅)

 

 

 

 

 



 
 ▲写真 袋田の滝そばの食事処にて食べたけんちんそば
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【水郡線沿線と北茨城の紅葉を見る(2017年)の巻3】

2017-11-19 23:43:24 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成29年11月11~19日(その3)
【詳細】

〔もみじ寺〕(水郡線沿線・常陸大子駅近く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加