緩和ケア医の日々所感

*** がんの症状緩和と子育てと ***

腹水のコントロール

2006年11月27日 | 医療

緩和ケア病棟に勤務していた頃、
九州からいらっしゃった方がいました。
すい臓がんで腹水が溜まっていたので
飛行機でいらっしゃる前日2ℓ腹水穿刺と点滴を受けたようでした。

数時間かかって病棟に到着された時、ぐったりとされ
「抜く前ともう、同じ張り感です。」
採血では、クレアチニンは3近くにあり、急性腎障害となっていました。

この病態は、次のことが考えられます。

1)腹水は蛋白など栄養に富んでおり
    点滴はポカリスエット程度の栄養分しかないことから
    穿刺をおこなうと薄い体液(低栄養)になってしまう
2)急速な腹水排液により、体液が変動し血管内脱水が起こる
3)2つのことから腎障害のリスクが高くなった
4)がん性腹水の場合、抜けば、腹圧が下がった分、同じだけ再度貯留しえる

このような場合は、
できるだけ穿刺しなくても済むように薬剤を調整して
腹部の張り感を最小限にするようにします。
そして、点滴で水分を入れすぎないようにします。
すると、次第に腹水を体は使い始めるのです。

実際、低血圧にならないように点滴量はゆっくりと減らし(3割ずつ)
体液が定常化するように粘りました。

この間、一度だけ300mlほど穿刺しましたが
その後は抜くことなく症状緩和できていました。

この時、鍵になる薬剤は、非ステロイド性抗炎症薬
モルヒネなどのオピオイド、ケタラール
ステロイド(抗炎症効果の高いもの)です。
ただし、腎障害があると非ステロイド性抗炎症薬は投与できません。

こんなところにも、昨日のケタラールは本当に効果的です。
一日50mgから次第に250mgくらいまで効果があるところまで増やしていくのですが
初期の50mg/24時間投与でもよく効きます。

腹水、胸水は、兎に角、できるだけ抜かないで薬剤でコントロールしていくことです。
++++++++++++++++++++++
お元気でしたか?人気ブログランキング参加中です。

ここ、クリックお願いします。お立ち寄りありがとう。
++++++++++++++++++++++

ジャンル:
スキル
キーワード
非ステロイド性抗炎症薬 オピオイド クレアチニン すい臓がん
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 麻薬指定になるケタラール | トップ | あら!院長 in電車 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時折、読ませていただいています。 (ぴょん)
2006-11-28 19:07:15
今までにも、何度か、コメントを投稿させていただいています。ぴょんです。
そうそう、3月に亡くなった我が主人も昨年末から腹水が溜まり、少し抜きましたが、熱が出たりするのと、体調が本当に、ガックリと悪くなりましたので必要最小限しか腹水を抜きませんでした。(腸の辺りが、幾つもの小部屋に分かれてしまっていて、抜けない状況にもなっていましたが。)
それに応じて、点滴量も少なくしていただいたり・・・。
改めて、適切な処置を受けていたと実感しました。
コメントありがとうございます (aruga)
2006-11-28 21:47:07
旧ブログにもコメントありがとうございました。腹水を抜かなくても症状コントロールをしていただけたとお伺いすると、本当に力量高い先生にみてもらっていたのですね。お亡くなりになったことは悲しいことですが、本当にお幸せなご主人だったのだと思います。
Unknown (すい臓がん)
2009-04-12 11:57:08
勉強になりました。応援しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。