緩和ケア医の日々所感

*** がんの症状緩和と子育てと ***

抗がん剤の筋肉痛

2007年12月22日 | 医療

抗がん剤での筋肉痛・・
例えば、カルボプラチン、パクリタキセルなどで
生じることが多いものです。

これを和らげる方法として
Lグルタミンを投与中から服用する、漢方薬を投与するなどが行われています。

Lグルタミンとしては
胃薬のマーズレンSに含まれています。
その他、GFO(Gはグルタミン)という
栄養補助食品にも含まれており
これは処方箋は不要で通販などで購入することができます。
用量は少ないのですが
スポーツマンのためのプロテインも
Lグルタミンが入っているものを選べばよいと思います。

Dグルタミン、Dグルタミン酸、Lグルタミン酸、グルタミンと
色々あるのですが、Lグルタミンの生化学的な
理由が説明できず、すみません。
(サプリメント関連のサイトにはDは吸収が悪い等
理由が書かれているのですが商業サイトはここでは
避けたいと思います。)

漢方薬では、芍薬甘草湯を使うことが多いようですが
抗がん剤との併用には慎重投与です。

これらは、筋肉痛のみならず
関節痛にも効くという医療者もおります。

そういえば、在米中参加した
I can cope という
がん患者さんとご家族のグループワークで
プロテイン摂取方法について
栄養士さんを招いて 講習会を開いていました。
あのスポーツしている人が飲むプロテインを
いかにおいしく飲むかというものであったり
豆腐料理の紹介でした。
その時の紹介レシピは・・・
なんと、豆腐ピザでした・・・?!

ジャンル:
キーワード
芍薬甘草湯 グループワーク サプリメント 栄養補助食品 パクリタキセル カルボプラチン
コメント (4) |  トラックバック (1) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 大好きな言葉 | トップ | 不二家さん・・今が大事よ。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
苦渋してました (atusato)
2007-12-22 23:28:32
 治療の病院にいた時、タキソールの関節痛には大層苦渋していました。芍薬甘草湯はほとんどセットで処方されていましたが、よく効く人と、効果がない人と差が大きかったです。看護でできることとして、暖めると少し緩和できることが多かったので必死に湯たんぽ作っていました。治療の苦痛も緩和していきたいですね。
Unknown (HH)
2007-12-23 10:20:11
私は 牛車腎気丸という漢方を処方されましたが
まったくの気休めでした。
芍薬甘草湯は存じ上げませんでした。
主治医の疼痛緩和に関する興味の有無で
治療に伴う苦痛に差が出るのは残念なことです。

最優先の治療法が標準治療であるように
疼痛緩和もある程度のスタンダードがあるといいのにね(笑)
D体とL体 (Level3)
2007-12-23 14:07:08
生体内にはL体しかありません.化学合成すれば通常はD体とL体の両方ができますが,D体を投与しても生体内でまともに使われないのではなかったでしょうか?
(昔の記憶ですので間違っているかもしれませんが)
すくなくともL体がよいというのは当然のことではないのでしょうか?
コメントありがとうございます (aruga)
2007-12-23 23:11:58
atusatoさん
さすがの工夫です。がん疼痛認定看護師さんとして、本当に大活躍ですね。神奈川の後輩の方々、とても頑張っています。私もちょっと誇らしい気持ち・・!(皆さんの頑張りに便乗ですね)

HHさん
やはり、化学療法の専門医が増えることが大事ですね。緩和の立場でみていても、診療の片手間の化学療法と化学療法の暫定指導医とはかなり違うような印象があります。

Level3先生
昔の記憶が少し蘇って来たような・・。先生、さすがです!D体は生体利用は不可でした。で、ちょっと考えしまったのが、味の素。グルタミン酸ナトリウム。でも、これは、これで多量に取るとチャイニーズ症候群なる中枢神経症状が出てしまうからこれも不可ですよね・・。(間違っていませんでしょうか・・)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
漢方 抗がん剤 (抗がん剤治療 その時あなたは?)
忌野清志郎がん克服(包茎)... がんで昨年7月から闘病中だったロック歌手の忌野清志郎(56)が14日、ライブ活動を再開すると宣言した。 がんは初期だったことから、手術も放射線治療も回避。 抗がん剤の効果もあり、入院2週間で自宅療養へと変更し、漢方などの民...