男うちごはん

エイ!っいと適当に作る料理の紹介
男うちごはん のつもりが状況変化!
食育になりそうな事項のup

アンテナチューナ

2017年06月18日 08時06分56秒 | アマチュア無線

なんかアンテナチューナばっかり増加してます。

無線とパソコンのモリ さんより、リユース品   依佐美送信所記念館の視察団より帰宅後 届いていました

けっこうでかいです。上に乗ってる説明書がA4紙です。

背面 ピーク3kw仕様 1:4のバラン付 さすが海外製

バリコン バリL バリコン のT型タイプです。 中古部品代より安価(かな)で、期待or予備で購入

追記です

アーレンアンテナと称している(笑)全周150mほどの水平ループアンテナのSWR特性が、現在以下の感じ、まあ、やり直す度に特性が変わってるし!

1.9Mhz、3.5Mhzは、インピーダンスが低すぎて(たぶん)どのアンテナチューナーでもマッチングが取れにくい(取れない)、今回のアンテナチューナは、C,L,Cのパイ型らしいので(ケース開けてないけど)

ためしに、動物的感で外部接続でコイルを直列、並列に接続(バリLってやつ)実験してみたら、あっさりとマッチング取れました。正解か?不正解か?わかりませんが、これなら問題なさそうなので、さっそく部品集め開始です。また、該出の自作のアンテナチューナもL型のL,C回路ですが、これもC,L回路に変更してみようかなと暗中模索!

追記 2017年6月20日

試に、1.910Mhzで、外部接続でバリLを梯子フィーダ側(アンテナ側)に並列に入れて調整した結果SWR=1.1くらいになった。

そこで、チューナを外して、梯子フィーダ(アンテナ側)とバリLが接続いてある状態の負荷をアンテナアナライザで測定してみた。参考になるかな

     バリLが無接続の状態(生の状態ってか)

 アナライザの測定結果 

SWR                     13.8                         

絶対値の Z                 29.1   

R                        4.8     

X                      -28.7     

C                     2905pF      

 

   バリLを接続してある状態

アナライザの測定結果

SWR                     4.0

絶対値の Z                86.9

R                      47.3

X                     -72.9

C                     1142pF

理論的じぁや無いけど、波長に対して実質短いんだと思う(本当か) R分(実数)を上げる方法として、Lで打ち消しているのが良いのではと!

自作のアンテナチューナは、(動物的感で)コンデンサ追加によるアンテナ側のインピーダンスを下げる方法でマッチング取ろうとしていたが、莫大な容量追加になり莫大な損失も発生させていたと推定出来る。

切替の為に費用も掛けたぜ 苦笑

追記の追記

アンテナチューナーの中です。 無線とパソコンのモリ さんとこよりコピペ!感謝

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 依佐美送信所記念館視察団!... | トップ | 父の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アマチュア無線」カテゴリの最新記事