男うちごはん

エイ!っいと適当に作る料理の紹介
男うちごはん のつもりが状況変化!
食育になりそうな事項のup

ステルスアンテナ線

2016年10月24日 17時42分20秒 | アマチュア無線

タワーのエレベータも上下できるようになったので、夏前に購入しておいた。高張力軽量繊維網込アンテナワイヤー RU の43m巻 でアンテナ線の張り替え チョピットだけど1Kw申請にちかづく 笑

43mを4巻購入してます 細いです

カタログより、断面 ポリミド繊維が入っているとのこと

ほぼ同じ距離で撮影しています。

張り替え前のワイヤー  ノーブランドのAC並行ビニルコードを割いて1本にして使ってます。ポール位置のやり替えの連続で、あちこちで接続してます。重めなので垂れるのもすごい!

新ワイヤー だいぶ細いです 軽目なのでピンと張れてます。(理論的にまっすぐ張ることは出来ないけどね 物理の問題)

見た目だと こんな感じ!

今の

新しいの

メリット 結構まっすぐ張れる

     雪の着くのが少なくなるんじゃねぇ

     風の影響も少なくなるんじゃね

     雷様もワイヤーが見えないので、落ちないんじゃねぇ (冗談です)

デメリット

    1Kw突っ込んだときに、大電流点で切れないかなぁ

    全周が若干短くなる(たぶん10mくらい)ので、アンテナ特性が変わる。

                アンテナ全容は、アーレンアンテナで検索してみてください

    軽いので、滑車を使っても自重で降りない

    年寄から、棒(ポール)だけ建ててなにやってんのって聞かれるかも (ワイヤーが見えない) 笑

    鳥も、見えないでぶつかって鳥が半分に切れる (冗談ですから)

 

22m巻のワイヤーの説明をカタログよりコピペ

超高強度、高張力繊維混合の通信アンテナワイヤーは国内では珍しいワイヤーです。たいへん丈夫なアンテナワイヤーです。
丈夫だから、軽く製造できます。
繊維は日本では民生用には、ほとんど出回らないアラミド繊維を採用しているため
非常に軽く柔軟性に富みます。
22m巻ですので、7MHz用ダイポールアンテナにすぐにお使いいただけます。
珍しいアンテナワイヤーでステルシーなアンテナを。
超高張力アラミド繊維 プラス
6 x 0.25 mm,スズメッキ銅撚線
断面積 0,3 mm2
ポリエチレン耐候性(PE)被覆 黒色
全径1.6 mm別売ダブルアイクリップ2mmにマッチ
重さ 4 g / m
破断力  60 kg
その他、43m巻、85m巻がございます。100m以上は別途見積もりで

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤田嗣治 府中市美術館 | トップ | ステルスアンテナ線 アーレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アマチュア無線」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。