新しい川北中学校

 川北中学校は、昭和22年5月6日開校し、平成17年に北標津中学校、平成24年に古多糠中学校と統合し現在に至っています。

いのちの教室 実施

2017年09月28日 | 授業
27日(水)はしべつ未来塾主催、アスリートセーブジャパンの協力で「いのちの授業」を実施しました。
講師は元コンサドーレ札幌の大森健作さんです。
アスリートセーブジャパンではAEDの普及に尽力しています。AEDがあれば、もしかしたら命が助かっていたかもしれない若者の紹介をした後、「あっぱくん」を使用してAEDの模擬体験をしました。この「あっぱくん」はしべつ未来塾と東盛運輸さんが学校に寄贈してくれました。
2時間目は大森さんと全校生徒で体を動かすレクレーションを行いました。コンサドーレ札幌の練習メニューもあり、生徒たちは笑顔で楽しんでいました。













ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壁新聞大詰め | トップ | 授業参観 来校ありがとうご... »

授業」カテゴリの最新記事