お墓と向き合い生死を見つめ直すブログ~富山のお墓レスキュー隊 亀山龍厳~

お墓を建てる石工職人の立場から、お墓について、どんな想いでお墓を建てているのか、などを書いています。

『準備』よりも『すぐやれ』!

2016-10-15 04:15:05 | 日記
過去の自分に言ってやりたいことがある。

何かをやってみたいと思ったら
それを『準備しようとせずにすぐにやれ!』と。


どういうことかというと

外人さんと話してみたい
×→まず英会話を学ぼう!
○→外人見つけて話してこい!

ダイエットのために筋トレしよう
×→効果的な筋トレを調べよう!
○→四の五の言わずに腕立てやれ!
◎→そもそも間食やめぃ!

部屋をキレイにしたい
×→片づけの本を買おう
○→いらない物から捨てていけ

ブログが上手になりたい
×→ブログの書き方を調べよう
○→とにかく書いてみろ

ホームページが欲しい
×→デザインから勉強だ
○→その前にちょっと作ってみろ

プレゼンしたい
×→プレゼンの勉強をしよう
○→やる場所があるなら申し込んでみる。それに向けて動き出す。

動画配信したい
×→上手な動画の撮影の仕方を学ぼう
○→スマホがあるならいつでもできる!


自分はずっとそうだった。
準備をしたら満足してしまう(笑)




もちろん準備をすることは大事なことだ。

前もって学ぶことも有効だろう。

しかしそれはまずやってみてからでもいいことだ。
まず動いてみる。
それをやってみる。






『準備をしてから。。。。
『時期がきたら。。。。
『本から予備知識を得てから。。。。
『一番効率的な方法を。。。。
『ヒマになったら。。。。
断言しよう。
それは逃げているだけだ。
言い訳だ。




お前は本当にそれをやりたいのか?
ただ逃げているだけじゃないか?
『学ぶ』ことに逃げていないか?
『準備が必要だ』と言って逃げていないか?




実際に過去を振り返ってみると
現場に飛び込んでやってみたことしか身に付いていない。

仕事もそうだし、
手話もそうだった。
パソコンもやりたいことがあって
やってきたらできるようになった。

実際にやってみて
その過程で必要に応じて調べてきた。
そして身に付けてきた。
それを『学ぶ』というならそうだろう。
でもやる前に思った『学ぶ』とは違うものだった。

今回の講演も
行動したらやれていた。

むしろ、やりたいと思っていなくても
行動に移すことでできるようになっていた。

そしてやってみたことから多くのことを学んだ。




だから
やりたいことがあるなら
まずやること。

準備なんかくそっくらえ!

『準備してから』と思ったことは本気じゃないことと割り切る。




それが夢への近道だ。






これを書いたのは
富山のお墓レスキュー隊 隊長 亀山龍厳でした。



お墓の疑問質問があったら、メールで受け付けております。
ブログでお答えしますね。(個人的なことは伏せて)
→ infoe1483.com (マークを@に変えてください)

自己紹介はこちらです。

Facebookやっています。友達申請大歓迎です。メッセージ付きだと嬉しいです。

ホームページ いい石屋さん.com はこちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレゼンが上手になる魔法の言葉 | トップ | お墓を修理するときにする儀... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。