お墓と向き合い生死を見つめ直すブログ~富山のお墓レスキュー隊 亀山龍厳~

お墓を建てる石工職人の立場から、お墓について、どんな想いでお墓を建てているのか、などを書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お墓職人がやっている、アカギレの治し方

2016-12-10 05:56:47 | 日記
今日はちょっと痛い話。

冬になると指先が割れてくる。
人はこれをアカギレという。

仕事でセメントを使うのだが、
セメントは水と反応するとアルカリ性になる。
つまり皮膚を溶かすのである。
そして冬の寒さと乾燥である。

私の指先はパカパカ割れてくる。


荒れた指先でごめんなさい。


◆私のアカギレは放っておいても治らない
普通のアカギレなら薬を塗って
時間が経てば治っていく。

でも私のアカギレは治らない。

何故なら傷口の周りの皮膚が固く盛り上がってくるから。
この硬くなった皮膚同士はくっついてくれない。
つまり傷口はずっと治らないのだ。

実際に今回紹介する方法を試すまで
2か月くらい私のアカギレは治らなかった。
指先はずっと割れたままだった。


これが2か月はツライ。


◆私のアカギレの治し方

1)まずお風呂に入って皮膚をやわらかくする。
2)やわらかくなった盛り上がった部分をツメキリで切り取る。
このとき、傷口のギリギリを攻める!!

3)ケラチナミンを塗りたくり、軍手をして寝る。

あとはテープ貼っておけば知らないうちに治ってる!(笑)




富山のお墓レスキュー隊 隊長 亀山龍厳




お墓の疑問質問がありましたら、メールで受け付けております。
ブログでお答えしますね。(個人的なことは伏せて)
→ infoe1483.com (マークを@に変えてください)

自己紹介はこちらです。

Facebookやっています。友達申請大歓迎です。メッセージ付きだと嬉しいです。

ホームページ いい石屋さん.com はこちら


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心のこもっていないあいさつ... | トップ | 「自分に正直である」という... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事