江戸前ネギ巻き寿司

オタク一匹の日常を綴る。
※各種作品のネタバレを含みます。
※最近は多肉植物・サボテンの観察日記的な要素も。

今日のつぶやき-ブラックホールの郵便屋さん。

2016年09月19日 22時55分44秒 | 今日のつぶやき
 ども、江戸です。今日もつぶやいてみましょうか。


●ブラックホールの郵便屋さん。
 『orange』の12話は、Aパートが歴史改変前の翔視点だったけれど、翔ママはちゃんと自分の考えを息子に伝えておけよ……という。生前にちゃんと言葉に出して伝えていれば、ここまでこじれなかっただろうになぁ。ただ、翔自身も何も言わないタイプなので、面倒臭い事になっている……。変な所で似なくてもいいのに……。
 で、未来からの手紙の送り方が判明したけれど、まさかのバミューダトライアングルにあると噂されるブラックホールに流したとか、予想外過ぎる……。しかし、「拾った人はこの日に届けて」日時指定して送ったとはいえ、それは日本語が読めない人間に拾われたらアウトだよね!? それが全員分届くとか嘘だろお前……。奇跡ってレベルじゃねーぞ(笑)。

●タマゴサンドと黒猫。
 『四月は君の嘘』の19~20話は、コンクールの予選会場で公生・絵見・武士の三人が並んでタマゴサンドを食べているシーンに笑った。他の参加者からしたら「こいつら余裕だな!?」って感じに見えただろうなぁ。ところでこいつら、子供の時も何か食いながら並んで座っていたけれど、その頃から本質的な部分は変わっていないという事を表現しているのだろうねぇ。
 あと、ついに椿が公生にアタックをかけ始めたけれど、ちょっとタイミングが悪いというか……。かをりがギリギリの状態で頑張っている時だから、どうしてもそっちに意識が向いてしまうわな。しかも「お見舞いに来なくていい」とか言われると余計にね。それは「自分が病気で苦しんだり、やつれていく姿を見せたくない」という意味なんだろうけれど、公生としはそれを察する事が出来る程の人生経験が無かったか……。
 結果、かをりが発作でヤバイ状態になっているところを目撃して、ショックを受けている所に彼に懐いてきた黒猫も車に轢かれて死亡するという辛い展開の連続。これでかなり精神的にやられてしまった筈だけど、果たして公生は万全な状態でコンクールに臨む事が出来るのだろうか……。

●成長の快感。
 『食戟のソーマ 弐ノ皿』の12話だけど、やっぱりこの研修展開は面白いなぁ。個人的には原作でもこの辺が1番好きだわ。やはり人が成長していく姿を見るのは気持ちがいいですな。それはソーマだけではなく、前回の秘書子や今回の四宮にも言えることだし。柔らかく変化していくのがいいよね……。

●最近の戦利品。
 『俺物語!!』第9巻(アルコ×河原和音)。
 この巻でも一之瀬のエピソードが終わっていないのか。この話は途中まで猛男がウジウジしているので、ちょっと読むのが辛い所なのよね。まあ、番外編があるから、それが救いではあるが。
 ところで、原作者の河原和音は『青空エール』を描いていたのか。これの映画が最近公開されたけれど、結構評判が良かったような。『俺物語!!』といい、実写化にこれだけ恵まれる漫画家も珍しいかもしれない。



 じゃ、今日はここまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のつぶやき-攻略本持ち... | トップ | 今日のつぶやき-アリアのお... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。