ブログで学ぶ!日商簿記検定

 日商簿記検定に合格するための
情報を提供するブログです。
独学のサブツールとしてご利用下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミスってホントにへこむわ~

2006-10-11 07:33:25 | ☆専任講師の日記
 いや~、11月検定試験が近づいてまいりましたね~

どうです?簿記のお勉強の調子は?

 さて、今回は簿記検定試験を受験する人がみんな悩む「うっかりミス」
についてお話したいと思います。


簿記の問題を解いてて、「完璧♪」と思ってもどっかしら
ミスして失点しているという経験をお持ちの方は多いはずです。

ミスをしての失点は、ホントに落ち込みますよね。
ましてや、これが本番の試験であり、かつ、合格ラインギリギリで
ミスしていたら・・・

本番では、どうしても緊張してしまいますから、ある程度のミスは
しょうがないですよね。

しかし、そのミスを極力減らす方策はあります。

まず、第1に「早く解こうとしないこと」です。

 本試験は時間との戦いですので、なんか逆説的ですが、早く解こうとすると
問題文の読み飛ばしや、仕訳・集計のミス、電卓のミスなど、解答が雑になり
様々なミスを誘発します。

 では、どうすればいいのかというと、最初から全問を解こうとしないことです。
基本的に、7割取れれば合格なのですから、自分が解ける問題にピンポイントを
合わせ、その問題を解くことに全精力を集中させるようにすることです。

第2に「パニックにならない」ことです。

 難問が出題されたときに、頭が真っ白になったり、カーと血が上ったり
嫌な汗が噴出してきたりと、パニックになり、それがミスを誘発します。
まぁ、パニックになるなっていっても、なってしまうからパニック
なのでしょうが・・

 しかし、ちゃんと対処法はあります。
その対処法とは、まずは、しっかりと勉強するということです。
「自分はこれだけやったんだから」という努力に裏付けられた
確個たる自信により、多少の難問でも、パニックを防ぐことができます。

また、先ほどの話しと重なりますが、全部の問題を解こうとしないことです。
難問を解くことができなくても、十分に合格できます。

ですから、そんな問題が出題された場合は、鼻歌交じりで
さっさととばしましょう。

第3に「問題をよく読む」ことです。

たまに、試験開始でいきなり問題文を解き始める人がいます。
大概、そのような人は不合格になります。

なぜなら、問題文をよく読んでいないため、計算条件などを見落とし
色々なミスを誘発するからです。
ですから、ちゃんと時間をとって、問題文をよく読むようにしましょう。

重要な計算条件や会計処理方法には、チェックを入れ
ミスしないようにしましょう!

 どうでしょうか? すこしはお役に立てたでしょうか?
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 簿記検定フォーラム人生相談 | トップ | 悪魔のように繊細に、天使の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

☆専任講師の日記」カテゴリの最新記事