ブログで学ぶ!日商簿記検定

 日商簿記検定に合格するための
情報を提供するブログです。
独学のサブツールとしてご利用下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人としてねぇ・・・

2006-10-19 12:46:12 | ☆専任講師の日記
 簿記検定のお勉強の方はいかがお過ごしでしょうか?
辛い・・・という方もいらっしゃるかもしれませんが
まぁ、将来の自分のため、当ブログでも気楽に読んでくださり
息抜きを適度にしつつ、どうか最後まで簿記の勉強を頑張ってくださいね!

 ところで、個人的な話なのですが、わたくしはバスケットサークルを
運営しております。
色々な職種や年代の方もいて、いい刺激になりますし、人間関係も広がります。
このサークルでは、ホントに学ぶことが多いのです。

 まず、バスケサークルには経験者から初心者まで男女幅広く
いらっしゃるのですが
なかには、自らのバスケの能力を向上させるためにサークルに参加されている
方もいらっしゃいます。

 バスケを本気でやりたい・・・

という思いはわかるのですが、私達のサークルは、初心者が楽しめて
健康的で健やかに暮らせるよう体を動かしましょ~という集まりなので
その人の欲求を満たしてあげることができないのです。

 しかし、そういう人は、初心者の人がシュートをはずすと、舌打ちしたり
チーム内のバスケ大会で、各チームの編成に異義を唱えたりします。

わたくしが、このような人をみて、思ったことは
どんなに能力を磨こうとも、土台となる人格が築かれていなければ
その能力を発揮させることはできない、ということです。

 バスケの能力は、歳をとるにつれて次第に衰えてきます。
しかし、その間、バスケの能力向上にばかり目が行き、もっとも大切であり
築くことに多大な時間と忍耐力を要する「人格」を向上させることを怠ると
いざ、バスケができなくなったときに、本人は本当に困ることになるでしょう。

実際に、その人はうちのサークルにいられなくなり、辞めていきましたが
他のサークルでも、居場所がないようです。

 これは、なにもバスケに限ったことではありません。
簿記・会計においても、商品の払出の計算方法において、先入先出法から
平均法へ変更することで、利益を多くしたり、また逆に減らしたりする
ことができます。
しかし、真実の財政状態及び経営成績を報告するという観点から
このような会計操作を行なうことは許されません。

 どんなに、高度な会計の知識を有していても、それを運用するだけの
高い人格が必要となるのです
最近のライブドアなどの粉飾決算事件をみれば明らかですよね。

 ですから、ぜひとも、みなさんも簿記の勉強を一生懸命頑張ることは
良いことですが人格を磨くことも忘れないで下さいね。
周りの人には優しくしてあげましょう。御両親を大切にしましょう。
同じ苦労している受験仲間を励ましてあげましょう。会話もしたことのない
同じ教室の受験生にも、よくしてあげましょうね。

 バスケが上手くても、人格が伴わないために、バスケをする場所がなくなった
という人のようにならないよう、ぜひとも、考えてみてください!
ジャンル:
独立開業起業
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 簿記の必勝法とは?! | トップ | できなくてもOK »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

☆専任講師の日記」カテゴリの最新記事