ブログで学ぶ!日商簿記検定

 日商簿記検定に合格するための
情報を提供するブログです。
独学のサブツールとしてご利用下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

簿記検定フォーラム人生相談

2006-10-10 12:06:16 | 簿記検定試験質問のコーナー
 私達の公式サイト「絶対勝つ!!簿記検定試験」内にある
【簿記検定フォーラム】の掲示板には、簿記の勉強に励む方達から
たくさんの投稿があります。

 今回は、その中から一部ピックアップして載せておきます

【トップさんの書き込み】

11月に3級を受験します。

私は経理事務の仕事がしたくて簿記を受験することにしました。
この1か月必死に勉強してきましたが、時々「簿記を勉強したからって
本当に未経験で仕事があるのかな・・・」と不安になったりします。

みなさんはどうして簿記を受験するのですか?
3級の次は、2級や1級を受験しますか?
今後の目標なども聞かせてください。

お勉強で忙しいなかに、こんな質問ですみません。
気分転換にお話を聞かせていただけたら幸いです。

【RGさんのお答え】

僕は公認会計士を目指す大学1年生です。
僕の場合は、受験資格を取得できるまでに
日商簿記検定1級を取得しようと思い、現在3級を
勉強中です。
 トップさんと同じく、僕もよく勉強中に不安になります。
僕の場合、簿記のセンスがないらしくて
勉強が苦痛でしょうがないのです。
でも、会計士にはなりたいし・・・
まだ、3級レベルなので、簿記の楽しさが理解できてないと
思って今現在頑張っています。
とにかくやるしかないですよ

【難波の弁慶さんのお答え】

俺は税理士やるでー!ちなみに二級併願やで。
仕事あるかどうかなんて合格してから考えよう!トップさんにも
不安もあるやろうけど前向きが大切や。
それに経理事務とか税理士補助って未経験okもあるから頑張って
探しいな。とりあえず受かって、そっから行動や!
なんで簿記やるのか…俺やりたい仕事あってんけどなあ…
なかなか就職厳しくてへこんで…でどうせ何かしら働かなあかんねやから
独立して自分でやっていこうみたいなこと思たからなんよ。
動機はえらいマイナス思考やが、経理の合理的なとこは好きや。
まだまだ道長いけど頑張るでー。トップさんも頑張ってな☆

【名古屋女子さんのお答え】

簿記に限らず、私が資格を取る理由は、可能性が増えると思うからです。

例えば、面接の最終選考で、各要項を検討した結果
A子さんとB男さんの二人が残りました。
どちらも、いろいろな面で同レベルで判断しかねたときに
もしA子さんが資格をもっていたら決定する理由がうまれると思うのです。
最後のひと押しになる可能性があると思うのです。

ただ、資格をもっていれば良いかと言うと、そういうわけでもありません。
大事なのは、人間としての資質だと思っています。

結果や成果ばかりを重視したくありません。
そして、資格を取るための勉強の過程が
人間を成長させてくれているような気がします。

3級をもっていれば、もっていないときより自信をもって
「私は経理の仕事がしたいです」と言えると思います。

今後の目標は考えていません。
まず11月検定です。目の前の目標を頑張りましょうね。
私は結果がどうなっても、ちょっとだけ自分で自分に
ごほうびをあげるつもりです。
一所懸命やってきたことは、私が一番知っていることだから。


 どうでしょうか?
みなさん、偉いな~って本当に思います
自分も見習うところ大です!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公式サイトに寄せられた質問集③

2006-10-05 12:48:07 | 簿記検定試験質問のコーナー
私達の公式サイト「絶対勝つ!簿記検定試験」に設置されている
「簿記フォーラム」には、様々なご質問が寄せられます。
この中で、とくにお問い合わせが多くて、重要と思われるものを
ピックアップして載せておきます。



【Q1】
貸借対照表に記載する貸倒引当金がわかりません~
決算整理後の残高試算表から損益計算書・貸借対照表を作る問題なのですが
「貸倒引当金」の扱いがよく分かりません。


私の中で「貸倒引当金」は売掛金等が回収不可能になった時に困らないように
あらかじめ掛けておく保険のような物で、不可能になってから初めて
回収される物だとおもっています。
ですが、上記のような問題では、これといって「売掛金が貸倒れた」という
指示も無いのに(というか図しかない)売掛金から貸倒引当金を引いています。

図でかくと
         貸借対照表
売掛金  (10000)
貸倒引当金( 3000)(7000)

こんな感じです。
引く為に貸方から借方の方に書いてあるのは分かるのですが・・
そもそも、なぜ売掛金から引いてしまっているのでしょうか?


【お答え】
貸倒引当金には大きく2つの意味があります。
一つは、貸倒引当金を費用計上して積み立てることで
貸倒れが起きる原因をつくった、売上債権が生じた期の
収益との対応計算を図り、費用収益の対応による期間損益計算の
適切化を図ることです。

つまり

2月にツケで商品100円を売ったとして、そのツケが翌3月に
貸倒れて払ってもらえなくなったという場合で
毎月決算のお店を想定します。
  
     もし貸倒引当金を積み立てていなかったら   



2月の仕訳:(売掛金)100/(売 上)100



 となり、2月の費用がゼロだとすると、利益は100円となります。



3月の仕訳:(貸倒損失)100/(売掛金)100


 また、翌月の貸倒れたときに、その分が費用計上されます。

  これに対して、貸倒引当金を設定した場合(100%)


2月の仕訳:(売掛金)100/(売 上)100 
   
 決算整理仕訳:(貸倒引当金繰入)100/(貸倒引当金)100

 このように、貸倒引当金を積み立てることで、2月の段階で
費用計上されて、貸倒れの原因となる売掛金が生じた期の収益
と対応計算されて、利益が0円と計算されることになります。

3月の仕訳:(貸倒引当金)100/(売掛金)100

 上記のように、貸倒引当金を積み立ててあるので
これが取崩され、実際に貸倒れたときには費用が計上されません。

 このように、貸倒引当金は、原因である債権が生じた期の収益
との対応計算を図るために積み立てられるのです。

 また、もうひとつの考え方として、貸倒引当金は
債権の金額を実質的な回収可能額に評価する「評価勘定」としての
性質を有するという考え方があります。

 つまり、上記例で



     貸借対照表
   売掛金  100
  貸倒引当金△100    0

 というように、法律上の債権額を100円としてまずあらわし
つぎに、回収不能が予想される貸倒引当金の金額をその下に
書き、債権金額から差し引くことで、実質的に回収できる金額に
評価し直しているのです。


【Q2】
見越と繰延について質問させてください!

すみません。講座をとっていないのですが
質問をさせていただきます。
見越しと繰り延べなのですが
なんで、わざわざあんな手続きが必要なのでしょうか?
どうしても、いまいちわかりません。
お手数ですが宜しくお願いいたします。

【お答え】
講座をとっていなくても大丈夫ですよ。
でも、よければ取ってみて下さいね♪
現在はキャンペーン中にですから。

 さて、ご質問の見越し・繰り延べなのですが
この部分はよく質問を受けます。

 まず、わたくし達がいま勉強している簿記は
発生主義会計という形態をとっています。
つまり、現金の出し入れだけで利益を計算する会計を
現金主義会計というのですが
 
 証券市場の発達や信用経済の発達により
経済的な価値増加の事実と収入・支出の事実との間に
時間的なタイム・ラグが生じるようになり
現金主義会計では、適切な時期に会計情報を提供できなく
なったのです。
このため、収入・支出の事実だけでなく
経済的価値増加の事実である収益と、経済的価値減少の事実である
費用という概念をつかって、両者の差額として
利益を計算する発生主義会計の形態がとられるようになりました。


 そして、たとえば費用の繰り延べを例に挙げると
家賃を1年分現金にて払ったとして
決算日まで、借家の利用期間が半年だったとします。


 現金主義会計なら、1年分の家賃が費用として計上されます。
しかし、借家自体は半年しか利用していませんから
相手方の役務の提供を半年分しか消費していません。
よって、費用自体は半年分の発生となっています。
この点をとらえて、1年分計上されている家賃を
決算整理仕訳により、半年分に修正するのです。


 ちょっと難しいところですが、ぜひとも
単純に計算を暗記せず、なんとなくでもいいので
この点を理解しながら決算整理の学習を進めてみてください



【Q3】
減価償却の計算の仕方がわかりませ~ん
 
福岡商店(年1回、3月決算)は、平成15年9月30日
機械を\1,200,000で売却し
代金のうち3分の1を小切手で受け取り、残額は翌月10日に受け取る
ことにした。
この機械は、平成11年6月1日に購入(購入代価 \2,340,000
据付費 \60,000)した資産であり、残存価格は取得原価の10%
耐用年数は8年、償却方法は定額法
記帳方法は直接法によっている。
なお、決算日の翌月から売却した月までの原価償却日は月割計算するものとする。



【お答え】
このような固定資産の売却の論点が簿記検定試験において
出題された場合は、必ず、タイムスケジュールを書いて
売却までに決算が何回あったかを数えるようにして下さい。

 購入が11年6月1日であり、売却したのが15年9月30日なので
売却までに、決算は4回あったことが分かります。
そして、その決算において、どのような仕訳がされているのかを
思い出すようにして下さい。

      <各決算において行なわれた仕訳>


12年3月31日:(減価償却費)225,000 / (備品)225,000
       ★10か月分です



13年3月31日:(減価償却費)270,000 / (備品)270,000



14年3月31日:(減価償却費)270,000 / (備品)270,000



15年3月31日:(減価償却費)270,000 / (備品)270,000



 これらのことから、15年3月31日時点では
備品勘定は、以下のような金額になっていることが分かります。



 取得原価2,400,000-減価償却費1,035,000=1,365,000

 さらに、本問は期中売却の論点ですから
前期末決算からさらに、売却まで6か月分使用しています。
よって、この分の減価償却費を計上し、15年9月30日時点の
備品の価値を算定します。



270,000(1年分減価償却費)割る12ヶ月×6ヶ月=135,000円



 以上から、以下のような仕訳になります。



          (解答の仕訳)
 
  (減価償却費)135,000   (備品)1,365,000
  (未収金)800,000
  (現 金)400,000
 (固定資産売却損)30,000



 なお、未収金のところは間違いやすいので注意しましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公式サイトに寄せられた質問集②

2006-09-27 14:10:39 | 簿記検定試験質問のコーナー
 日商簿記検定試験3級について
寄せられた質問の一部です。どうぞお役に立てて下さい

【Q1】
こんにちわ。
6月に簿記を受けるつもりなんですけど、講義でちょっと分からないところ
があって。。。
『岐阜商店に買掛金50円を支払うため、岩手商店あての為替手形を
振り出し、岩手商店の引き受けを得て、渡した』

っていう問題で
私は

買掛金(岐阜) 50     支払手形(岩手) 50

としたんですけど、解答は、

買掛金(岐阜) 50     売掛金(岩手) 50

となっていました。なぜなんでしょう?
教えて下さい!お願いします。

【A1】
為替手形の振出人は、為替手形を振り出すことで
岐阜商店に対する買掛金の代金を、当店が保有する岩手商店に
対する売掛金で肩代わりする方法です。

 よって、振り出した当店は、岩手商店に買掛金の代金を代わりに
払ってもらうので、代金支払義務は生じず、支払手形という勘定
はでてきません。

支払手形勘定で処理するのは、当店の変わりにお金を義務商店に
支払う義務を負う岩手商店の方です。
そして、当店は岩手商店に対する売掛金の代金をもうら代わりに
買掛金の代金を払ってもらうのですから、売掛金を消滅される
ために、貸方に「売掛金」と仕訳をするのです。

 為替手形の論点は、誰がどのような義務を負い、誰がどのような
権利を持つのかを理解することが重要です。
下記の利害関係について、しっかりと頭に入れておきましょう。

          為替手形のまとめ
 振出人:代金請求権を失うと同時に、代金支払義務も消滅する。
 名宛人:手形代金支払義務を負う
 指図人:手形代金請求を持つ

【Q2】
テキストなどにでてくる
債権とか債務とかの意味がよくわかりません。
どっちが、お金もらえて、どっちがお金を払うのですか?
すみませんが、教えてください

【A2】
債権と債務という用語は法律用語であり
以下のようなものです。

 ★債権→ある行為を請求する請求権

 ☆債務→ある行為を行なう義務

ですから、債権を持つ人が、お金をもらえて
債務を負う人が、お金を支払うことになります。
このあたりは、よく間違えるので以下のようにおさえると
よいでしょう。

 債の「権」→権利の「

 債務の「」→義務の「
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公式サイトに寄せられた質問集①

2006-09-26 22:48:00 | 簿記検定試験質問のコーナー
私達の公式サイト「絶対勝つ!簿記検定試験」に設置されている
「簿記フォーラム」には、様々なご質問が寄せられます。
この中で、とくにお問い合わせが多くて、重要と思われるものを
ピックアップして載せておきます。
日商簿記検定試験に早く合格するために、どうぞご利用下さい


【Q1】
こんにちは。質問を一ついいですか?講義で見ていく仕訳なのですが
全部暗記する必要があるのでしょうか?どうか教えてください


【お答え】
 簿記入門者の方は、最初はどうしても仕訳を暗記してしまいがちです。
しかし、簿記というものは、複式簿記の原理をつかって、お店や会社の取引を
帳簿に記録していく技術です。
ですから、できればどうして、この取引については、このような仕訳をするのか
ということを考えながらテキストをみていって欲しいと思います。

   取引の仕訳を学ぶにあたっては
①この取引は5つの要素のうち、どれに分類されるのか。
②仕訳の金額は、なぜこのように計算されるのか。

 この2点を常に考えながら勉強するようにしましょう。



【Q2】
三分法では決算整理仕訳が必要なのにどうして、分記法では決算整理仕訳は必要ではないのですか?教えてください


【お答え】
分記法と三分法のそれぞれの期中仕訳を思い出して下さい。



 【商品を仕入れたときの仕訳】
 例:100円の商品を仕入れ現金で払った。


<三分法の場合>



 (仕入)100 / (現金)100



 三分法は、商品を仕入れたときに仕入原価を費用の発生として処理します。



<分記法の場合>



 (商品)100 / (現金)100



 分記法は、商品を仕入れたときに仕入原価を資産の増加として処理します。



 【商品を販売したときの仕訳】
例:仕入れた商品のうち、半分を100円で販売した。



<三分法の場合>



 (現金)100 / (売上)100



 三分法では、商品を販売したときは、売上という
収益の勘定を使って処理します。
このため、商品が販売されても「仕入勘定」の金額は動きません。
よって、そのままだと、仕入原価の金額100円が
費用として損益計算書に載ってしまいます。
そこで、決算整理仕訳をおこなうことにより
仕入原価から売上原価に修正する必要があるのです。



<分記法の場合>



 (現金)100 /  (商品)50
           (商品売買益)50



 分記法では、商品を販売したときは、販売された商品の原価を
資産の減少として処理するとともに、売価との差額を
商品売買益として処理します。

このため、販売されるたびに、販売された商品の原価分の
「商品勘定」が減少するとともに、売価との差額で粗利が計算
されていきますから、期末における商品勘定は、期末商品棚卸高をあらわし
商品売買益は、商品販売による粗利を意味することになるのです。



よって、そのままの金額を貸借対照表と損益計算書に計上できるので
決算整理仕訳は必要ないということになるのです。


【Q3】
有価証券の購入のところででてくる株式と社債の違いってなんですか?
株とかよくわからないもので、すみませんが、教えてください

【お答え】
株とは、株式会社の株主(出資者)としての地位のことをいい、この地位を
外見上見やすくするためのものとして、株券があります。



この株券を購入するということは、その会社に出資をするということです
よって、会社が儲かれば、出資に応じた配当がもらえます。



 これに対して、社債は、株式が出資をしてもらうのにたいして
お金を沢山の人から借り入れることを意味します。


このため、株式とは違い、社債を購入するということはお金を貸すことを意味し
配当ではなく利息がもらえるのです。


ただし、両者はともに購入したときは
有価証券』と仕訳をします。


なお、簿記検定3級で学習するのは
あくまでも、買った人の側の話であり、発行した側の話しは
簿記検定2級で学習します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加