e-spo Horitaiスタッフダイアリー

e-spo & Horitai スタッフがクラブと堀之内体育館の毎日を思いつくままにお知らせいたします。

山形県庄内地区スポーツ推進委員協議会

2017-06-16 09:12:37 | Weblog
クラブマネジャー星です。
 
先週土曜、6月10日に山形県庄内地区スポーツ推進委員協議会の研修会でお話しする機会をいただきました。
魚沼市はスポーツ推進委員(旧体育指導委員)を置かない方法をとっています。スポーツ推進委員を置かなくてもうまくいくように総合型スポーツクラブが行政(生涯学習課)からその業務に代わるもの提案しをそっくりそのまま仕事として受託したからです。そこに至るまでの経緯やその詳しい内容を知りたいということでしたので、その全てをお話ししてきました。私自身もこのクラブに関わる前は体育指導委員でしたので、その内容は当事者としてわかっているつもりでしたが、改めて順序立てて考えていくと市町村合併の混乱や総合型スポーツクラブとしての役割、その方向性を試行錯誤し、当時の行政担当者さんや、それを統括する課長さんは大変なが苦労があったと感じます。最終的には行政の意向でこのような形に至ったのですが、大きな決断だったと再認識します。市民のスポーツ環境を整備し、その活動がうまくいくように寄り添い、行政を助けるために総合型クラブは一歩一歩進んできました。その過程でスポーツ推進委員制度がなくても総合型クラブで地域で活躍できる指導者さんを育てていけるような信頼できる組織に進化したと思います。私たちのクラブで活動する地域の指導者さんたちはE‐SPOスポーツリーダーとしてスポーツ推進委員(体育指導委員)のDNAは確実に受け継がれています。市民がスポーツで健康になって喜ぶ姿を見てきた地域の人材をE‐SPOでは指導者としはもちろんコーディネーター(つなぎ役)としても再生されているように思います。
 
 
 
エンジョスポーツクラブでは地域で活躍するスポーツリーダーさんを25名登録してあり、市内各所の健康運動教室の指導、ウォーキングイベントのスタッフ、各年代の体力測定会のスタッフなど大きな役割を担ってます。
 
 
 
 
 
山形県鶴岡市から帰る途中、偶然GENBI SHINKANSEN(現代美術新幹線)に乗ることができました。
その存在を知らなかった私は乗車してびっくり、その空間に圧倒されました。
最後まで有意義な旅でした。
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元気づくりサポーター養成講習 | トップ | エンジョイ市民トレッキング... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL