1日講習・全国出張!職長教育・安全衛生責任者教育ブログ

全国を渡り歩き、職長教育・安全衛生責任者教育を1日講習で行う愛知のRSTトレーナー。

(1)職長の役割

2017-03-21 12:26:31 | 日記
職長とは、その名の通り=『職場の長』

『作業中の労働者を直接指導又は、監督する者』と定めてられています。

ある一定の作業範囲・内容について責任を持たされてますが、、
会社の社長の次に責任ある最も重要な役割なんです!


◎事業場によっては、監督、班長、リーダー、作業長等の名前で呼ばれている。
仕事をおこなう仕事を行う上で、現場で指揮、命令する人は必ず必要である。
※特に製造業の一定の業種においては、新任の職長に義務付けられています
(労働安全衛生法第60条)。
―――――――――――――――――――――――――――
1日(一日)講習で職長教育・安全衛生責任者教育(再講習)
全国出張講習!修了証は即日発行致します!
ホームページはこちら http://www.t-try.jp/rst/
―――――――――――――――――――――――――――
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安全衛生責任者機能を円滑に... | トップ | 混在作業における問題点:様... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。