つぶやき

ある社長の心の”つぶやき”

本八戸/法霊山

 | Weblog

55年前の子どもの頃の記憶をたどって八戸に滞在中 一番訪ねてみたいところへ行ってきました。
雨の降りしきる夕方遅く
「本八戸駅の近くでほうりょうさん もしくはほうりょう神社ってご存知ないですか?」
「ほうりょうさんは、しらないなぁ?オガミ神社ならあるけれど・・」
「神社の名前が変わったのでしょうか?」
内心 まさかねって思いながら口からついてでた。
とにかく そこを目指して歩いてみた。

両親は、ほうりょさんって呼んでいたようだが 
法霊神社法霊山 こんなふうに書くようです。

ここは、遠い親戚すじにあたります。
若くして亡くなった父方の母親の姉妹が嫁いでいた先でした。
その方を伯母さんと呼んでいたが 今考えれば大伯母さんかな?
お辞儀の仕方が悪いと年上の親戚の姉と叱られました。
お辞儀は、真、行、草と種類があって 何回もやり直させられたことがありました。
その大伯母さんもそのお子さんも あちらの世界にいってしまわれて・・
雨に打たれながら 懐かしんでいました。




遅い時間にもお参りにいらっしゃる方が見受けられて・・
あれこれ想像してしまう。

この仏像は、大伯母さんに似ていました。
「あらっ!?おばさん?私 おばさんの着物をいまでも大事に着ています。ありがとう」
相変わらず 私はふざけた人間だけれど 呼び寄せられたのかしら?


オガミ神社と呼ぶとは、初めて知った。
しかも 調べるまで拝むだと思っていて・・
龗神社
むずかしい字に驚いた。

   木製パレット屋のつぶやき



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日 | トップ | 八戸三社大祭展示 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL