つぶやき

ある社長の心の”つぶやき”

台風21号/多摩川

 | Weblog

台風が過ぎ去った後の多摩川です。
小心者の私は、昨晩 まんじりともしないで夜明けを迎えました。
雨や風 雷までが騒々しかった。
いろいろ想像力をたくましくするからいけないのでしょう。
例によって 押し入れに逃げ込むことしか思いつかなかったのだが・・








多摩川は、見たことがないぐらいの水量で川幅は、倍以上。
場所によっては、川に見えない。
青梅市は、夜 全域に自主避難が発表されました。

私の父は、台風が過ぎると晴れるようだから良かったな!って笑っていたが
晴れる前が問題なのだけれど・・と複雑。
しかしおかげさまで すぐ晴れるすぐ晴れるって怖さをのりきったのだ。

  木製パレット屋のつぶやき

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

衆議院議員投票日

 | Weblog





今朝、目覚めは遅かった。
屋根に叩きつける雨音を聞きながら やはり 台風が近づいているんだなってぼんやり思った。
ワンコは、まだ 傍らで寝息をたてている。
午前中のうちに投票は、すませておきたかったため バタバタ支度をはじめて
大きな傘と長靴、雨合羽。

本降りの雨には、ワクワクしてつい回り道。
すっかり ずぶ濡れになってしまったが なかなか楽しいね。


  木製パレット屋のつぶやき

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤いダンスシューズ

 | Weblog

夫が家を出て行ったあたり
父が社交ダンスをすすめてきた。
初めは3ヵ月ぐらい そしてその次は、6か月 最後は、3年・・そんなことを言いながら
嫌ならやめていいから 習ってみたらどうだろうという。
まったく気が進まず 渋る私に提案した期間だ。
そんなに言うならと始めた社交ダンス。
初めは、前に出す手つきはキョンシー(お化けのようにぶらぶら)
恥ずかしくってなかなかできない。
家で復習していると 何をやっているのかと子供たちから冷ややかな目線。
それでも8年以上10年?は、続けたかな?
先生とのレッスンだけです。
それが 結局 やめてしまった。
しかし お茶の稽古で ダンスの話をしたら 先生からお友達まで 皆 目がキラキラ輝いた。
先生は、若いころ親の目を盗んで せっせとダンスに通ったと・・
もう一人の方は、私は今でも『赤色』のダンスシューズを大事にとってあるのよ!
とてもおしとやかな無口の方は、船の上で主人とステップを踏んでそれはそれは楽しかったわ。
皆さん 昭和6年から9年の間にお生まれになった方々でした。
赤色のシューズかぁーというので 私も早速 買ってみた。
なるほど 洋服にはあわないが 心がワクワクしてくるではないか!
モダンのこの靴がしばらく稽古を続けさせてくれたようなものです。

昨日、その赤いシューズの話をされていた方のお見舞いに行ってきた(大腿部骨折)
病室にいない彼女は、ナースステーションに連れて来られて
「〇〇さん少しでいいから食べて!」と食事をとるように説得されていた。
「バナナだけでも食べましょう」
下をむいたまま身じろぎもせず頑なに食事を拒んでいた。
しばらく廊下側から様子を見ていたが たまらず声をかけてしまった。
「まあ 」と私の名を呼ぶ
お話は、かなわなかった。
ナースの方に できたら後から来てくれないかと言われたからです。

食べないという覚悟が垣間見えて これ幸いと意気地なしの私は逃げるように帰ってきた。

今夜 私の赤色のモダンのシューズを探したがみつからない。

どこにいったのだろう。

 

  木製パレット屋のつぶやき

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛犬8歳の誕生日

 | Weblog

今日は、愛犬の誕生日です。
空です(名前は、色即是空からいただいて空です)
犬だからケーキもないし お祝いの言葉だってわからない(笑い)
でも 特別にお茶碗にササミを山盛り
そしてジャガイモも・・・
お腹を壊すぐらい食べても許します(ちょっと困るが)
「8歳おめでとう!」
そんなことを言ってもわからないよねハハハ





よくぞ8年間 私のそばにいてくれました。
感謝します。


  木製パレット屋のつぶやき



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訛り

 | Weblog

数日前 新潟に暮らす90歳の父の兄が亡くなったと知らせが来た。
両親は、高齢のうえ体の不調も抱えているので 駆けつけることはむずかしかった。
いつも 朗らかな父は、動転しているうえに沈んでいた。
私に葬式に参列してくれるかと打診があった。
親不孝な私は、犬を預けなければいけないし仕事もあるし・・(それらは口にださない)
ずるい返事をしてしまった。
「弟が行けなければ行ってもいいよ」
弟は、会議で行けないとのことだった。
そのうち どうやら葬式などはしないで お経をあげてもらって火葬でおしまいにすると聞いたようで
拍子抜けしたようだった。
「それは 密葬もしくは家族葬というのかもしれないね」
聞いていないのか父は
「いつ葬式をするのかな・・」
「・・・・」
そこで さらに「誰もいけないからと電話であやまった」と言う。
「行けたのに・・じゃあ 後で私が行くね」
それから弔電やお香典の話になって不謹慎ではあるが 笑ってしまった。
「伯母さんの名前はなんていうの?」
母は、キイさんと言った。
父は、キエさんと言った。
最後に父は「どっちでもいいよ 通じるだろう?」
以前にも 叔母さんの連れ合いの名を「イジンさん」と教えてくれて
私は、しばらく異人だと思っていました。
その方のお葬式で『エイジさん』とわかって 悲しみの席で笑ってしまったことがありました。

伯父さんご夫妻にあったのは、十年前かな?
それが 父たちの両親のお骨を新潟に移すため引き取りにきていて
帰る日偶然、郷里の駅のホームでおめにかかったのです。
いみじくも お見送りする形になってしまった。
めったに行かない郷里で しかも 祖父母の遺骨が引っ越す日。

伯父さん ご冥福をお祈りいたします。


  木製パレット屋のつぶやき

 




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソーシャルセキュリティーナンバー

 | Weblog

アメリカに住む母から電話があった。
「赤い紙がきて捨てるなって書いてあるから電話をしたのよ」
「あらそう~」
「契約するのに日本人をよこしてくれって言ったんだけれど」
「ふ~ん」
「いったい なんの契約?」
「わからない」
「えーーーそれで」
「スパムかと思ってキャンセルしようと思うの・・」
「あっそう」
「私 息子が他人に言ってはいけないというナンバーを教えちゃったのよ!」
「なんのナンバー?」
「そーしーきゅうナンバー」
「なにそれ?」
「日本だってあるでしょ?年金もらったりするナンバーよ」
この時点で いったい なんのナンバーかわからなかった。
アメリカの弟に聞いたけれど 私の英語力が不足で伝わらない。
個人情報のナンバーかしら?
母に聞くと たどたどしく『そうしきゅう』を繰り返す。
給与の総支給額なんかの言葉を思い浮かべて・・ あぁ もうわからないと思った。
とにかく 弟には、母にハプニングが起きたので 彼女に電話をしてくれと短い英語にしたら
それだけは伝わったみたいだった。
ちなみに弟は、バカか!と言ったらしい。

私は、根気よく 二日以上かけて聞いた事柄を全部 つなげてわかったことが・・
たぶん こんなことだった。
どこかの会社がダイレクトメールをもっともらしいお手紙で郵送し 見た母が電話をした。
そして 調べた結果 日本語では、社会保障番号 英語では『ソーシャルセキュリティーナンバー」かもしれないと検討をつけた。
これは今後大変だなって思って なぜ他人にソーシャルセキュリティーナンバーを言ってはいけないか説明をしたところ
「なによ なりすまし詐欺って!」そんなことから始まった。
しかもだ アメリカは、サインがないとダメな国だから ナンバーを教えたぐらいどうってことはないんだと反論された。
おまけに 自分が教えたソーシャルセキュリティーナンバーは、捨ててねと言ったから大丈夫だという。
そんな強気な発言をするくせに 毎日 なんだか心配で眠れないという。
私は、出来事がおきてから考えたらいいんじゃないって思う質なので噛み合わない。

最後に「今後、何か決めるときには、弟に相談したらどうかしら?」という提案も却下された。
「子供じゃない!」だった。

そこで思った。
ふむ~ 日本の『成年後見人制度』って もしかしたらすごくいいかもしれない。

私は、騙されないという人ほど騙されやすいなってつくづく思う。
『ソーシャルセキュリティーナンバー』の知識がなかったのは、恥ずかしい。

 木製パレット屋のつぶやき




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新そば

 | Weblog


久しぶりにお客様がいらっしゃいました。
そこで 新そば 
おいしくいただきました。


秋の雨の降り方って風情があっていいですね。
数日 続きそう。

  木製パレット屋のつぶやき

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保育園の運動会

 | Weblog







連休中 保育園の運動会がありました。
園児がみな可愛らしく愛おしくて我が子の時と違った感情でした。
一生懸命 お遊戯をしたりかけっこをしたり 悔しがって泣いたり大はしゃぎで声援したり
どれもがいじらしくて あっというまに時が過ぎました。
最後のあたりのリレーの競技は、応援しながら涙が次から次へと流れて困ってしまった。


  木製パレット屋のつぶやき

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京江戸ウィーク

 | Weblog


上野でこんなのが開催されていました。
空腹だったが少しためらう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上野/運慶展

 | Weblog











仏師の運慶は、平安末から鎌倉初期にかけて(1150ごろ~1223)腕を振るったといわれています。
仏像は、31体残っているらしいのですが そのうちの22体が一堂に会する運慶展です。
これは、行きたいね!!

「興福寺中金堂再建記念特別展 運慶」
上野の東京国立博物館で9/26~11/26

休日 最後の日でしたが、40分待ちで入場できましたのでうれしかった。
実際 目にして思った。
 手を合わせたり はたまたお救いくださいってすがりたくなるような姿の仏像です。
とてもリアルで衣の質感は、まるで布のような流れで・・
ため息ばかり。
つい2周もしてしまった。

  木製パレット屋のつぶやき


コメント
この記事をはてなブックマークに追加