東埼玉病院 リハ科ブログ

国立病院機構東埼玉病院リハビリテーション科の公式ブログです

*表示される広告は当院とは一切関係ありません

情報交換会を行いました「埼玉県先端産業創造プロジェクト」

2017年05月20日 | 活動報告
当院リハ科において「埼玉県先端産業創造プロジェクト」(埼玉県ホームページのリンクはこちら)に関しての情報交換会を行いました。
具体的には開発中・後の機器の紹介とそれに関しての議論を1時間半ほど行いました。
埼玉県産業労働部先端産業課が中心となり、先端産業課の職員の方、大学で開発をしている先生方、企業の開発分野の方などの多くの方に来院していただき、主にリハビリテーションロボット分野に関わる3つの機器について紹介していただきました。
当院からもセラピスト中心に30名ほどの参加者があり、埼玉県としての取り組みや医療機器開発のためのマッチングシステムなど大変参考になる話を聞くことができました。

全国的な取り組みとしてのAMED(前回記事はこちらを参照)については知っていましたが、埼玉県としても主体的に柔軟に医療現場からの情報を集積していることを初めて知ることができました。
具体的には、医療機関、ものづくり企業、製販企業との三者連携開発モデルの構築がなされており、医療現場からのニーズに基づいて企業とのマッチングを図ってくれるようです。
いくつかの医療現場では既に医療現場からのニーズを聴取しているとのことで、当院としても積極的にニーズとその工夫について意見を出して行こうと思います。
潜在的には、一人一人の医療スタッフが、「こんなものがあればいいのに」といったアイデアはきっともっていることでしょう。
それを積極的にニーズとして出していける環境は非常に恵まれたものだと思います。

アイデアはあっても「どうせ作れないよな」といった悩みや、目の前の患者さんに必要と思っても「どうせマーケットは大きくないだろうな」という問題も、とりあえず医療現場からのニーズとして投げてみて損はないと思いました。


*すみません、話に夢中になりすぎて写真を撮るのをうっかり忘れてました

M1(PT)

東埼玉病院リハ科ホームページはこちらをクリック
『埼玉県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フットサルの練習試合をやっ... | トップ | 本が出版されました「そのと... »

あわせて読む