東埼玉病院 リハ科ブログ

国立病院機構東埼玉病院リハビリテーション科の公式ブログです

*表示される広告は当院とは一切関係ありません

「超音波エコーによる運動器観察」勉強会を開催しました【リハ科勉強会】

2017年07月23日 | リハ科勉強会
7月18日業務後に埼玉県立大学理学療法学科教授の西原賢先生を招いて、超音波の基礎から実践まで勉強会を実施しました。 内容は、超音波モニターの見方、調整からプローブの操作といった基礎、上肢・下肢の筋・腱・血管・神経などの解剖学的な所見を確認し、スタッフ間で実演しました。 今日では、整形外科クリニックなどを中心に理学療法士でも超音波を用いた運動器評価が流行っている印象があります。 当院では業務上、自 . . . 本文を読む

重症心身障害のリハビリテーションワーキンググループ!活動してます【リハ科勉強会・症例報告】

2017年07月22日 | 重症心身障害
6月23日にリハ科勉強会を開催しました。 今回のテーマはセーフティネットワーキンググループ(WG)活動のうち、重症心身障害児(者)(以下重心)WGの、これまでの活動と症例の報告でした。 関連記事はこちら→重心ワーキンググループ? 実におもしろい!! ワーキンググループ勉強会チラシ(気合い入ってます) 報告は重心リハにおける理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語聴覚療法(ST)の役割と視点を . . . 本文を読む

「神経難病ワーキンググループ」2016年度活動報告と症例報告

2017年07月21日 | 神経難病
作日は今年初めてそうめんを食べました。 暑さと湿度の高さに疲労もたまる今日この頃ですが、旺盛に咲く向日葵を見たり、仕事終わりにひぐらしの声を聴くと夏だなぁと少しわくわくしたりもします。 今日は神経難病ワーキンググループ(以下、神経難病WG)についてご報告します。 筋ジストロフィーや重度心身障がい児・者のワーキンググループと共に発足され、活動を始めてから早一年以上が経ちました。 開始当初、自己研 . . . 本文を読む

良い「回復期リハビリテーション病棟」とは?【特別寄稿】

2017年07月16日 | 回復期リハビリテーション
本当は、「良い回復期リハビリテーションの見分け方、教えます」というタイトルにしようと思いましたが、やめました。理由はこの後に。 僕はリハビリテーション科医師ですが、「回復期リハビリテーション」自体がまだまだそれほどは認識されていないことを感じます。急性期病院に勤務している医師は、その存在すら知らない人もまだたくさんいますし、医療関係者でなければなおのことだと思います。だから、その重要性がもう少し . . . 本文を読む

関信ボウリング大会の報告

2017年07月07日 | 紹介
この度、国立病院機構関東信越(関信)グループのボウリング大会に参加しましたので報告させていただきます。 毎年、国立病院機構関東信越グループでは、新採用者・異動者と共に新しい体制を整えつつある病院ごとに施設間の交流を図る一環として、ボウリング大会を開催しています。 今年は東京病院が主催者となり、池袋のロサボウルで一部を貸しきってボウリング大会を実施してきました。 参加された病院は池袋から近い病院が . . . 本文を読む

「筋ジストロフィーにおけるリハビリテーションの流れと考え方」勉強会 by 筋ジスワーキンググループ

2017年07月04日 | 筋ジストロフィー
6月27日にリハ科勉強会を開催しました。 今回のテーマは、セーフティネットワーキンググループ(WG)活動のうち筋ジスWGの活動および症例報告となります。 関連記事はこちら→筋ジストロフィーに対するリハビリテーションワーキンググループ活動の紹介 筋ジスWGでは、今までの活動の総まとめとして、リハビリテーションガイドラインの作成、評価表の作成、症例検討の3本柱をまとめて、リハ科スタッフで回覧して情報共 . . . 本文を読む

「感覚障害に対するリハビリテーション戦略を考える」後半戦

2017年06月16日 | リハ科勉強会
前回記事「前半戦:感覚障害と可塑性変化」からの続きです。 第3章「感覚障害に対するリハビリテーション」の内容で後半戦が始まります。 ちょうどサッカーW杯予選をやっていたので,前半・後半の2部構成にしました。 ということで、 感覚を考える上で、まずは上下肢の機能的目的から考えてみましょう。 そもそも感覚障害は自然に回復するものなのでしょうか? 確認してみましょう。 では、誰もが考え . . . 本文を読む

「感覚障害に対するリハビリテーション戦略を考える」前半戦

2017年06月16日 | リハ科勉強会
久しぶりにリハ科勉強会シリーズから昔の資料を引っ張りだしてきました。 発表日を確認すると2015年8月6日でした。 今回は、この勉強会からブログ記事転載します。 ただ…例によって長いんです。全67スライド。 もちろん全て掲載するつもりはないですが、前半と後半に分けます。 この記事はその前半部分になります。 *「著作権保護!」でブロックしている画像やイラストは、私のではなく、原典の保護のためです。 . . . 本文を読む

「風が吹けば桶屋が儲かる」 〜第54回日本リハビリテーション医学会学術集会見聞録〜

2017年06月14日 | 臨床雑記
6月8日〜10日岡山で開催された第54回日本リハビリテーション医学会学術集会に参加してきました。 近年の特徴として、関連職種の発表も可能となったために演題数は多くなっています。 教育講演やシンポジウムなどの企画も充実しています。 それに伴ってQuantity(量)は増えてきているもののQuality(質)については個人的には「?」のつく、違和感を感じるような演題も・・・ 違和感のその一は、発表の . . . 本文を読む

新人研修会に参加してきました「国立病院機構関信グループ新人研修」

2017年06月06日 | 活動報告
こんにちは。 5月24日(水)から26日(金)までの3日間、国立病院機構関東信越グループの新人研修会に行ってきましたので報告します。 今回の研修会では関東信越グループである39施設12職種249名が集まっての研修会となりました。 普段は白衣を着ている同期もスーツだと新鮮な感じが得られました。 研修は、①国立病院等の役割、②労務管理関係、③各職種先輩方からの提言、④接遇研修、⑤グループワークが主な . . . 本文を読む