体が喜ぶ食べ方 ‐食養生‐

12日の夜はNPO E-OJISANのオフ会
「体が喜ぶ食べ方」
セミナーと雑穀薬膳料理の試食パーティ
27人の老若男女が集まった

竹下通りのピンクのダイソーを見ながらセミナー会場へ



今回は食養生の先生でエステティシャン
三島でエステサロンの株式会社WAKOを経営されている
和田先生の講義と雑穀の薬膳料理を楽しもうというもの

薬膳料理といっても何の違和感もない手巻き寿司



世の中にはこれは良い
あれを食べなきゃという食物は沢山あるが
何を食べるかではなく、消化・吸収が大切で
流し込むような食事では意味がない
よく咀嚼して最初の消化液である
唾液を十分に働かせることが重要で
例えば、玄米を炊いたご飯は300回噛んで
その栄養分をフルに活用できるようになるとか

肌荒れしやすいとか、揚げものが好きだとか
12項目、各5個の設問にこたえ
その結果から、現在の体調を整えるため
12種類の雑穀を調合して参加者に一人一人に頂いた

雑穀は純国産が10%程度で90%が輸入品
国内で袋詰めすれば「国産」という表示になるので
産地証明がとれるような品物を選ばないと意味がないとか

色々、なるほどと思わせるお話しを聴いた後は
パーティタイム!





酢飯にも玉子焼きにも雑穀が入っている
美味しい日本酒と参加者の方々との楽しいお話しが潤滑油



〆はいつものE-OJISANの蕎麦打ち会の手打ち蕎麦
北海道産の新蕎麦をうったとかで香りが良い



4時間ほどいて帰り道
池上本門寺の万灯お練りを観にいった



いつもながら大勢の人出で
鉦や笛、太鼓に纏を振る若者の勇壮な動き
万灯が夜道に映える



酔いもまわっているので30分程いて退散
楽しい一日だった

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 1年のブランク 体育の日と君が代 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。