新橋の夜は極まった!

27日の金曜日はNPO E-OJISAN
「新橋の夜を極める 第24弾」
さて、1軒目
ここだけは予約をしていく

今回は「酒の魚 和海」

魚金より良いという評判
聞けば、魚金の従業員が独立して開業したとか
メニューも何やら魚金的
でも、刺身10点盛り1,980円も
魚金より美しい!



色々、お得なメニューがあって
今度、使おうというのが参加者の意見
おまけに、何と! 
芋焼酎の八幡が4合3,300円!
水や氷はただ!
「どちらもタダみたいなものですから」という
イケメンの兄さんの言葉が妙に新鮮!

3品目の注文は次に集中
岩牡蠣380円
鮎の塩焼き380円



お腹は満たされていないが
脳の満足中枢はほぼ最高!
ここで、1人3,000円弱

2軒目は俺のイタリアンを覗いたが
小一時間待ち
おりから「こいち祭り」が真っ盛り!



最初は2軒目は祭りの屋台と思っていたが
座るところがないし
立つにしても料理と酒を置けない、持てない…

それで、大阪を売りにする串かつの店



「串かつでんがな」に闖入
丁度、6人のテーブルが空いた
空腹もあって?次から次に注文
「ここで、5,000円がパンクする~!」
久しぶりの紅ショウガ揚げが旨い!





勘定をしてみると1人800円が残った!
最後は禁断のラーメン「北斗」
ビールを2本頼んで分けっこ
昭和味噌ラーメン550円也を全員が注文
おろしにんにくを少し入れて…
「う~ん」
「旨い!」
「う~ん」
一心に食べている両隣から声が漏れてくる…


           (↑ 右下の写真は次回に行くぞ!と心に決めた店 ↑)

いやぁ、みんな満足していただけたようで
代位満足!
勿論、1人5,000円の目標は達成できました!

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 羅漢果 大阪の夜は? »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。