くるみと共に新橋の夜を極めたり

集まったのは4名
傘寿の方とアラシー?

NPO E-OJISANのオフ会
新橋の夜を極める 第24弾
一晩で3軒はしごして5,000円
究極の目標を目指して
男たちが集まる

一軒目が肝心
ここで、殆ど目標達成かどうかが決まる

「花懐道」



一流懐石料理店の板前さんが出した店
一品400円に黒霧島が1杯200円!
この強烈なお値段が決め手

この日は
煮穴子、冷やしトマト、鱧の湯引き、タコのやわらか煮





めごち、穴子、きすの天ぷら、こしあぶらの味噌和え



焼き五三竹、方々の南蛮漬け等々



旨い、旨い、旨い!

そして、予期せぬことが…
サービスですと穴子飯のおにぎりに味噌汁!!



1軒目では2,650円/人
合格だが、3軒目に〆の麺類と思っていたが
おにぎりで結構、満腹
2軒で切り上げるか?!という話もあったが

2軒目「一味 玲玲」
餃子の店
「にんじん」(焼き)、「ホタテ」(蒸し)「海老」(水)「トマト」(焼き)





焼き・蒸し・水の組合せは不正確かも?



でも、前回に続きにんじんが無し
キャベツを注文したが、来たのはホタテ
紹興酒一本で1,650円也

残金は700円…
「立ち飲みしかないな!」
立ち飲みを中心に探して
空いている店がやっと1軒
なんと読むのだろう…

a67e22.jpg

ワイン1杯とフライドポテト



この日の話題は
宝くじの買い方
老人お見合いクラブ
老人マーシャンクラ等々
傘寿の方が独占
中でもくるみとピーナッツが後を引いた
どうも、くるみは男性の救世主とかで
傘寿の方がえらく気に入り
冷やかしたり、おだてたり
さて、どんな結果とあいなりますか??

結果は何と!何と!
3軒で4,930円!!
達成感に浸りながら新橋駅前でお別れ

また、7月にくるみの報告会を兼ねて
新橋の夜を極めましょう!

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 馬車道から ♪... おたる »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。