美味しいワインを楽しむ会

先週の土曜日に開催されたNPO E-OJISANのオフ会
「美味しいワインを楽しむ会」は39名の参加者を得て大盛況
今回は中央・東欧のワインに焦点を絞って
用意したワインは6種類28本(うち、1Lボトルが4本)




1.Stekar社のRebula Malvazija Jakoto 2014 スロベニア
2.Chapel Hill社のRhine Riesling/Sauvignon Blanc 2013 ハンガリー
3.Weinrieder社のGruner Veltliner Schniderberg 2015 オーストリア


4.Stekar社のMerlot/Cabernet Sauvignon 2014 スロベニア
5.Chapel Hill社のPinot Noir 2014 ハンガリー
6.Iby社のBlaufrankisch Classic 2015 オーストリア
(オーストリアの2社はそれぞれ白ワインと赤ワインの専業)



葡萄の種類は
1.リボッラ 40% マルヴァジーア 30% ヤコット(トカイ)30%
2.ライン・リースリング 60% ソーヴィニョン・ブラン 40%
3.グリューナー・フェルトリーナ 100%
4.メルロ 80% カベルネ・ソーヴィニョン 20%
5.ピノ・ノワール 100%
6.ブラウフランキッシュ 100%



お値段は1・3・4・6が3,000円前後、2・5が1,600円

ワインの発祥はジョージア(グルジア)やアルメニアなどの
トランスコーカサスの地と言われており
今回のワインはその少し西の国々だが
小さな醸造所を抽出したとのことで日本への輸入は僅かなものが多い
この日の講師、ソムリエの小林氏によると味もフランスなどとはひけをとらないとのこと

個人的にはピノ・ノワールが好きなのだが
メルロ・カベルネの連合軍の方が美味しかったかな?

ワインに合うお料理ということで
有機・無農薬・減塩にこだわったものを
「素彩屋」が7品用意してくれた
1品目は食前のフルーツとして愛媛の有機みかん…甘~い!



次にあっぱれセロリとりんごのポタージュ…セロリの香りとりんごの甘さが絶妙



3品目は雪わり茸の冷製パスタ風 大根おろしのマリネ



雪わり茸はエノキの原種のような褐色で長く、歯ごたえは固めの麺



次の紫キャベツのアジアン風サラダは餃子の皮のパリパリ感と
コリアンダーの香りで美味しくいただけました



鶏胸肉と魚のプロシェットは2度づけ禁止の
カシューナッツと胡麻のディップで食べた



鶏は密封袋にいれて低温でお風呂にはいる調理法だから
ジューシーで歯ごたえと鶏の味の濃さが残っていた

6品目はキヌアと黒米のリゾット



烏賊墨のソース、68℃で3時間乾燥させた根菜と共に
黒米がモチモチしていて、最初は少しと言っていたワガ友さんがお代わりしたほど

最後が舞茸とサーモンとポワローのグルテンフリーのパスタ
里芋のクリームソース風



どれもみんなワインに合って好評だった
パンチを出すために黒米にディップをつけて食べたのはナイショ?

5-6品目からワインは底をつき、ビールと日本酒の登場







みんなでわいわいと楽しみの連鎖がおこって無事お開き



飲むのを自重しようと思っていたが
忘れ物をするなど、やっぱり酔っていたなぁ~!

♪♪♪
ワインの豆知識
用意した6種のワインは全てスクリュートップ
開栓の仕方はボトルの首の金属箔?の部分を親指と人差し指でギュッと握り
手ではなく、ボトルをねじると、あらら、簡単に開いた

by よしの ふくすけ 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 庭園美術館 ... 淡路島のカレー »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。