美味しい日本酒を楽しんだ!

5月30日(土)にNPO E-OJISANのオフ会
「美味しい日本酒を楽しむ会」が開催された
社長業のかたわら日本酒好きが高じて
利き酒師の免状をとって
日々、日本酒を研究しておられる池上哲二氏が講師

最初の一時間は座学と試飲



日本酒の歴史、様々な米・麹・酵母・杜氏が醸す味わいの違い
そして、どのように日本酒を選び、どのように飲むかを学んだ

小生は裏方として働いて?いたので
殆ど講義が聞けていない
内容の一端を紹介できないが
ところどころ耳に挟んだのは

「温度で味が刻々と変化する」
「少しずつ飲んで、水も少しずつ」
「違う酒を同じ器で飲まない」
当たり前と言えば当たり前だが、普段、出来ているかなぁ~?

利き酒をするのはほんの少量
我々のようにその少量の日本酒を飲んでしまうとき
次の酒に行く前に豆腐を一口食べると
前のお酒の味が消えてしまうという



実際、やってみたが「なるほど!」
(参加者全員36個の豆腐が1ブランドで揃わなかった)

試飲して、その後、飲んだお酒は
香露(純米吟醸) 熊本市(熊本)
桜正宗(焼稀) 神戸市(兵庫)
幻(純米大吟醸) 竹原市(広島)
開運(純米 生無濾過) 掛川市(静岡)
新政No.6R(生酒) 秋田市(秋田)
農口(山廃純米吟醸)無濾過生原酒 能美市(石川)



十四代 中取り(純米) 村山市(山形)
天吹(純米吟醸) 三養基郡(佐賀)
黒牛(純米) 海南市(和歌山)
仙禽 クラシック 亀ノ尾 さくら市(栃木)
阿櫻(特別純米) 横手市(岩手)
獺祭 三割九分(純米吟醸) 岩国市(山口)



【番外】
相模灘(純米吟醸) 相模原市(神奈川)
越後武士(46度) 魚沼市(新潟)
越後武士ナポレオン(43度) 魚沼市(新潟)



参加の人気は十四代と幻
小生は初めて飲む農口が印象に残った



おつまみは関係者が経営している
「自然」と「健康」に徹底したお弁当屋からのケータリング



本当に優くて美味しいものでしたが、もう少し食べたいな!



和気藹藹、飲んで喋って食べて飲む
楽しい時間はあっという間

〆は蕎麦打ち会の女性が打った蕎麦
その頃にはいつものように酔払っていた

 by よしの ふくすけ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 日洋展 一粒300メートル »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。