「件」で日本酒

某日、2-3年振りくらいに学芸大の「件」(くだん)に出かけた
板長(オーナー?)以外の店員は変わってしまっていた
店内の照明は相変わらず暗いが、それでも少し明るくなったかな?

ここの名物はおでんだが後回しにして鮮魚から

お通しは大粒の牡蠣フライ…何かそぐわない気がするけどぉ…



お刺身を少しずつ盛合わせて欲しいと注文



春だなぁ~と思わせる飾りつけ…花壇の中にいるみたい!
ヤリイカやホウボウなど最近ご無沙汰のものも美味しく
それを引き立てる日本酒が素晴らしい
一体、何種類飲んだのか…飲み友のも一口ずつなめているから



而今 純米吟醸 酒未来無濾過生(三重)
蒼空 純米 美山錦(京都)
まず白身に合いそうなものを選んだ

野菜から菜の花のお浸し(だったかな?)と初物の水茄子





次は小生が綿屋 特別純米(宮城)



飲み友は、小生の一杯目の而今



今が旬のホワイトアスパラ焼きと



きのこと野菜の温サラダがお相手



お酒は長珍 備前雄町7-65 純米生原酒(愛知)



そして飲み友は蒼空をリピート



じゃこ天を頼んだら分厚~いのがやってきた…ありです!

つぎは超王禄 純米(島根)と根知男山 純米吟醸(新潟)





きびなご焼きを頼んで、ここでお腹がいっぱい!



つまみというより、お酒で満たされた感じで
名物のおでんはパスせざるを得なかった

いつもながらお酒も肴も美味しくて大満足でした

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 翌日も新橋 春の散歩 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。