女と男のルネッサンス 2回目

24日はE-OJISANの本格中華を作ってみようの2回目

1回目の様子はこちら ↓↓
http://blog.goo.ne.jp/e-ojisan-org/e/22dca7eb1a04e241fac33e64e18d055f

この日は3人のみの参加でちょっと淋しいが
作る量は先生を含めて4人前なので
いつもの7-8人前と違って
素材の量や調理などに現実味がある

「煎肉餅」の材料はこんなもの



細めのモヤシは水がでないように片栗粉をまぶすのが秘訣



もう1つのコツは肉と混ぜて練るときに力任せではなく
ボールの中で下から上に折り曲げるようにして「水」の出を防ぐ

「涼拌海蜇」は細切りにした野菜とクラゲの和え物



和える「激辛」の「辣椒醤」が主役?
食べると唇がタラコになってしまいそう



瓶の蓋の赤い馬は激辛に顔を赤らめたのかな?
コツは酢を少しいれて辛さを和らげ
混ぜるときに手を使わず箸を使うことかな?

「魚香海瓜子飯」はご飯にかけて食べるので
最初に上の2品で美味しいお酒と
楽しいおしゃべりに酔い始めたころに席を立って作る



その材料はこんなもの



スープ(水でも可)でアサリを茹でて殻から出して
火の通りにくいものからニンニク・ショウガをきかせたアサリスープに投入して調理していく



中華鍋のなかは回る、回る、回る…で、出来上がり



ここでもスープを入れる前に豆板醤を炒め入れるが
クラゲが激辛なので辛味は感じない?!



手が足りなさそうだったので先生が「切る」お手伝い
ニンニクとショウガの超みじん切りをやって頂いたからか
8時過ぎには試食+飲み会が始まり
9時20分ころにはお片付け開始

残った料理をそれぞれが持ち帰って
次の日のおかずの足しになったのかな?



持ち帰り用のヨーグルト容器を補充しなきゃ!

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ある日の夕ご飯 帰宅の前に… »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。