幻の焼酎で盛り上がった焼酎研究会

第59回の焼酎研究会が19日に開催された
参加者は少々少ない7名
まあ、忘年会のシーズンだから仕方ないかな
男性5名、若手の女性2名はどの顔も元気そう
みんなこの会の特長でもある珍談、漫談を楽しみにしている



参加者の1人が幻に近い芋焼酎「一どん」を持ちこんだ
(杜氏の里笠沙 白・黄麹 アルコール25%)



一升徳利型?の瓶が特徴だが
スペースを取るため飲み屋泣かせかもしれない

彼も夫婦2人で往復はがきを毎月出して
15回目(1年強)でやっと当ったとのこと

彼のアドバイス通り少しストレートで
「わぁ~っ!」
そんな声があちこちで



「なめらか」「さわやか」「スムース」「芋焼酎ではない」
ともかく、飲みやすいし香りも優しいが
芋焼酎好きには物足りないかも知れない
「ロックにしたら芋だ!」という声があがって
みんな氷を入れ始める
確かに、ロックにしたら芋を感じる

次が「安田」(国分酒造、芋・芋麹黒 アルコール26%)



百年昔の芋、弦無源氏を育てて仕込んだもの
香りは芋麹独特のものだが
甘味があって、これもスムース



この日の話題のひとつは「一人暮らし」
テレビに話しかけるが、つっこめるがぼけが返ってこない
やっぱり、1日10人以上と話さないとね!



ロッテの成瀬がFA宣言
ヤクルトが触手を伸ばしたが代わりの良い選手がリストにない
怒った?ロッテがツバクローを指名しているとかいないとか



千葉に行ったら「チバクロー」だねで全員爆笑!

麹の話をしていたら「母に麹で袋小路だ」でまた爆笑





ともかく色々な面白話が飛び交って
笑いに笑ってまた、長生きができそう!

3本目は麦焼酎
八丈島から「麦冠 情け嶋」(八丈興発、麦・麦麹 25%)



香ばしいが香りが強烈すぎるという意見もでたが
ほのかな甘さが特徴?

〆の鶏飯とお持たせのお漬物を食べ





やっぱり、芋だね!というのがこの日の結論

残った「一どん」はこの日の会場である
浅草の「○吉八」さんに寄付をして10時に解散となりました

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 昨日の昼ごはん 焼鳥屋さんの... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。