観劇 感激

昨日は新橋演舞場へ「七月名作喜劇公演」を観に(笑いに)出かけた



その前にデパートで、お祝い返しを送って
デパ地下でお弁当を、劇場横の自販機でお茶を買って入場

1階の最後列だが花道の脇…花道に近い席は初めて



波乃久里子と市村萬次郎の「お江戸みやげ」
お酒を飲むと気が大きくなる波乃久里子演じる行商人のお辻が
人気役者に惚れてしまったことから起こる
あり得ないような、でも、心温まる人情話…勿論、大いに笑うところもあちこち

4時開演で「お江戸みやげ」が終わったのが5時過ぎ
35分の休憩でさて、どうする?
次の休憩時間を聞いたら6時20分頃から20分間という
ならば、5時から夕食にするかとお弁当を広げた
味は濃いめだが、豆腐バーグや野菜たっぷりでヘルシー!



次の舞台は浅野ゆう子主演の「紺屋と高尾」
大阪の紺屋の職人、久蔵(喜多村緑郎)が
花魁道中で見た吉原の高尾太夫に一目ぼれ
店に戻っても仕事に手がつかず…恋煩いで寝込んでしまう
店主が理由を聞きだし1年必死に働けば25両やると粋なはからい
そして今まで貯めた25両とあわせて50両をもって吉原へ行く
純愛と人情…笑いの内に幕が下りた



艶やか・華やかな花魁道中で花道を歩く浅野ゆう子の高尾太夫を
バッチリ間近で見られて大感激!
顔が小さく、スタイルが良い! 素敵な女優さんでした
ただ、近いがゆえに細かいところまで見えすぎたなぁ~

飲み残したお茶を持ち帰るために
紙袋に入れようと2度目の幕間に甘味を買った



「銀座 清月堂」の小さめのどら焼き



中に栗が入ってました



とても上品な甘さで美味しかったです
ハイボールともよく合いました?!

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 炭酸ガス爆発? 74回 焼酎研究会 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。