春の本格中華はいかが?

4月2日はNPO E-OJISANの女と男のルネッサンス
本格中華料理を作ってみようの第42弾
途中、先生の都合で半年以上お休みがあったが
それでも既に8年目に入っている



手抜きのない食材・調味料を使い
基本に忠実な調理を常に心がけている
一度、「本物」を体験すれば、後は食材を変えたり
自由にアレンジをしていける、という狙い

というわけで、超はつかないが高級食材を使って
男性が食べてもお腹は十分満足させられる量を常に提供している
絶対額としての5,000円は高いと感じられるかも知れませんが
一度、参加したら得をしたようにも感じるから不思議

前置きが長くなったが、4月の料理は次の3品

☆蝦仁炒鮮筍
  春の筍とエビの炒め物・香りが違います



  いつものことながら殻つき有頭海老を使います
  筍、赤パプリカ、菜の花、黄ニラで彩りを考えて



  下ごしらえをした海老等とスープや合わせ調味料を加えて炒めます
  ご想像の通りの春の味で脳内にドーパミンが湧き出ます

☆油淋鶏
  パリッと揚げた鶏肉の唐揚げ・甘酢ソース



  この教室の恐怖の微塵切りが必要です
  生姜、パセリ、大葉、ネギ…小生は生姜担当
  上手く通過!



  鶏腿肉は観音開きにして厚さを揃えて調味料と混ぜ
  仕上げに片栗粉と小麦粉を混ぜて油に泳がせます



☆拌海蜇花
  クラゲの頭の和え物

  クラゲの頭ってわかります?
  「傘」の部分を想像してましたが実は「傘」の口腕部
  馴染みのあるクラゲは傘の部分を適当な幅・長さに切ってある



  「傘」の部分よりコリコリして美味しいが値段は安い
  歯が丈夫なうちに是非召し上がれ!



  塩出しに時間がかかって、先」生は7-10日程かけているとか
  味付けは塩と蠣油と胡麻油であっさりと
  これで、ビールが進む君です

霧雨が降る中を桜見物をしながらブラブラと
いつものように美味しくも夢のような時が流れました

次回は16日(水)に同じメニューで開催します
まだ、定員に余裕がありますのでお申し込みはお早めに!

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 霊岸島 春、ど~んと... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。