ライアー&ギターセラピー☆ 私の音に会いにきてください。音はあなたの記憶。あなたの魂。ほんとうのあなたの音に出会います

ライアーとギターの音色で、光の存在たちからの愛のメッセージをお届けします。自分の音を紡ぎだすよろこびをサポーとします

なぜ、テーブルセラピストを?

2016年08月03日 | はじめての方へ

こんにちは。

 

 

時間簿を考案した時間デザインナーのあらかわ菜美です。

このブログは長く放置状態にしていましたが、読者もいてくださるので、古い記事も残したまま

ライアー&ギターセラピー」としてスタートします。

時間穂の私がセラピストになつたいきさつは、
テーブルをきれいにするだけで幸運がやってくるのブログの
ライトワーカーとしてのところに書きました。

時間簿と共に約13年歩んできましたが、人生の後半になって、ほんとうの自分のやりたいこと、それは音だと知り魂がよろこぶことをすることにしました。

 

時間簿を考案したのが1999年です。全国的に話題になり、図書館などにも私の著書が置いてあるので、ああ、あらかわ菜美を知っているという方もいらっしゃるかもしれません。

これまでの間、講演や雑誌などで時間のアドバイスをしてきました。時間は整理と片づけと密接な関係があることがわかり、整理、片づけの本も出してきました。

 

私の新刊ですが、「モノを持たなければ、お金は貯まる」(wave出版)があります。

この本は、実は「モノのために家賃を払うな!」(wave出版)をビジネス版にしたものです。

時間簿は「子育てママの時間のつくり方」(PHP研究所)からスタートして、現時点で「モノのために家賃を払うな!」「モノを持たなければお金は貯まる」です。

 

時間は見えない、モノは見える。

この二つは時間簿のコンセプトとなっていました。

世の中はだんしゃりブームに乗ってモノの処分に意識が向きはじめました。そして、整理収納アドバイザーが出現し、普通の家庭の主婦が収納アドバイザーになりビジネスにしています。

さて、私が言いたいことはここからなんです。

 

世の中のスピードについていけない・・・・ほとんどの人たちがそのように思っていると思います。それで、時間デザイナーの養成も考えましたが、まだ、無理かな・・・と。

世の中ってモノが動いておカネも動いているわけだから、モノが世の中を支配するのは仕方がないと思うのです。サービスも家電もITももっと早く、もっと早くを競争して商品を作りつづけていくわけで、私たちはそうした商品を使わされるわけです。

近年、時短〇〇のグッズもいろいろ出ているようですが、実は時短というキーワードは、私が「これでラクになるキッチン時短術」(リヨン社)を出した後から、時短、という単語が雑詩などで使われるようになったのです。

 

いっとき、ゼロということばが流行りました。

私の著書にもゼロをつかった本があります。
「残業をゼロにするビジネス時間簿」(祥伝社)、
「残業ゼロで夢を叶える時間革命」(PHP研究所)

 ゼロに限りなく近づこうとしているわたけです。

 

前置きが長くなりましたが、モノから時間を意識する時代がやってきます。

今は時代のニーズに反映して、整理・収納アドバイザーはたくさんいますし、整理。収納のノウハウがありますが、ところが、時間のアドバイスはモノの整理収納と違うのです。。

ビジネスマンの効率アップの時間術の本は山ほどありますが、生活時間はどれだけのケーススタディをみて実践してきたかなんですね。家庭環境って、みんなちがうでしよう。夫の職業も性格もいろいろ、子どもが幼児、小学生、おとなしい子・・・活発な子・・・、親と同居または親が近くに住んでいる・・・・・これだけで、生活時間の悩みが全然違ってくるわけです。

 

ということは、今、時間デザイナーの養成に力を入れるより、

「テーブルをきれいにするだけで幸運がやってくる! 」(マキノ出版)、こっちが早いと思ったのです。

 

 

 この他にテーブルの本は数冊あります。
「たった一つのテーブルで夫婦仲が10倍うまくいく」(コスモトウーワン)

 テーブルには神秘的な不思議な力があることを知ったのです。

紫式部もテーブルで「源氏物語」を書いたし、「最後の審判」の絵もテーブルだし、「世界平和条約」を結んだのもテープですからね。

テーブルをきれいにするだけ・・・。
シンプルで片づけができなくてもすぐに結果が出せて、愛のある生活を演出できます。


たかがテーブル、されどテーブル・・・・奥が深いのです。

テーブルはパワースポットです。願を取り込む場所です。(カバラのタロットカード一番)

というわけで、「テーブルセラピスト」養成をオープンしました。

よろしくお願いいたします。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加