ライアー&ギターセラピー☆ 私の音に会いにきてください。音はあなたの記憶。あなたの魂。ほんとうのあなたの音に出会います

ライアーとギターの音色で、光の存在たちからの愛のメッセージをお届けします。自分の音を紡ぎだすよろこびをサポーとします

指がリンクする

2012年03月30日 | ブログ

昨日、「手はリンクする」を書きましたが、

そういえば、握手って、あれは、手と手がリンクしているんですね。

た゜いぷ前に、ETとか映画が話題になりましたが、

あれも、未知との遭遇に、手と手? 指と指? をリンクしてましたね。

そういえば、子どもの頃、指切りゲンマ、とかいうのをやりましたが、あたなはどうですか?

ウソついたら針千本のーます。

指切りも指と指がリンクするんですね。

ところで、今の子たちは、指切りをするんでしょうかね?

針千本のーますって、みたことないですね。

メールで約束しているんですもんね。

指、手は、人は人をつなぐ大事な役目をもっているんですね。

もしかして、人間どうしの、愛を現す手段かもしれない。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手がリンクする

2012年03月29日 | ブログ

昨日、電車に乗ったら、子どもを乗せたベビーカーのハンドルを、母親が右手て握って座っていました。

ハンドルの両端に荷物をいっぱいぶら下がっている。

わたしはこのときに、愛は形で現すことができないというけれど、

わが子の乗ったベビーカーをしっかり握った母親の右手が愛だと・・・・。

母親の姿を見なくても、ハンドルを握った手の部分だけで、

ベビーカーの中で守られている子どもの姿が想像できる。

電車を降りようとしたら、ホームで駅員さんが車イスのハンドルを握って立っていました。

ああ、ここにも愛がある。

それで、今日、ホームページのリニューアルをしながら、ちょうど、「リンク」がやたらに出てきたので、

リンクは外部とつなぐ役目だけど、

人間は外部の人やモノとリンクするときに手を使う。

もしかして、手の動作に、愛が込められているのではなないか・・・と。

道具を扱う手、赤ちゃんをあやす手、ごはんを食べる手、仕事をする手、片づける手、

あらゆるところで、わたしたちは人の、ジブの手をみることができる。

会社でどんなに偉そうなことを言っている上司も、手の動作をみたらいい。

ふと、そう、思いました。

手は外部とリンクする大切な役目。

手は黙って愛を表現する

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気はこころというけど、本当だね。

2012年03月27日 | ブログ

一か月前のこと。

わたしの愛用していたルイ・ビトンのちいさなバッグのチャックが壊れたので、ずっと使っていなかった。

使わないのももったいないし、どこかで修理と思い、近くの宝石店に入った。

こじんまりした店内にアロマの香りがいっぱいに漂い、美しい宝石がウインドーに並び、

経営者らしい若くて素敵な夫婦がいた。

男性は「ビトン専門で直したらどうかな・・・」

女性は「日数はかかるし、結構高いのよ」

男性はチャックをいじりながら「どうなっているのかな・・・」とつぶやいて、

「これでよかったら、間に合わせに・・」と、直してくださった。

「おいくら?」ときいたら、「いいですよ」と。

お礼をしなければ・・・・このことがずっと私の中にあったのです。

それで、つい、今、ささやかなクッキーを持ってあいさつに行ってきました。

ご夫婦は、とても丁寧にドアのところまで来て、深々と頭を下げてくださった。

このときに、わたしが思ったことは、

私は何も買わない、つまり客ではないわけですね、

きっと、数万円、数十万円の宝石を買うお客に対しては、当然、ドアのところまできて「ありがとうございます」と頭を下げます。

わたしはここで何が言いたいかというと

私も「ありがとうございます」と言って頭を下げる

店主もありがとうございます、と言って頭を下げる

宝石を買った客は、ありがとうございますと言って頭を下げない(一般的におカネを出した方は下げない)

店主にとってはもちろん品物を買ってくれた客は大切だ。

けれども、買わなくても、おたがいに「ありがとうございます」と頭を下げる、関係があるということ。

この一瞬の心の通い合う喜びが、わたしの中に広がったまま残っている。

お礼に持って行ったクッキーというのは、300円の品物だったけど・・・。

「気は心」というけど、ほんとうだね。

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

値段の意味

2012年03月22日 | ブログ

昨日は、「夜おいしいビールを飲む」と、朝宣言したしとおり、おいしいビールを飲みました。

このときにたまたま、テレビで、はっきりした番組名はわかりませんが「お宝鑑定」をやっていました。

ある方が、兵馬俑の鑑定を依頼されて、番組に出演していました。

20年近く? 宝物として大切に持っていたそうです。

それで、本人の推定価格は、3000万円だったか?

で、専門家による鑑定で、3万円だったわけです。かなり、ショックのように私には見えましたが。

ここで、わたしが思ったことを書きます。

20年近く、本人が3000万円の価値がある宝物と愛して大切にしてきた、

としたら、人がなんと言おうが、3000万円の価値ある宝物だったわけですね。

ところが人間と言うのは、期待した数字でないと、急に宝物に思えなくなってしまう・・・。

ちょっと話が変わりますが、

山を愛する人、音楽を愛する人、いろいろです。

山や音楽は物ではありませんね。(土地とかCDなどは別として)

つまり、山を愛する、音楽を愛する、宝物を愛する。

形のあるモノ、形のないモノ。どっちがいい、悪いではないのですが、

ここで言いたいことは、「愛するには値段がない」ということです。

もっと、ハッキリ言えば、あの世には、モノを持って行けないとよく言いますよね。

モノの値段は一体誰が決めるのか・・・・と言うことだと思います。

自分が3000万円の価値ある宝物だ思って愛したら、やっぱり本物の愛だと思います。

だいぶ前に、瀬戸内寂聴さんが、紙をねじって指輪にすれば宝石のついた指輪と同じですよ、というようなことを

言われたのを思い出しました。

 モノには値段があるけれど、無形の愛には値段がつけられない、ということだと思います。

わたしの話になりますが、講演で必ず話すことがあります、

自分の子どもは世界一の宝物

自分も世界一の宝物

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こころががんばる

2012年03月22日 | ブログ

サイトのリニューアルに取り掛かってから、かれこれ一か月近くたっているとといます。

がんばっているわりには、順調に進んでいるわけではありません。

成果としては、恐れずに解凍したり、ダウンロードしたり、インストールしたり、パソコンの中のプログラムをのぞいたり

かなり、度胸のいることをやってきました。

からだと頭を使ってがんばることはできるものです。

へとへとになるまでできるものです。

でも、今朝、思ったことは「こころががんばる」についてです。

**

ゆうべお風呂から上がってから、わたしが毎晩晩酌している唯一の楽しみのビールが冷蔵庫にありませんでした。

コンビニに走って買ってきました。(ビールが冷蔵庫にないということはかってないことでした)

昨日はとくにパソコンにへばりついて、合間、合間食事、買い物、家事などを、ちゃかちゃかこなし、

今朝はビルダーのサポートセンターに電話して何度もかけなおす、

一方で洗濯機が終わりましたよの合図を鳴らす、ベランダの花が水をほしがってしおれている。

電気がまを開ければ、わたし一人分のごはん。

サポートセンターに電話しながらごはんを食べる

こんなに忙しい思いをしているのに夫はどこに行った・・・・きっと、おなかをへらして帰ってくるでしょう。

息子はまもなく起きてくるでしょう。

イライラと不満でいっぱいになりましたが・・・・

ああ、わたしのこころががんばっていない。

こころががんばるってことは、不満を持たない、感謝することだと思いました。

わたしはすぐ、気持ちを切り替えて、

電気がまにへばりついたごはんつぶをひとつひとつ食べながら

米たちも新潟の雨風のなか、農家の人たちの愛情で育てられて、わたしのところにやってきた。

おいしい、ありがとう・・・。

わたしのこころはがんばる

今日もいい一日だった、と夜、幸せなビールを飲みます。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宣言する! !

2012年03月16日 | ブログ

「宣言する」について書きます。

夫が寝る前に「イビキと過呼吸をしない」と宣言するようになってから、

ほぼ、症状がなくなった、と書いてきました。

それで、今朝も夫に「ゆうべ、イビキしてなかったよ」と言ったら、

「ほとんど寝てないんだよ」と言うのです。

え?

「ここんとこ、ずっと寝れないんだ」と夫。

「宣言してから? 」

「イビキをしてはいけないと思ってかえって寝れなくなった」

わたしはガツカリしました。

それで、つい二日前だったか、地震でグラグラ揺れたときに、私と夫は玄関のドアを開けて柱にしがみついていました。

「落ち着いて、私には地震はこない、と宣言して」と夫に言いました。

それで、今朝、夫は

「地震がこないと宣言したら地震が来ないのか、学者や専門家が地震が来ると発表しているんだよ」

あ、そう。と言ってわたしは話しました。

「たとえば、このマンションに泥棒が入ってくると、住民全員が思っていたら泥棒が入ってくるでしょう。

私のように泥棒は入らないと宣言する人が何分の一かいたら、泥棒は入ってこないでしょう。

(一人のエネルギーは1000人を変えるそうです)

一人が街を変えることもできます。

かって私は花の美化運動をしているときに、タバコの吸い殻や犬のフンがしてあるところに、花のプランターをひとつ置いたら、

誰も汚す人がいなくなりました。NHKの近所の困りごとかなんかの番組でも同じようなことをやっていました。ニューヨークの地下鉄の落書きも有名な話です。

それで夫は「学者もみんな地震はこないと宣言したら地震はこないというのか」

「学者はどのように思うか人のことはいいの。自分がどのように思うか」

世の中にはろいろな人がいます。

バランスだろうと思うのです。

もし、わたしが夫だっら、「よかった、イビキがすこし減って、今夜も宣言しよう、イビキと過呼吸をしない、って。

よかった、また、少し、減ったみたいで、また、今夜も寝る前に宣言しよう」と、宣言し続けていきます。

スポーツ選手は試合の前に、勝利を宣言します。けれども、負けることもあります。

それでも、次の試合に熱く勝利を宣言します。

とにかく、夫のイビキがなくなったと喜んでいた私は、がっかりしました。

「宣言て利くな~」と言っていたのは、ウソだったわけです。

夫はからだのあっちが痛い、こっが痛いと年がら年じゅう言っているけど、きっと、この頑固さだろうとそんな気がします。

地震は必ず来ると宣言する夫。地震はわたしには来ないと宣言する妻。

宣言する」のは自分ですから、夫の宣言にとやかく言う必要もないわけです。

でも、ハッキリ言って、がっかりしました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神との対話

2012年03月15日 | ブログ

昨日、アマゾンから「神との対話」が届きました。

(わたしの尊敬する、野口けんぞうさん「意識の宇宙のアリス」の著者が推薦しているので購入しました。)

ここしばらくパソコンに顔をうずめている私ですが、「神との」対話」を読んで小休止しました。

いいことばだな~と思ったところがたくさんありますが、三つ紹介します。

 ---●1  「間違ったいたことではなく、本当の自分ではない」

たとえば、私たちは、ああ、これは間違っていると、自分や他人を責めることがありますね。

でも、そうじゃない。

本当の自分は?

愛すること、許すことができる。

もともとも人間は神の子、神なのです。愛そのものです。

ーーーーー●2 「悪はない。悪と読んでいる自分がいる」

あの人は悪い人だと決めつけているのは自分であって、宇宙には悪は存在しない、ということです。

わたしの友人でスピリュアルを仕事にしている人がいますが、

「悪が存在しないとは?  世の中は悪でいっぱいじゃない?」と聞いたら、

「赤ちゃんはあの人は悪だ、あの人は悪い人だと思わない」と言いました。

赤ちゃんの魂は純粋です。だんだん成長していくにつれ、観念や習慣が叩き込まれていくわけです。

ーーー●3 「神を思い出すために苦しみの体験をする」

私たちはもともとは神であったんだよ、さあ、思い出そう・・・、ということなのです。

最近はこのようなスピリチュアルの本が増えています。

野口けんぞうさんも霊性の夜明けのサイト(http://members.jcom.home.ne.jp/dawn-watcher/99_blank008.html

以下のことを言っています。

人類は長い間、何十万年も、何百万年も、そのことを忘れて、
物質世界だけに生きてきました。けれども、いま、人類が本来の姿を思い出すときが来ています」

※「神との対話」(サンマーク出版 1800円)をアマゾンで100円で購入しました。

昨日、「宣言する」について書きましたが、

夫は、「イピキをかいて過呼吸するのはほんとうの自分でない」と宣言して以来、

ほんの少しグーグとちいさなイビキを10回するくらで、ほとんど止まりました。

考えてみたら、イビキをするのは肉体であって、魂は病気もしないと言いますからね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宣言する

2012年03月14日 | ブログ

パソコンのソースをいじていると、やたらに出てくるのが、

「HTMLであることを宣言する」といった「宣言する」が出てくる。

そういえば、バシャールの本にも、野口けんぞうさんのメールにも、「宣言する」が出てきた。

一般的には「仕事がうまくいくように」「お金が入りますように」「彼とうまくいきますように」と祈る。

これは今はあまりうまくいってない・・・、ということだから、うまくいかない現実をつくる。

現実というのは意識の現れである、から、うまくいきますようには他力であるわけですね。

となると、「宣言する」は意識が強ってわけです。

それで、わたしは夢をよくみるんですが、たのしい夢も多いけど、怖くて悲しい夢をみたりするので

寝る前に「怖い夢はみない。たのしい夢を見る」と宣言しているんです。

不思議なことに怖い夢を今のところみなくなりました。

それで、夫ですが、いびきと過呼吸でグアーグアーと声を出して、そのうち、フーー・・・・・・息が止まって、

しばらくして、息を吹き返してウッウッとなるわけです。

聞いている方はこ恐ろしくなるときがあります。

それで、夫に、「いびきと過呼吸をしない」と宣言したらと言ったら、

「そうか、宣言する」と言ったその夜から、ほとんど、びきと過呼吸をしないのです。

さて、今日のわたしの宣言は、

最後だと思って生きる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「元に戻す」はどこに行った・・・

2012年03月12日 | ブログ

ビルダー16が届きました。

だからといって、すぐ使えるわけではありません。

操作に慣れるのに、あっちをいじり、こっちをいじりしています。

ところがメニューバーに「元に戻す」のマークがないのです。

編集の途中に「元に戻す」があるから、何回も失敗を重ねても懲りずにやれたのです。

この「元に戻す」がないと、ctri+zでできますが、使い慣れていないとだめです。

「元に戻す」は初心者マークだからといって、メニューバーから外すことはないだろう・・・と

ぶつぶつ言いながら今朝からかかりっきりです。

本題のサイトのリニューアルにとりかかるのに、しばらく時間がかかりそうです。

トホホホ・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢~木の葉のテレパシー

2012年03月08日 | ブログ

夕べも、夢をみました。(わたしはよく夢をみる方です)

夢のシーン。(人の夢など聞いたってしょうがないと思いますが、日記につけているので、せっかくだからブログで使用します。

興味のない方は閉じてください)

水色は夢のシーン・・・・・。

 鎌倉に行って、ふと、「木の葉のテレパシーの本があるかもしれない・・・。と思って近くの公民館のようなところに入りました。

 そうだ、友だちのFさん(鎌倉を一緒に訪れたことのある)に電話しようと思って、公民館の電話があったので受話器をとったら、「あらかわさんでしょう」と野口さんの声。

「え! どうしてわかるんですか」と聞いたら、モニターに映っているというのです。

野口けんぞうさんはスピリチュアルの本「意識の宇宙のアリス」の著者で、わたしはときどきメールをして、いろいろと相談すると、必ず、ていねいに返信してくださるのです。

ゆうべも意識の宇宙のアリスの本を読んでいたら、植物も意識がある、と書いてあったので、昔読んだことのある「木の葉のテレパシー」を思い出して、こういう本がありますよと野口さんにメールしたのです。野口さんは自宅で図書館を検索していて、それでモニターにわたしが映ったようなのです。(まあ、ここが夢らしいです)

電話でわたしは「こちらに出ていらっしゃらない?」と言ったら、「犬とネコがいて出られないんですよ。犬の声を聞かせてあげますよ」と。

しばらくすると、受話器に「キャン」と小さな犬の鳴き声が。

そして、夢から目がさめました。

前の夜は温泉に入って歌っている夢・・

ハッキリ言って、わたしは今、連日パソコンに顔をうずめてサイトのリニューアルに追われ、

ビルダー2000はやっぱり古いことが判明し、ビルダー16にしようと決断して、アマゾンで注文をし、

昨日はパソコンにくわしい知人に、パソコンの構造について、Cとは、GOUとは、HDDとは

大学ノートに図を書いてもらい、フォルダの階層を開いて説明をしてもらった。

突貫工事の基礎固めを着々と進めている。

こうしたのんきな夢をみている場合ではないはずなのに・・・。

でも。目覚めがいい夢なので・・・それにしてもこのような夢をみるのが不思議。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美しい夢をみました~

2012年03月06日 | ブログ

ゆうべ、夢をみました。

温泉に入って、わたしが歌っているのです。

♪ 月のさーばくを はる~ばると

  旅のらくだが ゆーきました

  金と銀との くーら置いて ふたーつならんでゆーきまーした。♪

風呂の中は湯気が立っていて、一緒に入ってるのは二人ぐらいで

誰だったか思い出せない・・・・姪っ子か、わたしの娘か・・・

その子がわたしのそばで歌を聞いているようなのです

わたしはもっと、うまく歌って聞かせてやろうと思って、背をくるりとむいて少し離れて

声を高らかにあげて歌いました。、

温泉なので響きがすごくいいのです。

♪ 金のくらーにはおー姫さま 

  銀のくらーにはー いや、違う、金の蔵には王子様だつた(夢の中で歌詞を間違えてつぶやいているのです)

♪ のったふたりはそーおーれ~ぞーれに

ヒモでー結んで~りあーりーました♪

あまりの美しい歌声に目が覚めて、しばらく布団の中で目をつむったまま、歌声に酔いしれていました。

気持ちのいい、美しい夢だな~

起きて歌おうとすると、歌詞を半分くらい思い出せないので

ネットで調べましたら、月の砂漠の歌詞に美しいイラストついていました。

http://8.health-life.net/~susa26/syoka/douyou/sabaku.html

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覚悟する

2012年03月02日 | ブログ

雪が降って、寒そうにカサに顔をうずめて歩いている人の姿を見ると、

いくら大都会といっても、みんな似たようなものだなと・・・とつくづく思います。

ところで、毎日、サイトのリニューアルのために、HTMLからやろうと思って、いろんなサイトのソースをみました。

もぐらのようにパソコンに顔をうずめて、ソースを分析しましたが、結論は、

やっぱり、これまでに使っていたビルダー2000(今から10年前)のを使うことにしました。

新しくリニューアルするサイトは、時間簿のデーターを使って説明していくので、

シンプルにわかりやすくが第一ということに目覚めました。

それで、いままではビルダーのソフトをカチャカチャとマウスでやってましたが

心を入れかえて「お前はえらいヤツだな、慎重に丁寧に扱うからよろしく」と頭を下げて

(時間簿の表を作成したり、画像を入れると表が消えたり、セルの幅が変わってしまうこともあるので、慎重さと丁寧が大切)

つまり、覚悟する。

誰でも成長するとき、ステップアップするとき、変化するとき

必ず、覚悟がいるのです。

野球の選手やタレントを見ていても、変わったなと印象を与える人は

必ず、覚悟しているのです。

タバコを一日10本にする、今日はぐちを言わない、無駄なお金を使わない、資格試験に合格する。。。

わたしは今、パソコンもできるだけ自分で調べて

ダウンロードして解凍して・・・・パソコンを一台壊すぐらいの覚悟でいま、やってます。

こういうときって、頭の中に不満のフォルダができるスキもないのですね。

一か月~二か月ぐらいは続くでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加