ライアー&ギターセラピー☆ 私の音に会いにきてください。音はあなたの記憶。あなたの魂。ほんとうのあなたの音に出会います

ライアーとギターの音色で、光の存在たちからの愛のメッセージをお届けします。自分の音を紡ぎだすよろこびをサポーとします

自分を愛する~視覚化

2016年09月30日 | 自分を愛する

昨日の続きです。

昨日、自分を愛することをについて、たとえば
モノ(ハンカチ)を処分するとき、手放すモノに愛をもって手放す場面を視覚化することをました。

視覚化を他のことで例えると

共同募金におカネを入れるときに、

100円玉か500円玉をサイフから出して、ポトンと入れると思うんです。

このときに、視覚化します。

サイフからおカネを出す時に、

おカネさん、ユニセフの子たちや災害の人たちの役に立ってあげてね、

と愛を込めておカネを握って、

ユニセフの子や被災地ひとの顔を思い描きます(顔を視覚化する。これがとても大切です)

その子たちがあなたの愛を受け取っている様子描きながら
募金箱におカネをい入れます。

後は募金箱のことは頭から離れて大丈夫。

 

こうした視覚化のちいさな実行が、

いつしか、自分自身が愛のひとに変わっていきます。

待ち合わせた相手が遅れたときに、
イライラして待ちながら、あのひととは二度と付き合いたくないわ、と思っているときは

相手のイメージを悪く描いている(波動が低い)状態です。

ふだんから、視覚化の練習をしておくと、感情の周波数をパッと切り替えることができるようになります。

自分の周波数が変わっていくと、人間関係も変わっていきます。

 

視覚化を修練していくと、見えない世界をみることができるようになります。

五次元意識、アセンション(次元上昇)もこのようなことです。
レベルはそれぞれに差がありますが。

純粋な意識、高い波動、無条件の愛が高まると

肉体のない存在たちとチャネリングもできまし、あの世の人とコミニュケーションをとることもできるようになります。

私は今、ダスカロスの講座に参加していますが、ダスカロスは視覚化はとても重要なことだといっています。 ダスカロスのことはいつか機会があるときに・・



視覚化は何も大げさに考えないで、
家族の夕食をつくるとき、キャベツの葉っぱを一枚捨てるにも
虫が食ってて気持ち悪いとか、農薬がかかっているからとかでなく
キャベツが育っていた畑を描き、雨のも風の日のシーンも描いてみます。

そして、キャベツの世話をしている農家のひとの姿をちょっとイメージすると、キャベツも農家さんもよろこぶでしょう。地球もよろこぶでしょう。

 

これを書いていて、今、思い出しました。

小学生の子が書いた詩です。

ーー

がっこうで田というかんじをならいました。

田んぼではたらいている、おとうさんとおかあさんをおもいながら

田のかんじをれんしゅうしました。

 ライアーと波の音で感情の周波数を整える

ライアーと銀河で遊ぶ天使

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分を愛するってとてもカン... | トップ | あなたは花と同じ美しいです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自分を愛する」カテゴリの最新記事