ライアー&ギターセラピー☆ 私の音に会いにきてください。音はあなたの記憶。あなたの魂。ほんとうのあなたの音に出会います

ライアーとギターの音色で、光の存在たちからの愛のメッセージをお届けします。自分の音を紡ぎだすよろこびをサポーとします

グランドキャニオン~(1)

2017年02月01日 | ブログ

無事、帰ってきました。

ツアーの間、ずっと、晴天に恵まれました。

現地ガイドさんによると、前日は雪が降って、グランドキャニオンに立ち入ることができなかったそうです。

いろんな方のブログをみると、グランドキャニオンは雲だけだったとか、雨が降っていてよくみえなかったとか

とにくグランドキャニオンは天気に左右されるので、当日になってみないとどんな景色が見られるかわからないそうです。

 

おかげさまで、私たちのツアーの間は、ずっと。晴天でした。

寒い、寒いと、きいていたので、防寒は万全に。

くつの履き替えと。防寒コートの着替えを持参しました(たぶん私だけかも)。雪の降った翌日なので地面は凍ってました。くつの履き替えとコートの着替えは私にとって大正解でした。

 

今回の目的はグランドキャニオンとモニュメントバレーの大地に浸りたかった。のですが、何しろツアーなので行動は分刻みです。

 

では、名所の三か所を写真でご紹介します。

 

ホースシューベント

 

 

下の画像

ホースシューベントの崖っぷちすれすれに座っているのは私です。

 

下を見たら怖くて、吸い込まれそうで足がすくんでしまいますが、写真をとるときに現地ガイド(日本人男性)が怖くないように上手にサポートしてくれました。、

 意識的に怖くないように波動を上げて、上から下を見下ろす、反対の崖っぷちから自分をみる・・・・。

これは日ごろから、エレベータに乗っているときや信号待ちをしているときに意識の変換を瞬時にする訓練しているので。たのしく試みてみました。

 

 

アンテロープキャニオン

バスから降りて砂漠をジープで15分。寒さと砂ほこりで口がこわごわ。

同じジープに乗り合わせたご高齢の日本人男女5、6人とあいさつをして、元気をもらいました。

 

以下がアンテロープの中。

美しい光の世界です。写真を20枚ほど撮りましたが、数枚だけのせます。

肉眼では見えない光の世界をカメラがさまざまな模様をとらえます。ですので、同じ場面を撮影しても、みんな違った光の世界が映し出さます。

 

 

美しい光の世界。十字架の光がカメラ!

 

現地ガイドさんに自分のカメラを渡して、撮影したもらいましたら、ガイドさんが「十字架がみえた」とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

光の洞窟をでると青空と白い雲が・・・・

空にピンク色のオーブ?

 

 

 

光の洞窟を出てから、少し後悔したことは、カメラで撮影することに追われて

肉体が光で消える感覚をもっと体験したかったことです。

 

 

モニュメントバレー

 

 

 

 

モニュメントバレーの大地に、私は竹笛を吹いて魂のあいつを。

現地ガイドさんが、竹笛を吹くとすごいパワーがもらえるよ、といってくれました。

下手な竹笛ですが、私の肉体の呼吸を竹笛に乗せて、ただ、ひたすらに吹いて、祈りと感謝を・・・

 

 

朽ち果てた樹が一本・・・・

どれだけの歳月かわからないけど、木は記憶していると思うとなぜか愛おしくて握手したくなりました。

 マスクと黒いコートの姿はこの樹と似合っている・・・。

 

下の画像

昼食はナバホタコス。有名ですね。

とにかく、あったかいコーヒーがおいしかったです。ナバホタコスは量が多くて、半分残してしまいました。

味はというと、お好み焼の上に生野菜のみじん切りをまぶしてあるので、ふつうにおいしかったです。

 

 

 

グランドキャニオン

 

ウィキペディアより→グランドキャニオンの断崖は平均の深さ約1200m、長さ446km、幅6km~29kmに及ぶ。最深地点は1800m。高層ビルが日本列島の端から端、巨大な岩だけが立ち並んでいるイメージ。

 

グランドキャニオンは夕日と翌日の朝日鑑賞の二度です。

夕暮れの写真はここでは乗せません。

 

朝日が昇るのをじっと待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日が顔を出してくると、周りの景色が刻々変わっていきます。

 

壮大な岩たちの息吹がオーケストラを奏でるように・・・・。

 

日の出に向かって竹笛をそっと吹く私です。
周りにひとがたくさんいるので、そっと、そっと・・・・音を出して。

荘厳な岩たちにあいさつを。

 

 

 

 

、ああ、夢にまでみたグランドキャニオン。

 

グランドキャニオンで私が感じたこと 次に書きます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日からグランドキャニオンへ

2017年01月24日 | ブログ

一月も24日となりました。

急に寒くなってきましたが、このブログを見て下さっているあなたもカゼをひかないようにしてくださいね。

 

ブログの更新かなかなかできないでいます^^;

 

明日、25日から一週間、グランドキャニオン、アンテロープ、モニュメントバレーです。

すごい寒いということなので、防寒の準備をあれこれやっています。

今回の旅は、一度はいってみたかったので観光目的でもありますが

魂の記憶のなつかしさ・・・・・、あったかいものがジーンとこみあげてくる、あれ・・・

 

いつかの時代に祈りの歌を歌っていた・・・・いとおしいわたしとの再会(といっても、いつも私のなかに存在していますか、さらに、その記憶を鮮明にする)

モニュメントバレーで竹笛を吹いて竹笛の音色を

大地にこだまさせようと思って、手作りの竹笛を持参します。

 

グランドキャニオンとモニュメントバレーの石ころを拾ってきたかったのですが、

禁止されているそうです。ショックです。

知人に石を拾ってくると約束をしたのに・・・・残念です。

 

ではでは

行ってきます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 おめでとうございます☆

2017年01月01日 | レッスンとライブのご案内

2017年 おめでとうございます

 

新年早々ですが

こんな元旦は生まれて初めてです。

 

今朝、布団のなかで、こころおだやかに、天使のメッセージをきいて

ブログに書くつもりでした。

 

ところが、夫の携帯電話から、避難勧告の警報のけたたましい音が鳴り響きました。

それが三回です。

聴いたことのあるひとなら、

わかる、わかる、あの音はひどいよね。といってくださるはず^^

 

いくら、スビリチュアルに波動を高く生きるといっても

元旦早々にあのけたたましい音を立てつづけに聞かされると

気分はおだやかではありません。

それが、夫の携帯電話に避難警告の警報はこれまでに何回かあり、そのたびに、びっくりです。

ところが、夫は、何かあったときはどうする・・で返してきます。

今のところ、警報が鳴った後に、何も起こってないような気がするんですけどね。

 

まあ、これが、三次元世界の特有のできごとなのでしよう。

肉体があるからしかたがないと思って、お雑煮の準備をしながら

ひとり笑いをしてしまいました。

 

テレビでは「戦争と平和」をやっていたので

一度もみたことがなかったので、このさい、夫婦でおとなしくじっくり、鑑賞しました。

 

以上を新年のあいさつにしたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。^^

宇宙の無条件の愛の光がみなさんひとりひとりに注がれますように・・・・

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 ありがとう 

2016年12月31日 | レッスンとライブのご案内

2016年、ありがとう^^

大みそかだからとか、お正月だからとか、特別のことはしませんが、つい、数日前に畳の張替えをしました。

もともと、ござの感触が好きで、ずっと夏はござの生活をしています。

狭い部屋ですが、あたらしい畳とあたらしく張り替えた障子(夫がきれいに張り替てくれます)

 

あえて、新年を迎える儀式といえば、私が(神棚・仏壇)として敬っている聖なる場所に

チューリップを三本飾ります。今年は何色にしょうかな・・・・・

 

2016年、ありがとう、

感謝を込めて、道端に葉ボタンを3本、追加して植えてきました。

数日前に、金魚草を、黄色、白色、ピンク色、真紅色・・・と植えましたら、日当たりがいいので

冬の寂しい道端に、ほっこりと咲いています。

駅に続く道端に花を植えるようになったのは、311の震災のあった年に朝顔の花を植えたのがきっかけです。

通りかかりの人に、

楽しませてもらってます、とか

癒されます、ありがとうございます、とか、

花がこんなにきれいだと思わなかった、とか、

亡くなった妻も朝顔が好きだったんですよ、とか、

それはそれは、いろんな方に声をかけていただいて、

花でこんなに喜んでもらえるなら、と思って、四季折々の花を植えてきました。

花は生命です。

宇宙のエネルギーです。

花を見るとこころが和むのは、花は無条件の愛で包んでくれるからです。

どんなちいさな花にも、力があります。

 

そういえで、こんなことがありました。

たまにぶっらと行くプテッィクで、うさぎを飼っている女の子Aさんと知り合いました。

一人暮らしだそうですが、

うさぎが病気になったと聞いて、私はプランターに植えているハーブと野菜をAさんにあげたことがあるのです。

 ある日、Aさんが

「家に帰っても、もうさみしくないの。ハーブをいただいてから、お花やさんで花を買ってお部屋に飾っているの」

私のあげたハーブに癒されたそうなのです。

それと、農薬のかかっていない野菜を、うさぎがよろこんで食べたとのこと。

これがきっかけで、花を飾るようになったそうです。

 

花は生命です

宇宙のエネルギーです。

花は天使です。

 

どうぞ、大みそかは花をお部屋に飾ってみてください。

ちいさな花一輪でもいいです。

除夜の鐘を聴ききながら、花にむかって

ありがとう、とつぶやいてみてください。

この動作は

祈りです。

瞑想です。

宇宙とつながっています。

 

2017年の風~☆があなたをやさしく包んでくれることでしょう

 

では、では、^^☆

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セドナツアーのこと~

2016年12月21日 | レッスンとライブのご案内

今年もあと10日ほどとなりました。

更新も遅れおくれで失礼をしております。

お元気ですか?

 

報告ですが、

セドナツアーを進めながらいろいろとセドナのことを調べ、セドナでペンションを経営されている日本人女性と連絡を取り合っていました。それで、セドナのことがだんだんわかってきました。

セドナは季節を改めることにしました。

理由は

・1月、2月は日没が早くて、せっかくセドナにいってももったいないということ。

・当初、ガイドをしてくださることになっていた晴子さんの予定がたたないということ

・セドナはシャトルバスやトロリーバスを利用すれば、ガイドは必要ないということ

・セドナはスピリチュアルの人たちが主催するツアーは、あまりにも高い

 

このような理由から、セドナはひとり旅を計画しました。

 そうこうするうちに、

たまたま、HISのツアーが、グランドキャニオンとモニュメントバレーなど少人数で、ホテル、食事付きがあるのを見つけて、これに参加することにしました。

 

グランドキャニオンとモニュメントバレーは、セドナより行きたい場所でした。

だいぶ前に、モニュメントバレーをテレビで特集をしているときに、「セイビチュ」という岩山の穴が映像で紹介されて、この穴は古代の人は祈りの歌や音を出していたということで、私のたましいの記憶がかすかに蘇りました。

赤土と岩穴を除いている自分の記憶・・・、それがどんな意味があるのかわからないけどなつかしい・・・

 

ところが「セイビチュ」の名前を手帳に書いたまま、名前もどこにある山かもわからずにいました。

HISでツアーの申し込みをした後、手帳を広げたら、「セイビチュ」の文字が出てきて、「セイビチュ」はモニュメントバレーにあることがわかりました。

私はいつかの時代に、この岩穴からのぞいて祈りの歌をうたっていたのでした。

ああ、やっぱり、モニュメントバレーに導かれているんだなあ・・・と思いました。

というわけで、グランドキャニオンとモニュメントバレーに1月半ば過ぎに行ってきます。

「セイビチュ」の岩穴に行けたら、穴をのぞいて声を出してみたいですね。

 

 

さて、アメリカに行くために、エスタ申請があります。代行をしてもらうと6000円くらいかな。。。

結構、書くところがたくさんあって大変でしたが、書き方を参考にしながら自分で書きました。

コピーを貼っておきます。アメリカエスタ申請書き方

 

もうひとつ、カナダ航空に乗るために、カナダエスタの申請があります。

英語なので英語のできないひと(私も)、不安でした。でも、代行してもらうと7000円なんです。

7000円がもったいなくて自分で申請することにしました。

申請の書き方見本がありますのでそれを見ながらなんとか書き終え、無事、承認がおりました。

カナダエスタは英語ですが、質問事項は10項目で、簡単にできますので、もし、カナダエスタの必要な方は自分でできますよ。

コピーして貼っておきます。カナダエスタ申請書き方


それで、どうしてもできないという方は、旅行代理店に代行してもらうと高いので、英語のできる知り合いに助けてもらうか、信頼のあける民間の代行業者があると思うので探してみるといいでしょう。

 

以上がセドナツアーにかんすることでした。

次は私のイベントの報告です。

12月5日に行ったミニコントート

林のそばのギャラリーカフエを借り切って行いました。

川の流れの音に、ギターとライアーの音を乗せて~

いつのまに参加者は5名がそれぞれの世界に浸っていました。

水の流れが光っていた

自分が口ずさんだことを覚えてない

 

別の日にセッションもいくつか行いました。

・女性の個人セッションは「自分を成長させたい」

 ハイヤーセルフとつなかることができました。(詳しい感想は別の日に)

 

・来年定年退職を迎える男性の個人セッションは「時間の概念」

 親の介護と家族との時間をどうやって共有していけはいいか心配だったが、安心しました。(詳しい感想は別の日に)

 

この他のセッションと併せて

くわしく別の日に、感想を書きたいと思います。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セドナ ツアーメイト募集

2016年12月01日 | レッスンとライブのご案内

12月に入りましたね

今日はわたしのことで募集します

 

誰か私と一緒にセドナに行きませんか?

2017年 4月か5月 セドナのいちばんいい季節で、HISによると旅行シーズンではないそうです

せつかくだから5泊がいいかな (相談)

セドナに生活をしている晴子さんという日本女性が案内してくれます。

以下

セドナミラクルツアー  

先日、晴子さんが日本にいらしてイベントをされているときに実際にお会いして

セドナの映像と晴子さんの吹く笛を聴きました。

晴子さんのCDを購入して、毎晩寝るときに聞いていますが、セドナへと誘ってくれます。

 

私がセドナに惹かれるようになったのは最近のことで

私は子どもの頃から山川の自然の中でいつも歌っていました。

歌手になりたくて東京で出てきて、歌の伴奏のためにギターを始めました。

数年前、私が苦しい時にギターを再び手にして弦をボロンと弾くと、神秘的な不思議かな音が

失われた古代の音、愛の周波数でした。これをきっかけに、今、音を使ったライトワーカー。

 

 

とにか、音、音楽が好きで好きでたまらないこと

それと、ずっと、私の中に赤土がなぜかなつかしく、

故郷の海辺で拾った赤褐色の石を、ずっと、たいせつに持っていました。

音と赤土・・・

それは、セドナにある、と確信して

先日、晴子さんに赤褐色の石を見せましたら、晴子さんが、「それ、それ、その色」と言ってにっこり。

 

セドナに行きたいけどひとりでは心細いという方

私のことはプロフイルの他に以下です

・タバコは吸いません(タバコを吸う方はごめんね。パスです)

・ビールとかワインとか飲んで、ゆったりくつろぐのが好き。

・買い物は興味ありません

・なるだけおカネをかけない、シンプルに。

・できたら、海外旅行の経験のある方

jikanbo22▲gmail.com (▲を@にしてください)

 

セドナツアーメイトを探していますが

(友人と行くとおしゃべりが中心になってしまいそうなので)

このブログをみて、もし、ご縁のある方がいましたらよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音になって絵本の中に入ってみた?

2016年11月28日 | ブログ

気がつけば、もう、11月も終わり・・・。一か月ぶりの更新となりました。

この間に、私は違った世界にタイムスリップしていました。

・ひとつはセドナに住んでいる日本女性の描く絵と笛(インディアンフルート)の生演奏。

・ふたつめは、ヒーラー、ダスカロスの本を翻訳して、ダスカロスの娘さんに師事してキプロス(ギリシャの近くのちいさな島)に定期的に通っている日本女性の主催しているショールームのクリスタルボール。

・みっめは、フランスを拠点に定期的に日本で、音楽療法をベースにし、ライアーを中心とした音楽や芸術の世界を広げる活動をしている日本女性。

かんたんに説明すると

セドナの笛

キプロスのクリスルボール

フランスのライアー。

一週間ぐらいの間で、このみっつの世界を誘っていた・・・こんなかんじです。

それで、今日、お話しをすることは、昨日参加した、ライアーのワークショップのことです。

テーマは「絵本と詩の音あそび」

参加者は五人で、福島、静岡、埼玉、神奈川、東京。

先生が絵本を広げて、この絵から感じた詩をことばにして音を出してくださいと言って

ひとり、ひとり順番がくると、絵本を見ながら、自分の感じたことをことばにしてライアーで音を出します。

私は、「あ、私が探していたものが、この絵の中にみっつあったわ! 」と言って、ライアーをボロロン~と。

それが終わると、先生がみんなで他の楽器を使って、この絵と遊びましょうと。

先生が持ってきた楽器(竹筒のようなもの、坊さんがチンと音を出すようなもの、タンバリンのようなもの、)を持って、楽器をたたいたり、振ったり、斜めにして、先生も一緒になって音を出します。だんだん、子どもがふざけるような気持ちになってきました。

絵本の中には、カエルとか、キリギリス? こんな感じの虫、ちいさな動物? たちがいました。

6人の音がちいさなホールに響き合う・・・・。

音遊びを何分やっていたのか・・10分かな~

 

ゆうべ、布団に入ってからしばらくして

あのときのみんなで遊んだ音がなんとなく余韻として残っていました。

それで、ふと、思ったのです。

そうだ、私はあのときに、もっと、目を閉じて音の世界だけに浸ってみたかった。

なぜならって、現実に見えている世界は光で、物質はないのだから。

とすると、音を出していたひとたちは本当は現実にはいなくて、音だけが鳴っていたことになります。

ということは、みんなは音だった。

私は布団の中で、あのときの音になって身体の力を抜いていきました。

すると、私の意識はあの絵の世界に入っていくと、絵本の中にみんなの音が・・・・。

いゃ、みんなの音というより、もしかして、あの音は絵本の中の虫たちの出した音を、

私たち人間が出していたのか、もしかして、別次元で虫たちと人間が合奏していたのかもしれない・・・・。

日常では音だらけです。

たとえば、家の中の音。

家族の場合、姿や顔が見えなくても、

冷蔵庫を開けたり閉めたりする音がすると、子どもが勉強しないで親のいうことをきかない、とか

夫が風呂に入っている音がすると、ガスの元栓を切らないからイライラすると

音を聞いただけで文句を言いたくにるようなことがたくさんあります。

音だけをきく。


水を飲む音、電気のスイッチを入れる音、カーテンを閉める音、クツを脱ぐ音、玄関のドアを閉める音、咳・・・

音の正体は子どもとか、夫とか、何をやっているとかを決めつけないで、家の中の音だけを聴いてみる。

コン、ドド、ガザゴソ、シャー、

なんだか、むじやきな音に聞こえませんか。

そうなんですね、

音は生命です。

どんな音も宇宙の生命ですから。

 

木の実が落ちた音、雨の音、氷の溶ける音・・・・

自然界の音は癒されます。人間の出す音となんで違うのでしょう。

人間は、あの音は子ども、あの音は夫、

ひとつのひとつの音に意味をつけなければ、音はもっと違ってきこえてくるかもしれません。

 

さて、そろそろ、12月

街中に響く音を、自分にとって

ここちよい音だけを聞こえるようにしたものです。、

そのために、意識の波動のコントロールをしましょう。

 

銀河で遊ぶ天使 

波の音で感情の周波数を整える

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

両手の中に宇宙の愛を

2016年10月28日 | レムリアのメッセージ

季節の変わり目の小雨は、人のこころを寂しくし、人恋しくなります。

もし、あなたが今、そのような気持ちを抱いていたら、

自分をやさしく愛してあげましょう、

今、すぐ、できることは、

まず、息を口からフーと吐いて、そして鼻から大きく息を吸って

その吸った息を、両手の中にそっと包み込むようにハーと吐いてごらんなさい。

両手の中の息のあたたかさを皮膚で感じてみてください。

寒い時にみんなやりますよね。

息が白く見えるときもありますね。

 

両手を合わせて祈るしぐさも、両手をさすって手をあたためるしぐさも、自然の動作なのです。

この動作は両手の中に、宇宙のエネルギーを取り込んでいる状態です。

宇宙の愛のエネルギーが、あなたの肉体に流れて、身体のすみずみまに浸透しているイメージをしなさい。

息を吸うたびに、指先から、頭から、目から、口から、肉体の深部まで・・・

ハートいっぱいの愛を受け取ってください。

気もちが落ち着いて、安心した状態になったら、
あなたは女神や天使たちからの愛のサインを受け入れたのです。

 

ひとはみな、ひとりになっても誰かを頼らなくても、いつでもどこでも自分を愛することができます。

自分の手に自分の口から吐く息をそっとかけるだけ。


ここに注がれるのは、宇宙の愛。あなたの生命です。

 

※女神からのメッセージと同時に流れてきた宇宙の光をライアーで奏でて録音しましたが

動画で上げている時間がなくて、メッセージだけにしました。

 

 銀河で遊ぶ天使

ライブのご案内

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベントのご案内 テーマ 感情の調律

2016年10月21日 | レッスンとライブのご案内

 12月のイベントのご案内


テーマ 感情の調律
        自分を愛する

愛の周波数 528hzがあなたを自分を愛する光の世界へいざないます

楽器は音を合わせるためのチューナーという道具があります。
私たちの感情もイライラしたり、落ち込んだり、不安になったりします。
そこで、楽器を調律するように、感情を調律をする方法があります。

12月は街中やテレビからもいろいろな音や人々の感情が混在して、押しつぶされそうになってしまいますが、
不要な感情を流して、新しい年を迎えるために心の空間をつくりましょう。、



前半は自然のせせらぎの音とギター生演奏
小休止 ドリンクタイム 周波数のおはなし
後半はライアーの光のシャワー


日時 12月5日(月) 14:30~16:00

料金 3000円     ドリンク別

定員 5名  締め切りました。

場所 カフエギャラリー・リンデン
青葉区もえぎ野045-532-5288
http://linden-cafe.com/

 

お申込みは jikanbo22○gmail.com ○を@にしてください

質問がありましたらお気軽にどうぞ。 あらかわ

感情には周波数があります。感情の調律を知っておくと、
意識のコントロールができるようになり、人間関係もラクになります。

色も音も周波数があります。

おすすめしたのは、絵画、ステンドグラス、音楽など、アートに携わっている方。、

感情の色彩を視覚化できるようになると、自分の描きたい作品をより向上させることができます。

チャネリングですね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感情の調律

2016年10月13日 | 自分を愛する

寒くなってきましたね。

着る洋服をあれこれ引っ張り出して取り換えたりしています。

私は毎朝家のことを済ませて、自分の本業に取りかかる前に楽器の調弦をします。

ライアーとギターとミニギターの三つですから、結構面倒なのですが、これをやらないと楽器が弾けないので。弦楽器は気温に左右されるので、手間はかかります。でも、調弦をしていると自分の意識も調律しているので落ち着きます。

調弦をしながら思ったのですが、人間の感情も天気や周りに影響されますよね。

ですから、感情も調律する必要があるんですね。

楽器はチューナーという音合わせをする道具がありますが、

人間の感情のチューナーの代わりになるものは、自然を見ることがてっとり早いと思います。

草花を見て、空を見あげて、風にあたって、一分でもボーとします。

私は外出中のときは、人ごみで疲れると駅中の花屋さんの前で立ち止まって、花の香りとをかいで花の美しさに見とれます。これだけで感情の調律ができます。


季節が大急ぎて入れ変わるとき、自分の感情・意識の調律をして自分を愛してあげましょう。

 

感情の周波数を整える

銀河で遊ぶ天使

音と光のシャワー

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッスン内容と料金について

2016年10月07日 | レッスンとライブのご案内

 

 メニュー

・セラピスト 準備中
・セッション 準備中

・ライアーとギターのしあわせ即興レッスン

 楽器の音を使ってこころとお部屋の浄化をします。

  ・場所 横浜市青葉区青葉台 駅ゼロ分
  ・レッスンの時間と料金  90分 6000円
 
  初回だけ1万円。じっくりお話しをきいて2時間~

  レッスンの回数は

 ・一回だけでもOk
 ・疲れて気分転換がしたいとき急に楽器にさわりたくなった、それでも相談に
 ・月に二回とか、一回とか、曜日と時間をその都度相談して決めるのもOK

  

お気軽にご相談してくださいね。
 
ライアーとギター以外に、他の楽器でもご相談ください。

  連絡先は jikanbo22〇gmail.com(〇を@マークにしてください)
ご連絡いただきますと、携帯電話番号をご案内します。あらかわ菜美

 

 銀河のような音色で宇宙意識とひとつになります

音は波動です。感情も波動です。
音が二つの波動と溶け合ったとき、宇宙意識とひとつになります。

古代人にとって音は祈りでした。

その秘めた音の力を現代の生活に、私がこれまでにやってきた専門分野と融合させること、
それは私の得意とすることです。


●整理術の専門でたくさんの著書と雑誌で紹介。
楽器を奏でながら、幸福のお部屋づくりをします。音を使ってこころとお部屋を浄化します。

●クラシックギターで楽譜と指使いに苦労したので、すぐ楽器を楽しむことをモットーにしています。

●音を使って、意識、感情、身の回りのモノを浄化します

 

こんな方におすすめ

・楽譜と運指(指使い)にとらわれて、楽器が楽しめない方。
・今持っている技術を活かして、とにかく一曲、なんでもいいから自由に演奏がしたい
・美しい映像に合わせて、メロデイをつけて、自分のオリジナルのユーチューブを作って、ブログやHPで発表したい
・昔習っていた楽器があるけど、もういちど音を出して癒されたい
・自然界の音とスピリットたちと音のハーモニーをしたい・女神や天使とつながりたい

・自信のない自分を好きになりたい
・宗教の縛りから解放されたい

・整理と片付けが苦手、お部屋をきれいにしたい 楽器はなんでもいいですよ。

 

レッスンの回数は

・一回だけでもOk
・疲れて気分転換がしたいとき急に楽器にさわりたくなった、それでも相談に
・月に二回とか、一回とか、曜日と時間をその都度相談して決めるのもOK

お気軽にご相談してくださいね。

 

連絡先は jikanbo22〇gmail.com(〇を@マークにしてください)
ご連絡いただきますと、携帯電話番号をご案内します。あらかわ菜美

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギターとライアーの出会い

2016年10月07日 | プロフイル

 思えば私の人生は子どもの頃から歌が好きだったことから始まり、歌の伴奏のためにギターを習い、そしてギター中心の生活を送ることに。しかし、ギターを中断せざるを得ない状況から時間簿が生まれ、世に出ることに。ところが、かなしできごととが私を襲い生きてるのが辛くて再びギターを手にすることに。そのギターから不思議な音が。失われた古代の音、愛の周波数だと知り、ほんとうにやりたかった魂の目的は「音」。

 音にはじまり音によって光を知り、そして、今、音のライトワーカーに。プロフイル

  midori-bo

私はギター歴は20年? 間が空いているから30年・・・。
311の震災のあった年に、私の身の上にかなしいでき事が・・・。

生きているが辛くて苦しくて・・・。
ある日、ふと、押入れにしまってあるギターを出して、弦をボロン、ボロンと弾きました。

すると、なんだか、不思議な音が・・・・

なんだろう・・・・この音は?

まるで何かに動かされているように、パソコンに向かって不思議な音、不思議な音・・を検索しました。

どのくらいの日数がかかったのか・・・・たぶん手帳に書いてあるはすですが、

その不思議な音というのは、

失われた古代の音~ソルフエジォ周波数 528hz 愛の周波数

ということがわかりました。

 

失われて古代の音~なんとステキなロマンチックな名前でしょう。

このとき、はじめて、周波数のことを知り、すべてのものに周波数があることを知りました。

感情も周波数ですから、恐れや憎しみの感情を抑え込むのではなく、周波数を変えればいいわけなんです。

周波数のことを理解すると、自分を縛っている宗教からすんなり解放されたのです。

その宗教というのは、母から受け継いだお守りを身に着けて、恐れて敬っていました。その恐れ多い守りを、まるでネックレスを外すがごとく外して、間もなく宗教を脱会しました。

 

イシス女神のメッセージ

ソルフェジオ周波数 528hz 愛の周波数を知ってから、ほんとうに自分がやりたかったことは音・・でした。

前世でも音でひとを癒していたことをかすかに思い出して、天使の楽器ライアーと出会うことに。

 アウリスライアー23弦

今年の夏、いつも冥想をしながチャネリングをする林で、イシス、イシスの単語が。

イシスって何かそれさえも知らなかったのです。
聞いたこともないイシスという単語を忘れないように、イシス、イシスとくりかえして家に帰ってネットで調べたら、イシスはエジプトの女神だとはじめて知ったのでした。

イシス女神のメッセージは、レムリアの意識、女性意識の愛に目覚めるようにとのことです。

私が女性・主婦たちのために、カルチャースクールを主催し後に時間簿を考案したのも、イシス女神からのメッセージだったことを理解しました。女性の意識は女性のエネルギー、やさしい愛の周波数です。これまでの社会は男性中心の意識、エネルギー、周波数でしたので、戦いが多かったのです。

 

私がギターとライアーセラピーをするのも、こうしたいきさつからです。

 midori-bo

神秘体験は

・苦しい時に庭の隅っこに顔を出していたチューリブを土からそっと掘り起こして、話しかけたところ、まるでハイビジョンの映像を見るようにチューリップの花びらが一枚一枚開いて、茎がスーと伸びて三回おじきをしました。チューリブは横になったまま枯れるまでありました。目の錯覚ではないのです。

・窓の外を見ていたら景色がピカッと光ったと思ったらあたり一面が光に・・・
・オーロラが目の前に現れて、光の渦に呑み込まれそうになるが、もう、いいや、どうなっても、今までにいろんなことを体験してきので

・林で瞑想をしているときに、林が一面に金色の光に。
木の葉は幾何学模様を描いて、まるで、曼荼羅のように輝きました。

ある日、林はシルバーの光に・・・両手を合わせてひれ伏しました。イエス・キリストの映画の一場面のようでした。

・この世は幻想と。光。色即是空を理解する。

・子どものときから熱を出したり、痛いところがあると、母に手かざしで治してもらったので、レイキ・エネルギーは今は楽器を弾くように、ミネラルウオーターを飲む感覚で生活に溶け込んでいます。

くわしくはライトワーカーとして プロフイルに書いてます

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の音を求めて愛してください

2016年10月05日 | レムリアのメッセージ

今日は音についてお話しをします。

音は見えません。けれども、宇宙にはあらゆる音が存在しています。

音は祈りのために、神々とつながるために使われていました。しかし、文明が発達して機械の音が自然界の音を占領してしまっています。

音にはひとつひとつ、意味を含んでいます。音を聴いただけで、あの音は飛行機の音、救急車の音、誰かが急いで走っている音、せせらぎの音、枯葉の舞う音・・・とわかりますね。

どんなに遠く離れて姿は見えなくても、声をきいたたけでお母さんだとわかりますね。

 

音を意識してきいてみてください。

あなたのハートに響く音に耳を澄ましてください。

あなたのハートに響く音は、天使や本当の自分、ハイアーセルフたちからのあなたへのメッセージでもあります。

とくに音楽をされている方は音をたいせつにしてください。

楽器が上手とかではありません。自分の音を求めてください。
美しい音色とかではありません。自分にとって心地のよい音を、自分の肉体の部位に響かせて感じてください。

その心地のよい音は、木々や草花・・・空中のあらゆるものたちと溶け込んでいきます。

心地のよい音はあたりの空気を清めます。人々のこころも清めます。

音ははるか彼方まで空気を振動して伝わります。

音楽、楽器をされている方は、自分の音を求めて、自分の音を愛してください。

オーケスラの音だけが美しいわけではありません。
どこかの片田舎で畑仕事をしながら口ずさんむおばあさんの声は魂に響きます。上手に歌おうとか、誰かに聞かせようとか、意識して歌っているわけではありません。自然に口から出る声・・・。

そのように、自分の楽器の音を出してください。楽器が高価とか関係がありません。

富士山を描いた絵はたくさんありますが、赤い富士山の絵もあります。

それでいいのです。黄色の富士山の絵があってもいいてのです。

 

あなたの音を愛してください

自分の音を探すことは、ほんとうの自分探しでもあり、魂の目的を知ることでもあります。

 

何が自分の求める音なのかわからないときは、
お母さんの声を思い出してください。

あなたが子どもだった時に、幼稚園や学校から帰宅したときに
「おかえりなさい」といってくれたお母さんの声を思い出して、楽器の音に響かせてみてください。

いつか、きっと、なつかしい、愛の音に出会うでしょう。

それは決して遠くはありません。むつかしいことでもありません。

あなたはその音を知っています。音はあなたを記憶しています
その音を思い出せばいいのです。

楽器にあなたの音が存在しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽器をしている方へ~自分の音を見つけて ①

2016年10月04日 | レッスンとライブのご案内

楽器をされている方に向けて書きますので、関心のない方はスルーしてください。

 私はクラシックギターをやってかれこれ20年、間があいていたりするから30年?

習いはじめての5、6年は、朝がら晩まで。とにかく、ごはんを食べる時間も惜しんでギターを弾いていました。

コンサートは三回、ミニコンサート、ディナーショーなどを重ねて、今は、ギターとライアーの音色でヒーリングをしています。

 

自分の音を見つけて~

まず、最初に言いたことは、
楽器をたのしんでください。

自分の音を見つけてください。
音はあたなの記憶、あなたの魂。
音は宇宙に存在しています。
ほんとうの自分に出会います。

私の経験から、練習だけの毎日だと楽しくありません。

後々、講師になって生徒さんに教えたいとか、演奏家になりたいとかの目標があるのでしたら、上達のために発表会はたいせつです。

でも、発表会に向けてひたすら練習の日々・・・・
発表会が終わると、また、次の発表会に向けて、新しい曲をひたすら練習して、その繰り返し。
5年か10年たって人前で演奏するといっても、せいぜい発表会で練習した曲ぐらいでしょうか?

楽譜を間違わないよう、指使いを正しく、このことにだけに集中して練習してきたので、応用がききません。
ふと、行き詰まりを感じはじめます。
教則本と先生の指導に忠実だと、いつか、このような壁に突き当たります。ピアノをやってきたひとも、フルートをやってきたひとも、私の知っていかぎり、アドリブひとつ入れません。なぜか、本人も気づいていません。私もそうでした。

 

楽器の楽しみ方を知らなかったのです。

私の音楽体験を話しますと私はギターを約20年間やってきました。
独自のコンサートを三回。ディナーショー、ミニコンサートなど。
ギターをしている方なら、「魔笛の主題による変奏曲」「アルハンブラ宮殿の思い出」といえば知らないひとはいません。憧れの曲です。特に「魔笛~」は難しいです。

私は朝から晩まで
 練習、練習。
プロフイルにも書きましたが、新しい方向(時間簿)に進むことになり、ギターを押入れにしまったまま。

数年後に再び、ギターに戻ることになりましたが、今さら先生について習いたいとかはいっさいなく、

即興でパッとメロデイ、音を出したいのですが、何しろ、ギターといえばクラシックのあの雰囲気。

古賀メロデイもたしかに、クラシックをやっているひとの演奏はきれいです。私も古賀メロディを数曲、ミニコンサートやデイケアサービスで演奏しますが、聴くひとのこころを郷愁にさそいます。

でも、それはそれだけで、いつまでたってもオリジナルが増えません。

もう、楽譜は頼らないと決意。

即興ってどういうこと?

即興で音、メロデイを出したい

それで、どんな練習をしたかと言いますと、パソコンの動画の曲、オーケストラの曲を流して、自分の楽器で音を出します。違和感がない音を探します。

これは訓練です。
とにかく短いフレーズをつくるためには、音と音をつなげる必要があります。
ここに、コード進行というものが存在しています。

コード進行はフオークをやるひとは得意です。が、クラシックやるひとは、コード進行を音楽理論として理解していても、実際に楽器でたのしめるかというとそうではないようです。

で、コード進行とは? を知りたくて、これまでにやってきた、クラシックの曲に「アルハンブラの宮殿」「魔笛~」の楽譜を引っ張り出して、コードをつけてみました。

すると、なんと、こんなにも難しいコードを私は弾いていたということを、知ったのです(とにかく楽譜を間違わな練習のみの日々)だったので、ちいち、はい、これは、Aマイナーだから、ラドミ、はい、これはmaj 7 9とか、考えないで弾いているので。でも、指はしっかりとコードの形をして音を出しています。

こんなに多彩な難しいコードを弾けているのに、カンタンなちようちょうの曲もアドリブを入れて弾けないとは・・・
ショックでしたね。何をやってきたの゛たろうって。
これだけのコードを弾けているのだから何も恐れるものはないはず・・・なのになぜ?

はい楽譜のワナ、このことを発見しました。

 

楽譜のワナ・罠があります。


たとえば、春の小川の曲ですが、童謡ですね。
楽譜はいろいろあります。ここが落とし穴です。
C調もあれば、D調もあれば、G調もあります。
せっかく覚えたCのスリーコードを、こんどは、Gのコードで練習することになります。

これじゃいつまでたっても、春の小川を弾けません。
春の小川の曲は初級者向けの曲として出てきますが、調が変わると別の曲になります。

ギターの動画を見てみると、だいたいCのコードで弾いていますが、
ギターはCは難しいです。誰かがブログで書いてましたが、ほとんどの曲をAにしていました。

私はDが弾きやすいのでDにしています。
メロデイの流れ(コード進行)はほとんど同じなので、Dで一曲弾けると
ほとんどの童謡は楽譜を見ないでもDで弾けるようになります。自分の弾きやすい調を見つけて、ひとつの調にしぼります。
アレンジの曲の本を変えれば変えるほど、楽器は弾けなくなります。

クラシックのピアノをやってきたひとも、フルートをやってきたひとも、私の知っていかぎり、アドリブひとつ入れません。なぜか、本人も気づいていません。私もそうでした。

続きは明日書きます(即興の話と楽器をたのしむ)

光と音のシャワー

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライアー~音と光のシャワー

2016年10月03日 | ライアーとギターセラピー

 10月に入ったとたん、急に秋の気配を感じます。

季節が入れ替わるときって
気持ちのチェンジができなくて。
なんだか、自分だけが取り残されているようで・・・・
愛するとひとと、あたたかいひとと一緒にいたいそんな気分になりますね。
雨が降っているのでよけいに・・・・

そこで、もしさみしがっているあなたのために
光と音のシャワー、宇宙の愛を送ります。

あなたは愛されています~のメッセージを込めて・・・・

 

映像がシンプルで美しいので、ライアーの音色は控えめに・・・

夜空に響く花火の音を残し、
花火の光が夜空に舞い散るのをイメージして
ライアーの弦を細かく、トレモロ調に弾いてみました。

見るだけで波動が上がり、あなたを幸福の世界に誘います。

レムリアのメッセージ

あなたは愛されています花と同じ美しいです

使用しているライアーはアウリス社の23弦)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加