空をみながら

 地球規模、宇宙規模で考える。死角のない視野の獲得。憲法9条を守ろう。平和のための最高の武器だと思う。

政治の世界の危うさ

2017年06月28日 14時29分01秒 | 思考試行

憲法を変えて、自衛隊を合法化したいという。自衛権が国家としてあるから、憲法でいくら戦力を保持しない、戦争を放棄している、といっても、自衛権は本来的にあるものであるから、自衛隊が存在できるのだ、というのが、現行の大まかな国民の解釈なのだろう。

この憲法9条を素直にみれば、どうしても自衛隊は戦力だし、軍隊であることは間違いない。自衛隊は、憲法違反であることは、明白だろう。だが、本当に他国が攻め込んできたときにはどうするのか、といえば、易々と国土を蹂躙されるわけにはいかない。となれば、本来ある自衛権を発動するほかない。

ただし、国は、自衛と称して、侵略してきたのだし、いつだってそうなるだろう。自らが侵略するとは言わない。要するに、今の日本の憲法では、戦争そのものがやりにくいというのが、自民党の本音だろう。国家間の不満があれば、最後は戦争しかないと政治家は考える。

平和的には、解決できないと思っている。人間の本性はまだまだだから、本質的にはそうだろうけれど、戦争などやれば、人類そのものも、存続できないのは明らかである。どうするかは自明のことである。政治家は、ほとんど目が見えていない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 支離滅裂な安倍首相! | トップ | 筋を通せない政治 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思考試行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。