空をみながら

 地球規模、宇宙規模で考える。死角のない視野の獲得。憲法9条を守ろう。平和のための最高の武器だと思う。

自民党の中でも・・・物言えぬ雰囲気

2017年04月21日 10時40分14秒 | 思考試行

政権の意向に反することを言えば、ポストを外され、冷遇されるという。ベテランも例外ではなく、自由な発想を述べることは、控えさせられる。今日の朝日朝刊に、安倍首相より、当選回数の多いベテラン議員の「事情」が記事となっている。

ベテラン議員にして、発言を控える、あるいは控えさせられる事態をみて、当選回数の少ない議員はなおさらのことで、発言しないという。

これは、健全な政党の姿ではない。小選挙区制のために、政党内部の権力構造が集中してきて、派閥の力が相対的に低下した。執行部の権力が増大している。

これで、本来の自民党の持つ、柔軟性が損なわれて、一方向へと向かう動きが加速される。民意を反映しない小選挙区制を導入したあたりから、こういう方向が予想されていた。

まさにそのようになってきた。真に国民の意思を反映する制度を考えるならば、小選挙区制の考え方は出てこない。話し合って、さまざまな意見を交換するなかで、「共生の知恵」が生まれる。

単なる多数決なら、議論も意見交換も必要ではない。自民党、安倍内閣はその道を進んでいる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民主権は忘れているのだろう | トップ | バス旅行の「いまるちゃん」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。