空をみながら

 地球規模、宇宙規模で考える。死角のない視野の獲得。憲法9条を守ろう。平和のための最高の武器だと思う。

自分勝手な企業

2017年05月15日 17時11分06秒 | 思考試行

力関係で、親会社があって、その代理店がある場合は、代理店契約を一社としか契約していなければ、完全に、当該親会社の言いなりであり、その意に反すれば、解約されることとなる。その代理店はすべてを失うこととなる。

顧客を獲得するためには、さまざま努力をし、人間関係の機微を使い、個人的な奉仕活動も含めて、顧客を獲得してきた、」その積み上げてきた成果のすべてを、親会社がすべてを取り上げてしまうことができる。

顧客への、経費のかかる作業も、一方的に指示してくる。本当に必要でない業務であっても、代理店負担で、完璧な顧客サービスとして、代理店に要求してくる。それが、嫌なら代理店契約を解約するまでで、他に、幾らでも代理店の代わりはあるよ、というやり方である。

こんな、自分本位の、乱暴で、すき放題をやってくるのは、外資系の株主が要求していると言われている。そのようにして、金が金を呼び込む仕組みを導入して、どう転んでも儲かる仕組みである。

手数料契約など、どんどん口実をつけて、徹底的に下げてくる。嫌ならやめよ、というやり口である。

この仕組みは、勝手に富を持つものには、さらなる富を積み上げていく構造である。こんなことがまかり通ることは、不正義であり、不公平であることは明らかだが、改善する動きはない。そして、これが、悲劇の温床となる。

いつか必ず、こんな仕組みは、なくさなければならない。それは人類の存亡に関わることである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプは辞任か弾劾か | トップ | 自身の安全のため他者を脅迫する »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。