空をみながら

 地球規模、宇宙規模で考える。死角のない視野の獲得。憲法9条を守ろう。平和のための最高の武器だと思う。

ウソをつくとどうなるのサンプル

2017年07月27日 10時56分14秒 | 思考試行

国会では、記憶にない、記録にない、記憶にないから言っていない、このオンパレードだったが、ウソを言うのと、そうでないのと、よくわかるサンプルになった。

どうしても、ウソを真実といいくるめなければならない立場に追い込まれて、そうすれば、当然ながら、本当のことを言う時と、そうでない時の対比ができる。

まるっきりのウソと、誤解しての言い方と、これも違う。元愛媛県知事と前川氏のやりとりは、まさに人間的であった。元愛媛県知事は、切々と重医学部の新設の必要性といかに努力してきたかを述べた。

非常に説得力があった。だが、前川氏に対しては、誤解と思われる指摘もあった。わざと誤解しているふうをとったのか、本当に誤解しているのか、前川氏の反応は、思わぬ誤解を受けた人のまさしく、反応であった。

決して怒っているわけではないが、話せばわかるという確信のもとで、「それを誤解です。」を独特の柔らかい笑みを浮かべて言った。生きている表情である。

これらのさまざまな人間の表情が見られた。政治が本当に国民のために動くようになるのかどうか、今、その道中にある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんなに見事に口裏をあわせ... | トップ | 稲田大臣の辞任 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思考試行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。