空をみながら

 地球規模、宇宙規模で考える。死角のない視野の獲得。憲法9条を守ろう。平和のための最高の武器だと思う。

父(考)の夢をみた

2017年02月09日 09時29分00秒 | 思考試行

母の状態が、絶望的になるなかで、単なる延命はやめて、自然に逝けるようにしてほしい、具体的には点滴もしないと決心していたのに、昨日病院へ行くと、維持液が点滴されていた。

一昨日、兄弟連中には、点滴をしない旨連絡、相談していたが、あっさりと、病院側がそうしていた。

苦しみを持続させるだけだから、点滴はやめてほしいとナースに伝える。ナースは、すまなそうな顔をしながら、主治医に伝えるといったが、昨日以来、病院からの電話はかかってこない。

ある種、ホッとした感じもある。どこか、心理的に点滴も断つというのは、時間的に納得していないのかもしれない。しかも、勝手にやってくれたと、助かった感もあったりする。明らかに矛盾だが、心理的には急な入院だったから、無理もない気がする。

点滴に「抗議」のあと、なんだかスッキリとせず、心理的な葛藤があったみたいで、家内には、昨日、元気がなかったと言われる。そういう心理状態がわかるのだろうか。

そして、昨晩夢をみた。父が夢の中にあらわれて、帰宅すると親父が元気に料理をしている。声をかけると、機嫌のいい笑顔をこちらへ向けた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機能がうまくはたらくだろうか | トップ | あの世があるとした方が楽になる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思考試行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。