motoの徒然なるままに…

日々是好日日記

T・ジョイPRINCE品川

2016年10月27日 | 日々徒然


気になる映画をダブルヘッダーで鑑賞しました。

「バースデーカード」では宮崎あおいさんのスマイルに癒されて泣きました。

もう1本の作品は、前から気になり会社で冠試写会を提案したら青森市上映がないということで没になった「永い言い訳」でした。本木雅弘さんは日本アカデミー賞主演男優賞をゲットするのではないかというほどの表情で主役を演じておりました。妻を亡くした経験があるものとして、ものすごくイタイ作品でした。

人はひとりでは生きていけないし、人に支えられて生きているということを改めて気づかされた作品でした。★★★★★

人は関わりあいの中で生かされております。

ジャンル:
モブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホテルメトロポリタン丸の内 | トップ | レストランTENQOO朝食バイキング »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も観てみたいです (けいこ)
2016-10-27 23:31:18
永い言い訳
ネットであらすじ 見ました。
私も観てみたいですが
東北の上映は 宮城だけですか?

シネマディクトで 遅れてでも
MOTOさまのところとタイアップして…とか
上映できないですかね。

そんな簡単ではないのかな。

シネマディクトは 好きで時々行ってます。

何年か前は 新井浩文主演の映画と 舞台挨拶に
シネマディクトで 新井浩文が来たのを なんとかチケット手に入れて観に行きましたよ。

永い言い訳 ぜひスクリーンで観たい映画です。
だめかなぁ…。シネマディクト…。
オーナーの谷田さんにあたってみてください。

なぁんて。厚かましいこと申しました。
なんか モッくんの映画はいいものばかりなのでつい観たい…と単純に思ったのとあらすじが
シネマディクトっぽかったので…。

私は 今日は 産業会館でやっている
アンネフランクと杉原千畝の パネル展 を
偶然 マロンでポスターをみて
行ってきました。

私… 杉原千畝さん…あまり知らなかったのです。
アンネの日記は 読んで感銘うけていたのでそれで行ったのですが
杉原千畝の功績に 胸がつまりっぱなしでした。
今さら…ですよね。恥ずかしい。
本を買って読むつもりです。

パネルを読むのに ものすごい多くの来場者が一緒に読むので 少し大変でしたが
こういう 文化 芸術的な いいものにふれることができると
1日 嬉しいものです。

いつも そういう私の知らない情報を
このblogでも教えてもらっています。
ありがとうございます。

支離滅裂になりましたが
また楽しみにしています!!
ただいま (MOTO(また冬樹))
2016-10-29 20:49:22
けいこさん、会社です。東京は実りの多い出張でした。NPOの関係で面談してきました。あのクローズアップ東北の若者の自殺防止に取り組んでいるNPO代表理事とお会いしてきました。これからリンクモアできる可能性を探ります。

「永い言い訳」は県内ではシネマヴィレッジ柏で上映されます。あと八戸で。青森市でなんで上映しないのか?モックンの演技はピカイチでした。

和製シンドラーのリストの杉原千畝さんの映画見ましたか?唐沢寿明主演でもちろん実話、感動しました。同時に見た「海難1890」もいい作品でした。このごろ、邦画パワーがすごいです。これからも見たい作品がたくさんあります。

「アンネの日記」は昨年、本も読み返し、映画も見ました。ユダヤの迫害は今も続いております。

どうか、どうか、どうか、戦争のない平和な世界を。ボブ・ディランさんのノーベル平和賞の受賞の意味をしっかりと今、噛みしめてシェアすべきです。日本は世界に先駆けて平和を訴えるべきです。

新井浩文さん (MOTO(まだも冬樹))
2016-10-29 20:56:57
そういえば、上野特設映画館で2005年に映画『ゲルマニウムの夜』で単独初主演作品を見ました。よくわかならい不思議な映画でした。新井さんは弘前市出身の韓国籍ですね。ナレーションもやるようで。今後も主演で頑張ってほしいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。