motoの徒然なるままに…

日々是好日日記

「市民後見人の重要性」

2017年05月17日 | 日々徒然


今回は午後1時から、平安閣アネックスで社員と葬祭アドバイザー向けに開催しました

。20人以上の参加者でした。

看板には「必要性」、レジュメは「重要性」でした。大変失礼いたしました。


高齢化社会の現状と推移から入り、成年後見制度から始まり市民後見人についての田村弁護士から説明がありました。

成年後見制度は親族が中心で、弁護士や税理士が後見になる場合がほとんどですが、これからは親族も少なくなり、経済面の負担も多いので最近では第3者が後見人になる場合が増えて来ておりますとのこと。

これからは財産管理処分が多様化してきております。専門家や回りの勉強会に参加して生前に遺言書を書き残しておくことをお奨めいたします。

「人生の苦難はすべて、人の心を奮い立たせるためであり、新たな学びを得るためのヒントである」(エマソン)

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「自分こそ火種」 | トップ | イズミ創業者 山西義政 氏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。