motoの徒然なるままに…

日々是好日日記

「東の野」

2017年05月26日 | 日々徒然

東(ひんがし)の

野に炎(かぎろひ)の

立つ見えて

かへり見すれば

月傾(かたぶ)きぬ

(柿本人麻呂)



この万葉集の人麻呂の作品は、輪廻転生、魂の復活を詠った壮大な一首であります。

東と西、太陽と月の対比で生と死をビジュアルに想像させる感性にただただ感服するばかりです。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「墨田の花火」 | トップ | 「使命感」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々徒然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。