goo

dzpb88gm

gdfg

前日の閲覧数
1PV
+SHARE
Twitter Facebook RSS メール

甲高い音が一つ訓練場に響いた

った。

とにかくこの場を早く切り抜けたかった彼女のとった手段はといえば。

「その申し出はとても嬉しいです。この世界のことは何一つわかりませんので順に教えて頂きたく思います。さしあたっては私の力がどれほどか知っておきたいのでどなたかに手合わせをお願いしたいのですが?」

体を動かせる場所に移動する、というものだった。puma スニーカー 新作

この発言で彼女に向けられる視線は一気に強まる。それも好意的な方向に。与えれたカリスマの作用だろうか。

(魔力はおいおいで構わないけど、とりあえず身体能力云々は把握しておきたいものね。刀はないでしょうけど剣道って下地を考えると剣を使うのが妥当なのかな)

自らが使う武器は何にしようか、などと考えながら音無響の勇者生活が始まった。



〜騎士(?)〜

勇者と名乗る少女はその一挙動が妖精が舞うかのように光り輝いて見えた。

自信に満ちた表情、凛とした立ち姿、王を相手にして対等としか思えぬ威厳。光を受けて艶やかに輝く漆黒の髪。

意思の行き届いた言葉と所作は礼法を知らずとも無礼には見えず。私は一目で彼女に心を奪われた。

王は女性であることを考慮して戦場での扱いを考えているのだろうが、おそらく彼女にそのような心配はいるまい。

戦闘技術を学んで魔力の扱いを覚えれば我らの誰よりも強くなられるに違いない。敵将を討つエースとして活躍なされる筈だ。

その彼女が最初に王に望んだことは、何と戦うことだった。我々騎士の方を見てどなたか手合わせを、とおっしゃったのだ!

女性ながらそこらの貴族や魔術師どもとは違う、質実剛健たる芯をもっている!

心を奪われた、どころかこれは…。憧れをさらに一周したこの想いは。この女性と寄り添って生きることが出来たなら人生がどれほど輝くのだろう。

欲しい。生まれて初めて女性にそう思えた。

だが驚きは留まってくれなかった。女神に選ばれた勇者という存在は凄まじいものだった。

自分なぞ相手に選ばれることも無く、騎士の中でも実力上位の数名が団長の指名の下、彼女と立ち会ったが結果は彼女の圧勝。身のこなしさえ目に追えぬ程で剣筋はさらに速い。些か素直すぎる剣かとも思うが力も強いらしく大の男が当たり前に打ち負けていた。

ついには団長が出て彼女と試合をしている。周囲にいる者は全て彼女に魅入られている。無理もない。華奢な少女が舞うように騎士を下し、今国で最も強い騎士団の長と互角に戦っている。

しかも身体から溢れる魔力は尋常ではない。あの剣の腕に魔力さえもつとは。勇者とはこのような者を言うのか。

……桁が違う。

キィィィィィィ!!

甲高い音が一つ訓練場に響いた。

見れば勇者殿の剣が半ばで折れている。これは、団長の勝ちか。puma 靴

いや!?団長の剣が宙に打ち上げられている。ひどく汗を流した団長の手が少し震えていた。

勇者殿は折れた剣を汗一つかいてない表情で考え込むように見つめていた。

馬鹿な、既にここまで剣を使えるのか。あの女性は戦女神か!?

憂うような表情はまた彩りが違う美しさで、私の他にも何人もの若い騎士がその姿に見とれていた。

やがて団長の剣が訓練場の固い土床に突き刺さり、我らの長が頭をたれようとしたとき。

彼女はその動きを制するように自らの剣を捨てた。

「ありがとうございました騎士団長殿。実践剣術とは凄いものですね。感服しました。またご指導をお願いします」

そういって手を差し出した。団長はその手をとって握手を交わす。団長のプライドを折らぬように配慮したのだろう。

起こる歓声。ち、団長め、死ねばいいのに
http://www.shoessillustrat.com