さっぱりと・・・

日記や趣味を書くならgooブログ

イスラエルで開発されたセンスエピシリーズは、世界中で

2016年10月15日 | 日記
イスラエルで開発されたセンスエピシリーズは、世界中で180万台以上の出荷台数を誇る家庭用のフラッシュ式脱毛器です。


1度購入すれば50000回照射可能で、ヘッドカートリッジを交換しなくて済むのであとから費用がかかりません。


出力は5段階調整可能で、搭載されたスキンセンサーが照射に適した肌色かどうかチェックしてくれるので、肌トラブルを避けやすいですね。


フェイシャル脱毛にも安心して使用することができます。


いくつかシリーズがあるためレビューは気をつけて見なければいけませんが、とくにセンスエピGの本体サイズの小ささと軽さは評価が高いです。


丸みを帯びていてヘッドのほうに向かって細くなっているため、同じようなサイズの脱毛器と比べると位置を選ばず脱毛しやすいと言われています。


ただ、全体に小回り重視の設計なのか、指、口周りの産毛、うなじといった大照射ヘッドだったら難しかった部位ができるようになった一方で、照射面積の広さを謳った他製品と比べると、広い範囲の処理は苦手のようです。


時間をかければできますが、こうした製品なのだという割り切りは必要でしょう。


利用したい脱毛サロンをいくつかに絞って比べる際、価格も大事ですが、それだけでなく効果や範囲を調べたり、口コミを見てみるなどしてリサーチしてから比較に念を入れましょう。


安いという理由だけで脱毛サロンを選ぶのは止めておいた方が良いでしょう。


値段で決めてしまいますと、お金を払った分の施術が終わっても満足のいく脱毛ができずに、施術を追加したり違うサロンに変わったりして、結局のところ、最初の値段からかけ離れた大金を払う羽目になった、という事例も耳にします。


安い価格で客を呼び寄せた上で、高額なコースへの勧誘をする脱毛サロンもありますから熱心なセールストークを重荷に感じるかもしれません。


それから安いお店だと利用者数も多く、混みあって行きたい日にうまく予約を入れられない、ということがしばしば起こり大きな不満点となるでしょう。


家庭用脱毛器「LAVIE(ラヴィ)」はIPL光を利用した光脱毛器で、出力を7段階で調整できるので、刺激に弱い部位にも使いやすいと評判です。


専用のカートリッジを取り付けることで美顔器としても使用できます。


こんな価格帯なのに(実売3万円台)、満足感が得られたという感想が多く寄せられていて、候補に入れてみてはいかがでしょうか。


サロンで脱毛してもらわなくても、ラヴィならデリケートゾーンの脱毛にも対応しており、硬い毛質でも薄くなる効果が実感できるという声が多く寄せられています。


脱毛ラボのお店は全部駅のまわりにありますので、お仕事終わりや用事のついでに寄っていくことができます。


脱毛サロンという言葉を聞くと勧誘が凄そうなイメージがあるかもしれませんが、脱毛ラボのスタッフは強引な勧誘をすることは禁じられていますので気楽に通うことができます。


満足度が、低ければ全額返金のサービスが存在するほどすばらしい効果をお約束できる脱毛サロンです。


脱毛サロンのスタッフにはバイトもいると聞いて不安に思って質問サイトに書き込みしている人もいます。


答えは「YES」で、脱毛サロンも店によってはそういったスタッフでシフト対応しています。


アルバイトやパートタイマーで勤務する人も脱毛サロンにはいるかと思えば、受付やクリーンスタッフのみにバイトを採用しているサロンもあるようです。


でもバイトやパートを雇っているからといって単純に低レベルなサービスを提供しているというわけではないです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 営業時間にとどまらず、一日... | トップ | 脱毛エステに行って足の脱毛... »

あわせて読む