さっぱりと・・・

日記や趣味を書くならgooブログ

自己処理する際のカミソリの使用や、毛抜き

2016年10月11日 | 日記
自己処理する際のカミソリの使用や、毛抜きで抜いたときに埋没毛はできてしまいます。


ムダ毛が肌表面に出てくる前に古い角質が毛穴を塞いでしまった状態ででき、自分で処理したら、よくあるのが、毛が途中で切れたりして外に出れなくなってしまいます。


脱毛機器の照射であれば、皮膚の下にある毛に効果的に作用するので、肌や毛穴に影響を与えずに肌のターンオーバーとともに処理ができます。


トリアは家庭用としては珍しくレーザー脱毛ができるのが特徴です。


医師免許のない人がレーザー脱毛を行うことは医師法に違反するため、エステサロンや脱毛サロンでも施術できません。


医師のいるクリニックでしか受けられないレーザー脱毛がトリアによる脱毛なら、自宅でできてしまうのです。


特別なランニングコストは不要ですし、購入した人の満足度が高いのも特徴で、なんと9割ものユーザーがトリアの効果には満足しているそうです。


購入後30日以内なら返金してもらえるので、レーザーを使ってみたかった人も、安心して試すことができますね。


フラッシュ脱毛は一般的に光脱毛と呼ばれており、エステの脱毛コースに加えて脱毛サロンでも頻繁に使用されている手段です。


特別な光を肌にあてて、ムダ毛再生の元である組織を破壊してその働きができないようにします。


家庭用フラッシュ脱毛器もありますので、自分の手で光脱毛することもできるのです。


痛みについて言えば、レーザー脱毛より少ないですし、薄く細い毛質でも反応して処理できることが特徴なのです。


「何を重視して脱毛サロンを選ぶか」は人それぞれと言えますが、予約をとることや通うことが億劫でないかどうかはそれなりに優先順位が高いのではないでしょうか。


四六時中ごった返しているような場合、来店スケジュールを好きに組むこともできません。


それから、通いづらい場所にお店がある場合は、ついつい億劫に思われてきて、結果的に脱毛を諦めてしまうかもしれません。


コスト面が肝心なのはもちろんですけれども、何を置いてもマイペースに通いやすいことが最重要ではないでしょうか。


いわゆる毛深い人に関していえば、脱毛エステで自分の満足できる肌の状態になるまで長い時間を費やすことになるようです。


例えば他の人が脱毛完了まで12回通うだけで済むとしたら毛深い人はそれより多く、16〜18回以上かかることになるかもしれません。


時間をあまりかけたくない人は、医療系の脱毛クリニックを選んだ方が短い期間で済むはずです。


とはいえ、脱毛クリニックで施術に使う機器は効果が高くパワーもそれなりに大きいので、施術時の痛みが少々強く感じるようになる傾向があります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脱毛サロンではほとんど、脱... | トップ | 少し慣れてきたなら、脱毛サ... »

日記」カテゴリの最新記事