・━━微々風━━・

木の葉を微かに揺らす風のように生きていたい―by深爪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新しい相方。

2012-10-31 22:41:54 | 日記
元の相棒が島流しされて新しい相方(全くの初心者)と二人で仕事をしているわけですが……。

とにかくトロイ!!
反応が鈍い!!
動作が遅い!!
全部を話し終えないうちに「はい!」と返事をする!!
すぐに「はい!」と言う。だから理解したかと思うと全く理解してないのに「はい!」と言っている。
同じ事を三回も四回も教えて返事だけは「はい!」と元気が良いが全く頭に入っていない。

いい加減に頭にきて大きな声を出してしまいました。(まぁ、いわゆる暴言という類いの…)
工場長が査定を聞きに来たので、随分と迷いましたが「使えそうだ」と答えました。
理由はふたつ。
まずひとつは「泣かない」という事。
普通なら泣くほど叱られているはずなのに泣かないんです。不思議ちゃん。このタイプは二分される型で全く駄目か大器晩成型かどちらかです。
ふたつめは、のろいけど着実にミスをしなくなってきてて、慎重になりすぎて遅いのだという事。

自分に自信がなくて萎縮しているのかもしれないけど、伸ばせば伸びそうな予感がします。

単純ミスは続いていて尻拭いに翻弄させられているけれど、もっと精神的に余裕が出てくれば、正確さはあるので、良い相方になると思うし私を越えるかもしれません。

私の判断が間違っていなければ良いのですが……。
スピードは慣れと平行してくると思うので、慣れたらスピードを要求すればいいかなと思う。

私自身が未熟なので、一緒に成長してゆければいいなぁ~と思っていまふ。

疲れた~
おやちゅみ~(-.-)zzZ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

忘れ物を取り戻した日。

2012-10-31 20:30:13 | 日記
毎日の忙しさで忘れてしまっていた
「今、一緒に生活している家族」
なにかが起こると、それぞれが機嫌悪くなり無口になり三人とも早く寝たりして……。
意固地な年寄り三人の生活。

今日はお爺さんの誕生日だった。何があろうとも喧嘩していようとも、私はこれだけは忘れない。
どうしてだろう……。

ささやかな贈り物を夕飯の時に渡してケーキ(ショートだけど)も用意した。
偶然にも老人運動会があったので、今夜はとことん話を聞いてあげようと思っていた。

そしたら喋る喋る!

あ。こんなに喋る人だったんだ~と思った。身振り手振りで運動会の様子を報告して自分で喋って自分でバカウケしてる。

反省しました。
いかに常に寂しい思いをさせていたかと。家庭がうまく回転するもしないも、たったひとり存在する女性である私次第なのだと感じました。

ですが私もフルタイムで残業は毎日だし、毎日を機嫌良く過ごす自信もない。

なのでとにかく男性陣と「会話」をしようと思いました。
難しくはない。
「今日はどうだった?」とかそんぐらい。
あとは会話が広がるかどうかはその日によるでしょうけど。

今日のお爺さんの饒舌さを目の当たりにして、忘れ物を思い出して取り戻した気分になった深爪でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

っしゃー!!

2012-10-28 21:40:14 | 日記
あまりに話し相手が欲しくて、

人恋しくて

元の相棒に電話した。

出なかった。
良かったと思った。
出なくて良かったと思った。
出られても、何を話すかなんて決めてなかったし、恐らく泣いてしまって会話にはならないだろうし。

風呂から上がったらメールが来ていた。
体が溶けてしまうかと思うくらいに久々に泣いた。
涙があごから床に落ちた。

目が明日、腫れてもかまわない。
今夜はそう思う。

人それぞれに強がるポイントは異なるし、弱いポイントも異なる。

私のそれを知っているのは彼女だけなのかもしれない。
彼女には自分の全てを見せてきたから。
家族にも見せない私を。

明日からはもっと頑張ろう。
相棒が居なくても切り盛りできる自分になって、相棒にほめてもらいたい。

私も相棒をほめたいから、お互いに頑張らないとね(^w^)

っしゃー!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間だけに与えられた特別なもの…

2012-10-28 17:33:29 | 日記
今日はユニクロに行って長Tを買い、ニットのポンチョを探す予定だったけど……
自分のしたい事がひとつも出来なかった。
洗濯と掃除をしてから朝に犬を洗いに行こうと思ってペットシャワー施設に行ったら建物が全て撤去されていた(ToT)
我が家にはシャワーがない(炊き風呂なので)。かなりのショックを受けた。
そうしているうちに、お爺さんが畑から里芋を採ってきたので里芋の皮剥きに数時間を要した。
小分けにしてジップロックに入れて冷凍する。それを終えるあたりに実家の母から電話がきて、甥っ子が大学を辞めて帰って来て、今月初めから実家に毎日いる、と言う。
甥っ子=兄夫婦の子供です。母いわく「このままだと、引きこもりになる」と私に訴える。
兄夫婦がそれぞれの用事で夕方まで帰宅しないと言うのでランチに誘い、話し相手になった。
取りあえず母には「孫の事には口を出さない。口を挟まないでフォロー役に回れ」と助言した。

兄夫婦も経済的に悩んでいたし、ここでの子供の挫折は痛いに違いないのだ。
自分だったら子供にどんな言葉を掛けるのだろう……。

誰しも突然に、思いもしない事態になる可能性は否めない。
それは家族に関わらず自分の周り全てにおいて。

そんな時には、本質をしっかりと見つけなければいけない。

だからこそ、言葉や心は大切なのだと思いたい。何故そうなったか、今はどうしたいのか。
会話をしなければ気持ちは解らないし伝わらない。
言葉は人間だけにしか話せない。発音できない。
言葉は大切だ。
言わなくても伝わるなんてのはエゴイズム。
誰の心を動かすのも、静めるのも……。

あ~
ごめんなさい~

自分が何を今、言いたいのか、うまく言えません。
ごめんなさい~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大変だろうな……

2012-10-26 20:43:24 | 日記
私もアパレル関係の仕事に就くなんて思ってもなかったけど。
初めての領域って本当にしんどいだろうな。
新人は朝から残業を終えるまで一日中、怒られていた。
言っておくが私が怒ったのではない。
私は新しい相方に早く育って欲しいので自分の仕事を投げてでもやっているけど、これで良し!と安心して自分の仕事に戻ると何かをやらかしてくれる(笑)

1から10まで付ききりになれないから、どうすれば良いのか困ってしまう。

だが……
ふと思う。

私が入社した時よりも、ミスは少ないかもしれないと。
私なんてもっと悲惨だった(笑)

私は今はあまりミスをしない。ミスをしないように自分で作った手帳が命になっているから。
会社でも「こいつはミスをしない」と思っている。だけど手帳を紛失したら「無」となる。
パニックになる。
多分、仕事できん。

新人に「深爪さんは完璧だから失敗なんて知らないでしょ」と言われたけど、ここまで来るのに何度も怒られて泣いた事を話した。

完璧な人間なんて居ないのです。
今まで色々な業種を渡ってきた自分だから言える言葉だと思います。
大変だろうな……

って。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加