さいたま市の女性専用お茶の間ヒーリングルーム ☆Dwarfgardenドワーフガーデン☆

土日祝日のみ営業。小さな癒しを提供致します。日々終わりに向かって進んでいる人生、どうせなら少しでも楽しく過ごしませんか?

ボブ・ディランにノーベル文学賞

2016年10月13日 | ★毎日の悲喜
ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したと聞いて
ビックリしました。


100年以上続くノーベル賞の歴史の中で、
歌手が受賞するのは初めてなのだそうです。


こんなことを書いておいて、
予めすみません。


わたくし、恥ずかしながら、
ボブ・ディランがどんな歌詞を書いて
どんな歌を歌う人なのか、
全く知らないのですが、
(ストーンズがカバーしたので
“Like A Rolling Stone”を
かろうじて知っている程度)
ジャンルの垣根を超えて
いいものが正当に評価されたということでしょうから
とても喜ばしいことだと思います。


私は常々、大衆音楽は文学よりも
格下のような扱いを
受けているような気がしていましたから。


私は、歌詞がきちんとしている音楽が好きです。
歌詞なんか気にしない、という人もいますが、
言葉は、書いた人・発した人そのもの、
その人のスピリットだと私は思うのです。
好きだの、嫌いだの、
テキトーに書いたような、雑な歌詞は嫌いです。


私は詩人として
英国のパンクバンド クラッシュの
ジョー・ストラマーが大好きです。
彼は2002年に亡くなってしまいましたが
彼の歌詞は、何年経とうが
全然色褪せない。

“White Man In Hammersmith Palais”
“Lost In The Supermarket”
“Spanish Bombs”
“Something About England”
“The Magnificent Seven”
好きな歌詞を挙げたら、止まらなくなる。
パンクとか、ロックとか
先入観を持たずに
歌詞をちゃんと読んでみてほしいと思います。


ついでと言っては何ですが、
ウェールズのバンド マニックスも
歌詞がいいバンドです。
失踪して21年経ちますが、
リッチー・エドワーズのエッジの効いた歌詞が大好きです。
“Mausoleum”
“Yes”
“The Intense Humming Of Evil”
“Motorcycle Emptiness”は特におススメ。


私は大学では英語の詩を専攻しました。
秋の夜長、
久々に、お気に入りの詩を読みたくなりました。




体調を崩しやすい季節の変わり目です。
直傳靈氣ヒーリングをお勧めしております。
遠隔でも施術できます。お気軽にお試し下さい。

ただいま激安キャンペーン実施中!

●直傳靈氣ヒーリング
●シンギングボウル・ヒーリング
●音叉ヒーリング


どれも約1時間 3,000円です


お申し込みは、以下のメールアドレスまでお願いします。
(“アットマーク”は“@”に置き換えてください)

dwarfgarden2011アットマークgmail.com
ymkd-gta5815アットマークjcom.home.ne.jp



以下の項目をご連絡ください。

1.お名前
2.ご希望の日時(第2希望までご記入下さい)
3.ご希望のヒーリング
4.ご連絡先のアドレス等


お申し込みを心よりお待ちしております!!



ランキングに参加しています。よろしければ、一日一回お願いいたします



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒暖差アレルギーは辛い | トップ | 選択肢はあってもいいのでは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL