ドワーフそふと

自作のソフトウェアについて
いろいろ書込みたいと考えていますが
はたして、うまくいくのやら...

SONY ICF-T46 - お散歩ラジオ

2017-07-16 16:39:28 | ラジオ
散歩をしながら必ずラジオを聞く事にしている。なぜかというと、歩いているのにカーステを聞いている気分になるからだ。
いつも同じルートを歩いているが、ラジオを聞きながらだと何故だか退屈しない。

ずっと、FMのステレオに拘っていた為、アイワのステレオ対応ライター型ラジオを使っていた。しかしながら、少々古くなってきていたし、SONY ICF-801 を購入してからモノラルのラジオに興味をもった事もあって、新たにモノラルの携帯ラジオを新調することにした。

最初に Panasonic RF-NA17A を候補にしていたが、ソニーにも ICF-T46 という同じ様なラジオがあることを知り、ギリギリまで迷った末、保護ケース付きのICF-T46にした。

どちらも、イヤホンコードを巻き取り収納出来る上位機種があったが、備え付けのイヤホンを交換することが出来ない。初期装備のイヤホンは気に入らない場合が多い為、無駄だと思い、敢えて廉価版を購入することにした。

ICF-T46に付いてきたイヤホンは、予想通り、高音がキンキンするし低音もザラついた感じでFM感度も良くなかった。
なので、早速 JVC MR-L35 を購入した。これで音質の不満は解消された。FM感度も若干改善されたように思う。というか、あまりにも初期装備のイヤホンは質が悪く、これをもって、このラジオを評価してしまうと、かわいそうだと感じるほどだ。

JVC MR-L35 は、見た目から左右の違いが無いと思ったが、自分は右耳にフィットせず、左耳にはピッタリと収まった。ラジオ本体のノイズリダクションをOFFにすることをお勧めする。

イヤホンだけでなく、本体の小さなスピーカーから音を出すことも出来るが、音質については、付属のイヤホンに近いもので、ボリュームを上げて聞く気になれなかった。正直、電池残量のモニター用ぐらいしか使い道が無いなと感じた。

長らく使用してきたアイワのライター型ラジオは、今や塗装があちこち剥げて、やや、みっともない見てくれになった事もあり、付属の保護ケースは重宝している。ただ難を言えば、せめて合皮にしてほしかった。コストの関係からかビニールが使われていて、他のビニールやプラスティックと癒着しないか心配だ。ケースの上からイヤホンコードをグルグル巻きにして保管しているが、今のところ問題ないようだ。しかし、このまま風通しの悪い場所に長期保存するのは、あまり良くないかもしれない。

AMの音質は、こんなに小さな本体に収まっているバーアンテナにしては、良いと思う。音の設えはICF-801と同じで、ソニーっぽい音だ。FMは、イヤホンコードをアンテナとして代用している為か、歩く体の向きによってノイズが頻繁に入るようだ。音質は、平均的で、この辺りはイヤホンの性能によると思う。いかんせん、現在、新品で購入可能なモノラルイヤホンは、選択肢自体が少なく JVC MR-L35 より音質の良いものを見つけることが出来なかった。

モノラル限定なので、室内でのFM感度の良さを期待したが、アイワのライター型ラジオも中々ガンバッたのか、この二つに違いは見られなかった。

電池のモチが異様なほど良い。散歩用なので、週に3時間ほどの利用だが、付属のマンガン電池で1年以上もった。

「こんなに小さくても、性能は据置ラジオと、あまり変わらない」そんな拘りが凄いと思う。値段も4,000円以上するので妥当かもしれないが…。

SONY ICF-T46
http://www.sony.jp/radio/products/ICF-T46/

JVC MR-L35
https://www32.jvckenwood.com/jvc/avcord/index.asp?id_2=39
『家電』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Nintendo Switch - 任天堂は... | トップ | SONY SRF-S86 - 販売終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。